エクセルプルダウンの作り方。 【超簡単】エクセルでプルダウン(ドロップダウンリスト)を作る方法

Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

エクセルプルダウンの作り方

リストの値しか入力できないため、 入力ミスがなくなる• リストから 選択することで、セルに値を設定できる• 文字を入力する必要がないため、 スピードアップ• 書式を統一できる エクセルでプルダウンが使える?使い方を解説 プルダウンのイメージですが、エクセル以外にもホームページの入力画面などで使われることがあるので、一度は見たことあるかも知れませんね。 とても便利な機能ですので、 プルダウンの作り方をご紹介します。 プルダウンに表示される リストの内容は、2通りの方法で設定することができます。 まずは簡単な方法をご紹介しますね。 プルダウンを作成するには?「データの入力規則」を呼び出す 「B2」セルを選択しておきましょう。 次にエクセルの上に「ファイル」や「ホーム」のメニューの中に「データ」がありますので、 「データ」タブを開きます。 データツールの枠に「 データの入力規則」があるので、そこをクリックします。 データの入力規則の画面が立ち上がります。 データの入力規則の設定 「設定」タブにある 「入力値の種類」にプルダウン設定にする項目があるので、その中から「 リスト」を選択します。 プルダウンから選択する値は「元の値」で 「,(カンマ)」区切りで指定することができますので、「 エクセル,ワード,パワーポイント」と入力してみましょう。 「OK」ボタンを押して、プルダウンリストの完成です。 プルダウンのリストをシートから読み込む方法 プルダウンに表示するリストの内容を、カンマ(,)区切りで指定する方法をご紹介しました。 実は問題があって「元の値」にカンマ区切りで指定する方法だと、 リストの内容が増えたときに大変です。 限られたサイズのボックスに 大量のカンマ区切りの文字があると分かりにくいからです。 そんな問題を解消するためにも、今度はエクセルの シート上にリストを作っておき、その情報をプルダウンに表示する方法をご紹介します。 これからご紹介するプルダウンの作成の方が一般的でしょうね。 プルダウンに表示したいリストを作成 エクセルのどこでも良いので、 プルダウンに表示するリストを作成しましょう。 今回は「D2」から「D6」に入力してあるOffice製品のリストを作ります。 以下のように入力しました。 D2セル:エクセル• D3セル:ワード• D4セル:パワーポイント• D5セル:アウトルック• D6セル:アクセス プルダウンを作成するには「データの入力規則」を呼び出す 「B2」セルを選択しておきましょう。 次にエクセルの上に「ファイル」や「ホーム」のメニューの中に「データ」がありますので、「 データ」タブを開きます。 データツールの枠に「 データの入力規則」があるので、そこをクリックします。 データの入力規則の画面が立ち上がります。 データの入力規則の設定 「設定」タブにある 「入力値の種類」にプルダウン設定にする項目があるので、その中から「 リスト」を選択します。 プルダウンから選択する値は「元の値」で設定しますので、「 元の値」の右側にあるセルを選択するボタンをクリックします。 セルを選択するモードに切り替わります。 エクセルで 「D2」から「D6」の範囲を選択していることになりますので、Enterキーを押してデータの入力規則に戻りましょう。 データの入力規則の元の値に 選択した範囲が表示されます。 「B2」セルにプルダウンの設定ができたので、「B2」セルをクリックしましょう。 シート上で作成したリストの内容が、プルダウンに表示されることが確認できました。 データの入力規則で知っておきたいオプション 「 空白を無視する」と「 ドロップダウン リストから選択する」のチェックがありますが、この機能についてご紹介します。 「空白を無視する」は少しややこしいので、先に「ドロップダウン リストから選択する」についてお話します。 「ドロップダウン リストから選択する」って? 「 ドロップダウン リストから選択する」のチェックがないと、 「B2」セルをクリックしてもプルダウンが表示されません。 リストが表示されないですが、 D2からD6で設定している値以外を入力するとエラーになります。 プルダウンのリストが表示されないことで、入力できる値が分かりませんよね。 とても使い勝手が悪くなりますので、 チェックを外さないようにしましょう。 適当な値を入力するとエラーを出力してしまい、「B2」セルの値を確定できません。 「空白を無視する」って? 「 空白を無視する」のチェックを外して、「元の値」で指定できる範囲に 空白セルを含むようにします。 「D7」が空白になります。 「B2」セルをクリックしたときにリストに空白も含まれるため、空白の選択が可能なことが分かります。 そのため、実際に 空白を選択してもエラーになりません。 ここで「B2」セルをアクティブにしましょう。 やり方は2通りあります。 プルダウンの値を直接入力するときに、 空白のエラーチェックをすることです。 「空白を無視する」のチェックがないことで、空白を入力しようとするときにエラーになることが分かりました。 チェックを外す必要はないので、チェックを入れておきましょう。 エクセルのプルダウンのまとめ Excel(エクセル)で使える プルダウン(ドロップダウンリスト)の使い方が分かって頂けたと思います。 プルダウンを使うことで入力ミスはなくなり、作業効率をアップすることができますね。 間違った値を入力した場合にエラー出力されるため、書式を統一することもできるため安心です。 注意点として、データの入力規則のオプションで「空白を無視する」と「ドロップダウン リストから選択する」の使い方をお話しました。 プルダウンを使うのであれば、基本的には 「空白を無視する」と「ドロップダウン リストから選択する」のチェックを入れておきましょう。 一度覚えてしまえば難しいことはありませんので、ぜひ使ってみて下さいね。

次の

【エクセル2010】プルダウンリストで色付けする!条件付き書式設定のやり方

エクセルプルダウンの作り方

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 リスト内の選択肢を絞り込んで効率化 部署名や性別など、選択肢が決まった項目を入力するときに使う「 ドロップダウンリスト」は便利ですよね。 しかし、1つのリスト内に選択肢が多すぎると、リストを開いたときにスクロールが必要になり、かえって面倒になることがあります。 例えば、以下のようなケースです。 [担当者]リスト内の選択肢が多すぎて、選ぶのが大変です。 こうしたケースでは、ドロップダウンリストを複数に分けて、 前のリストで選択した値によって次のリストの内容が絞り込まれると使いやすくなります。 上の例でいえば、まず[担当部署]リストを選択すると、その部署に所属する人だけが[担当者]リストに表示されるようにすれば、より簡単かつスマートに選択できるようになります。 B列で選択された担当部署に所属する人だけに、リストの内容が絞り込まれています。 難しい仕掛けは必要ありません。 リストを作成する前にひと工夫しておくだけで実現できます。 【 エクセル時短】第125回では、こうした 連動するドロップダウンリストを作成してみましょう。 データの関連性を整理して1つめのリストを作る まずは、今回の例である「担当部署」と「担当者」の関係を整理しましょう。 あらかじめ以下のようなデータを、別のシートなどに作成しておきます。 1行目に部署名、2行目以降に所属者の名前を入力しています。 そして、1つめのリストである[担当部署]を作成します。 [ データの入力規則]ダイアログボックスで設定しましょう。 1[データの入力規則]ダイアログボックスを表示する 1つめのドロップダウンリストを作成したいセルを選択しておき、[データ]タブの[データの入力規則]ボタンをクリックします。 2データの入力規則を設定する [データの入力規則]ダイアログボックスが表示されました。 [設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択し、[元の値]に「営業部,広報部,編集部」のように、半角の「,」で区切って指定します。 [元の値]の入力欄で矢印キーを使ってカーソルを移動したいときは、[F2]キーを押して編集状態にしてから操作してください。 3ドロップダウンリストを設定できた ドロップダウンリストを作成できました。 なお、ここでは[データの入力規則]ダイアログボックスで項目(選択肢)を直接入力しましたが、あらかじめリスト化したセル範囲をドラッグして指定しても構いません。 2つめのリストで参照する「名前」を設定する ここからが本題です。 1つめのドロップダウンリストで選択した部署名を判断して、所属者を絞り込むための準備をしましょう。 それには、先ほど整理した「担当部署」と「担当者」のデータのセル範囲に「 名前」を付けます。 Excelの「名前」とは、特定のセル範囲を指定できる機能です。 例えば、セルA2~A9に「営業部」という名前を付けておくと、関数式の中などでセル範囲の代わりに指定できるようになります。 1セル範囲に名前を付ける セルA2~A9を選択して、名前ボックスに「営業部」と入力して[Enter]キーを押します。 2「広報部」のセル範囲に名前を付ける 同様にセルB2~B9を選択して、名前ボックスに「広報部」と入力して[Enter]キーを押します。 3「編集部」のセル範囲に名前を付ける さらにセルC2~C11を選択して、名前ボックスに「編集部」と入力して[Enter]キーを押します。 これで事前の準備は完了です。 INDIRECT関数を使って2つめのリストを作る 名前を付けたセル範囲を利用して、2つめのドロップダウンリストを作成します。 [データの入力規則]ダイアログボックスの[元の値]に、 INDIRECT(インダイレクト)関数を使うのがポイントです。 INDIRECT関数は、参照するセルの文字列を利用して参照を求める関数です。 参照するセルB2には、1つめのドロップダウンリストが存在します。 仮に1つめのドロップダウンリストで[編集部]を選択していると、2つめのドロップダウンリストにあるINDIRECT関数は、「編集部」という名前が付けられたセル範囲を参照します。 これにより、2つめのリストには編集部に所属する人の名前だけが表示される、という仕組みです。 1[データの入力規則]ダイアログボックスを表示する 2つめのドロップダウンリストを作成したいセルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]ボタンをクリックします。 2データの入力規則を設定する [データの入力規則]ダイアログボックスが表示されました。 [設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択するところまでは、1つめの場合と同じです。 3ドロップダウンリストを設定できた 2つめのドロップダウンリストを作成できました。 連動するドロップダウンリストは、 「名前」とINDIRECT関数を活用するのがポイントです。 どちらも利用頻度は高くありませんが、この機会に覚えておくといいでしょう。 close 閉じる.

次の

【Excel・エクセル】プルダウン(ドロップダウン)メニューを作成して、リストから選ぶ方法

エクセルプルダウンの作り方

Excelのプルダウンリストとは プルダウンリストは プルダウンメニューや ドロップダウンメニューと言われることもあります。 プルダウンリストは以下のようにユーザーが指定・定義したリストから、値を選択して入力する方法の事です。 プルダウンを利用するメリット リストから選択するだけなのでマウス操作だけで入力が進み作業が楽になります。 あらかじめ定義されたリストなのでミスがなくなる。 書式が統一される。 リスト一覧でカテゴライズされるので集計しやすい。 Excelに入力してあるリストからプルダウンメニューを作成 プルダウンリストで入力を制限したいセル範囲を選択 1[データ]タブの 2 データの入力規則 [入力値の種類:]をプルダウンで 3[リスト]を選択 4ボタンを押してExcelのプルダウンリストが入力してある場所を指定します。 5Excelで既に作成してあるリストがある場所をワークシートを切り替えたりしながら選択します。 6場所が指定できたら Enterキーを押して決定 [データの入力規則]ウィンドウに戻ったら 7 OK 自分で入力してリストを作成する場合 Excelでプルダウンリストをまだ作成していない場合は[データの入力規則]ウィンドウで[ , ](カンマ)区切りで入力しても設定が可能です。 プルダウンリストのリスト外の値を入力した場合 データの入力規則でプルダウンリストからの入力に制限されたセルに、リスト外の値を入力すると以下のようにエラーメッセージが表示されます。 入力規則のプルダウンリストの設定を解除・クリア データの入力規則 プルダウンリスト の設定解除をしたい場合で、入力規則の制限がかかったセルが正確に把握できている時はそのセルだけを選択してもいいですが、把握できていない場合は、シートの左上をクリックし 1シート全体を選択 2 データの入力規則をクリックし 3データの入力規則が定義されていないセルが含まれている旨のアラートが表示されます。 すぐにクリアするので はい、 いいえのどちらを選択しても構いません。 すべてクリアでデータの入力規則 プルダウンリスト が解除されます。

次の