ある日お姫様になってしまった件について ルーカス キス。 ある日、お姫様になってしまった件についての韓国版の最新話、71話の内容...

ある日、お姫様になってしまった件について28話ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件について ルーカス キス

ルーカスの話によると,魔法を無理やり解くとクロードは死んでしまう。 しかし,解かなくても死んでしまうそう。 それを聞いたアタナシアは泣いてしまいます。 それをみたルーカスは昔の記憶を思い出します。 息子が生まれた塔の魔法使い。 ですが,息子 奥さんもかな? はすぐに死んでしまいます。 悲しみに暮れる魔法使い。 ですが,ルーカスにはなぜそこまで悲しむのか理解できませんでした。 いつまでそんな風にしているつもりなのか。 死んだ人は忘れて と,生きる気力をなくした魔法使いに言いました。 すると 『お前もいつかわかる時が来るだろう。 だが,こない方がいいのかもしれない』とルーカスに言いました。 そして,何年か経ち,塔の魔法使いが死んでしまいました。 魔法使いのボタンを手に持ち,『俺はわからない,知りたくもないしな』とルーカスは1人呟くのでした。 話は現実に戻ります。 ルーカスはアタナシアに『クロードの気分が悪くなる状態も,お前に関係がある。 それでもお前を呼び入れたのは,相変わらずお前を大事に思っているんだ。 記憶がなくてもな』と言います。 それを聞いたアタナシアはクロードの顔を思い浮かべます。 『一応くっついていろ。 お前なしであのキメラ ジェニット とばかりいれば苦痛は減らせるだろうが,黒魔法が消えるわけではないからな。 すぐに死ぬ』 それを聞いたアタナシアは では,可愛らしいお姫様ではどうだったか と言うことを考えます。 すると,先日見た夢を思い出しました。 クロードが夢にうなされ,ジェニットを呼びつけ,クロードが呪われる夢。 そこまで考え,物語が終わった後に,こんなことが起きるわけがない。 と考えます。 すると,ルーカスが,唐突に, 『不公平ではないか』 とアタナシアに語りかけます。 ルーカスの言い分としては,自分の仕事はアタナシアの面倒を見ること。 しかし,今は面倒なことに付き合わされており,城で住むということは対価になってない とのこと。 『じゃあ,何? キスでもすればいいの?』 アタナシアは適当にルーカスにいいます。 すると, 『キス?どこに?』 と聞き返し,顔を近づけてくるルーカス。 『え,えっと…頬?』 戸惑いながらアタナシアが答えると,頬を指差し,突き出してくるルーカス。 え,なんで真剣なの?冗談だったよ!? だが,ずっとその姿勢でいるルーカスに負け, なんなんだよ!! と思いながらも,頬にキスをするアタナシア。 しかし,ドアの隙間からリリーが見ていました。 異変に気付いたフィリックスがすぐに中を確認しましたが,アタナシアがソファに座っているだけで特に異変はありません。

次の

悲運のサブキャラプリンセスに転生!?『ある日、お姫様になってしまった件について』コミックス1巻・2巻同時発売!

ある日お姫様になってしまった件について ルーカス キス

作者:• 安政七年(西暦1860年)摂津国(現、大阪府)に和船の竜骨を担いで歩く若い男がいた。 男の名は、通天(ツウテン)虎之助(トラノスケ)である。 虎之助は父、蛸衛門(タコエモン)が他界してから父が営んでいた和船の修理屋を自ら受け継いだ。 数ヶ月後、虎之助の姿は商人の町堺にあった。 理由は、台風で大きな南蛮船が砂浜に座礁しているとの情報を得たからだ。 虎之助は、生まれて一度も見たことない巨大な南蛮船を見上げ、あることを決意した。 それが、日本の歩む歴史を大きく変える舵となる...• 歴史[文芸] 連載:全80部分• オリジナル戦記 IF戦記 内政 軍艦 近代日本 戦争 太平洋戦争 輸送船 造船所 大阪愛 国家 架空戦記 農業 二次創作 第二次世界大戦• 残酷な描写あり• 作者:• セリアテス・クリスチーネ・フォングラム公爵令嬢は7歳にして立派な淑女だった。 ただ、性格は高飛車で高慢ちきな我儘と、とても残念なお嬢様となっていた。 そんなあるひ、王宮で開かれたお茶会でけがをして、意識を失ってしまった。 ・・・7日後、目が覚めたときには記憶を失っていたのだった。 そうして、改めていろいろなお勉強をしながら、来たるべき時のために、ちょびっと改革いたします。 そして、聖別の儀を受けるために神殿に行ったら、女神様の愛し子認定されました! 一応転生もの? 乙女ゲームの悪役令嬢? 小動物的な可愛さで信望者を増殖中! 2020. 10 頂いていたイラストを挿絵として挿入させていただきました。 「16-1 秘密の鍵」「23-30 お話はお任せして…それよりも賜った名前」に、あります。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全414部分• ファンタジー 記憶喪失 転生 美少女 ほのぼの? 乙女ゲームの世界? 神子? 預言者? 異世界改革 友情 女神の愛し子• 作者:• 異世界のエルフさん 女の子 に転生してしまった主人公が、異世界から日本に帰ってきたり、戦ったり、わりと酷い目にあったり、萌キャラだったりする話です。 Arcadiaにも投稿してます。 ノンジャンル[ノンジャンル] 連載:全16部分• 異世界 転生 性転換 ヘタレ TS• ガールズラブ 残酷な描写あり• 作者:• 危険ドラッグで精神異常になった男が運転する車にひかれ死亡した司馬進(23歳)。 彼女なし童貞男の転生先は、何の因果か転生前の記憶を保持したまま貧乏貴族の5女。 心は男、体は女。 しかし、ここは剣と魔法のセガールと呼ばれる世界。 男になるための魔法、魔導具、魔法薬があるかもしれない世界。 このままだと転生前、転生先ともに独身で未経験のまま生涯が終わってしまう。 男との結婚なぞノーサンキュー。 結婚相手は女と決め、男になるため仲間たちと共に女男の奮闘記が始まる。 ノンジャンル[ノンジャンル] 連載:全1部分• TS 魔法 チート無し ハーレム無し 主人公実力普通• R15 ボーイズラブ ガールズラブ 残酷な描写あり• 作者:• やっはろー、全ギリシャ文明圏のみんなー、ギリシャ神話のアイドル、メディアちゃんだよー。 紀元前13世紀ぐらいのグルジアの小王国コルキスのお姫様になってしまった、元日本人のおっちゃん。 何かと不幸に見舞われる予定の運命を変えるため、お姫様の冒険が始まるとかないとか。 Arcadiaにも投稿しているらしいですよ。 ノンジャンル[ノンジャンル] 連載:全25部分• R15 ガールズラブ 残酷な描写あり• 作者: じゃむ• 第一幕〜少女と二人でサバイバル〜 ゾンビになった俺と助けた少女が日本の終末世界を生き抜く物語。 俺は体験した現実を小説にしながら少女の為に安定の地を捜しだす。 第二幕〜少女の小説と謎解明〜 少女と二人で終末世界を生き残る物語。 今度は少女が小説を書く。 果たして現実はどうなるのか? オマケ。 その後追加。 2018. 27 書き下ろし作品。 2017. 12執筆開始。 2018. 23完結。 第三幕はないです。 番外編はこちら。 [ゾンビサバイバル. syosetu. パニック[SF] 完結済:全262部分• 日常 スプラッタ 近未来 バイオハザード パンデミック ゾンビ 旅 少女 サバイバル 学校暮らし ts 心理戦 チート ざまぁ• R15 残酷な描写あり• 作者:• 鹿島容子(かしま ようこ)の憧れは名将の名補佐官。 古い言い方をすれば名参謀。 いや、軍師なんていってしまってもいい。 けれど鹿島は星系軍でも主計部秘書課。 数字のエキスパートでも後方担当のジミ~な立場。 鹿島は「また戦争があれば、私だって総軍司令官の秘書官で!」などと不謹慎なことを妄想しつつ安穏とした日々を過ごしていたのであったが、そこへ……。 宇宙[SF] 完結済:全189部分• ヒストリカル オリジナル戦記 スペースオペラ 女主人公 未来 ミリタリー 宇宙戦争 恋愛 宇宙戦艦 電子戦 架空史、架空戦記 群像劇 兄妹(微)• R15• 作者:• ロシアと戦争がはじまる。 突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。 少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込みが成される。 なんとノートに書き込んだ人物は日露戦争中だということだったのだ! ずっと冗談と思っている少年は、日露戦争の経緯を書き込んだ結果、相手から今後の日本について助言を求められる。 こうして少年による思わぬ歴史改変がはじまったのだった。 ありがとうございます。 外伝は不定期で更新していきます。 違和感があることと思いますが、なるべく分かりやすくをテーマとしているため、ご了承ください。 歴史[文芸] 連載:全159部分• 架空歴史 日本優遇 日露戦争 現代から過去へ助言 ご都合主義 仮想戦記 歴史改変 ハッピーエンド• 作者:• 【コミック1巻は3月13日発売!】 万年Dランクのしがない中年冒険者ルーカスは、自分よりずっと若いパーティメンバーたちに見下され、扱き使われる毎日を送っていた。 だが「飲まずにやってられっか!」と飲んだくれたある夜のこと、酔った勢いで今まで誰も抜くことができなかった伝説の剣を引き抜いてしまう。 愛と勝利の女神が造ったという神剣の力で、おっさんは(望まぬ)ハーレムを作りながら(望まぬ)英雄の道を駆け上がっていく…!• ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全212部分• 俺TUEEE やがて主人公最強 神剣 魔剣 英雄 エロ剣 ハーレム展開• R15 残酷な描写あり• 作者: 扶桑かつみ• 日本が「敗戦」でなく「停戦」で終戦を迎えた現代日本。 その一角で、ささやかな戦記本に関わることになった女子高生の朝霧かすみ、東雲みゆき、橘さつきの三人は、取材旅行にかこつけて、二泊三日の廣島・呉への旅に出かける。 目的地は呉鎮守府に停泊する戦艦「大和」。 今も現役艦として第一線にとどまっている戦艦「大和」で取材旅行を行い、戦記本の記事にするのが三人の目的だった。 もっとも、まだ高校生に過ぎない三人にとっては、気分的には半ば遊びに行くのとかわらなかった。 彼女たちにとっては、戦艦「大和」も一風変わったアミューズメントに過ぎなかった。 しかし、現地に訪れた三人を、たびたびリアリティーにあふれた『夢』が遅う。 夢の内容はどれも、一九四五年一月末に行われた「レイテ沖海戦」で奮闘した「大和」を中心とする日本艦隊を、その時代に生きた誰かの視点から見たものだった。 始めは、単なる夢や白昼夢で片付けていた三人だったが、自分たちに一種のタイムリープが発生して、夢の中で自身も属する世界の歴史を作っている可能性に気付く! 行動を開始した三人の少女達は、真相を究明できるのか? はたまた確定したはずの歴史は、いったいどうなってしまうのか?• 歴史[文芸] 完結済:全8部分• 架空戦記 戦記 SF 戦争 友情 タイムスリップ 高校生• R15 残酷な描写あり.

次の

悲運のサブキャラプリンセスに転生!?『ある日、お姫様になってしまった件について』コミックス1巻・2巻同時発売!

ある日お姫様になってしまった件について ルーカス キス

無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットを見たルーカスは、彼女が純粋な皇族でないことに気づく。 原作を読んだアタナシアは、それがどういうことなのかわかっていた。 ジェニットは、クロードの元婚約者フェネロペと、クロードの兄アナスタシウスの不倫と黒魔法の実験によって、誕生した娘なのだ。 だからクロードの実の娘ではない。 だがそのことを知っているのは当事者だけなので、殺そうとした弟に返り討ちにされ死んだアナスタシウスと、産後すぐ死亡したフェネロペがいない今、クロードしか知らない事実であり、皆はジェニットをクロードの娘だと思っていた。 クロードの寝室には割れたフェネロペの肖像画がまだ置いてあったので、アタナシアは、彼がまだフェネロペを愛しているものと思っていた。 だが夢を見る限りでは、ダイアナを愛しているようだ。 アタナシアは、可愛らしいジェニットを生で見たことにより、より一層クロードに甘える。 彼も無表情ながら彼女に応える。 アタナシアは父の存在が嬉しくなるのだった。 そうして数年が過ぎ、皆が成長したのだった。 玉座に座るクロードの前には、アルフィアス公爵とイゼキエルに連れられたジェニットの姿が。 クロードを見て、目が合っては顔を伏せ、を繰り返すジェニット。 俺の娘とは面白い、詳しい話は謁見室で聞くとしようと言い、クロードは席を立つ。 今日の主人公はジェニット姫あなただと言う、公爵とイゼキエル。 そしてイゼキエルは彼女に手を差し出す。 貴族たちは、新しい姫だなんて面白そうだ、真っ青な顔をみろよ、アタナシア姫のデビュタントなのに、皇帝は姫のエスコートすらしてないぞ、とヒソヒソ話し始める。 ジェニットはみすぼらしい姿でぽつんと残された、腹違いの姉妹が気になったが、彼女のためにできることはなかった。 ジェニットは赤い絨毯を踏み、彼女が元々立つべき場所に踏み出したのだ。 アタナシアはダンスのレッスンをしていた。 アタナシアのダンスを絶賛する講師は、姫様の母親が踊り子だったことはこういうときに役に立つと、いちいち彼女の出生に汚点でもあるかのように付け加える。 アタナシアは成長し、クロードに挨拶のキスをする程度には、彼とのコミュニケーションもうまくいっていた。 食事の席で、今日あったことを楽しそうにクロードに報告する彼女。 クロードは、もうすぐお前の誕生日だなと呟く。 アタナシアの誕生日は、ママの命日。 7歳の誕生日に、クロードは初めて彼女に欲しいものはあるか聞いてきた。 そのときは、以前チョコをくれ可愛がってくれた、メイドのハンナとセスを呼び戻すことにした。 前世は孤児だったのと、現世では母の命日とかぶっているため、フィリックスとリリーも盛大に祝うことができず、まともに祝ったことがなかったのに、クロードから誕生日プレゼントをもらうだなんて思いもしなかった。 ちなみに、9歳の誕生日は、面倒だからとクロードのから宝物庫の鍵を渡され、感激のあまり、クロードにチューした。 チューされたクロードは、かなりキョトンとしていた。 原作のアタナシアは、9歳でクロードに会い不幸が始まったのだが、現実の自分は、最高の9歳を過ごしていたのだ。 クロードは、今回も欲しいもの、して欲しいことがあれば言ってもいいと言うが、満足度MAXの彼女は、パパがくれるものなら全部嬉しいと答える。 欲しいものが無いのかと聞かれ、うんと答えると、クロードは黙ってしまった。 変な空気になったので、パパといるだけでも嬉しいと言うと、早く食事を済ませるよう言われてしまう。 その後フィリックスに、陛下に欲しい物を伝えたか聞かれたので、パパがくれるものなら全部うれしいと答えたと話す。 他に欲しい物はないのですかとフィリックスに聞かれ、改めて考えてみるが、宝石は十分持っているし、宝物庫の鍵もいくつかあるし、専用の図書館も建ててもらったし、バラの花園は4箇所できたし、ドレスや装飾品も十分である。 全然思いつかず悩むアタナシアに、姫様のデビュタントはもう少しだが、デビューダンスはどうされるのかとフィリックスが言う。 デビュタントのデビューダンスは、普通の貴族は家で決めた婚約者か、未婚の実兄、従兄弟等近しいものと踊るのだが、ならばと、フィリックスと踊ればいいのではとアタナシアが言うと、フィリックスが盛大に咳き込んだ。 原作ではアタナシアをエスコートしてくれる人がおらず、途方にくれていたので、今は相手を選べるようなので幸せだと考える彼女。 だがフィリックスは、恐れ多いとあたふたし、私よりも適したパートナーがいるのではと嫌がる。 まだ数ヶ月あるからもう少し考えてみるというアタナシア。 そのことをルーカスに話すと、お前はバカか、どうみてもお前の父がお前とデビューダンスを踊りたがっているだろと言われる。 デビューダンスは普通父親と踊らないよと言うアタナシアに、たまにはある、皆はダサいと思ってやらないらしいけどと言うルーカス。 お前はパパに関することは鈍いよな、そのダサいことをお前のパパはしたがっているんだと、彼は指摘する。 こんなに鈍くて何を勉強しているのだと皮肉るルーカス。 アタナシアは理解が追いつかず、混乱し始める。 ルーカスは、お前のパパは想像以上にお前が大好きなんだと言っただろと言う。 そうして後日。 庭園でクロードとお茶をしているときに、アタナシアは誕生日とデビュタントのことを彼に話し始めた。 デビュタントで誰のエスコートを受けたいか考えてみたんだけど、大切な日だから仲のいい人にお願いしたいと。 姫様その調子とこっそり応援するフィリックス。 フィリックスはどうかな、パパはどう思う、と提案するアタナシア。 びっくりして固まるフィリックス。 クロードは、フィリックスか悪くない、お前の好きなようにしろと答える。 フィリックスにも聞いたんだけど、他にふさわしい人がいないならいいと言っていたからと話すアタナシア。 フィリックスは汗ダラダラで、断ろうとするが、クロードが遮り、フィリックスがこの前お前のデビュタントのエスコート相手について、たった一度の大切な日だから心血を注いで決めるべきだと主張していたなと言う。 フィリックスも選ばれて嬉しいはずだ、そのわりに嬉しそうな顔ではないなとチクチク言うクロード。 青ざめるフィリックスは、もちろん代々受け継ぐ家門の誇りですがとしどろもどろだ。 クロードは眉間にシワを寄せてお茶を飲む。 ルーカスの言葉を思い出し、自分としてもそれなりにクロードに大切にされているとは思ってはいたがと考えるアタナシア。 するとゴーンゴーンと鐘の音が聞こえ、私の運命が開花した音かなと、アタナシアは喜ぶのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話の感想 エピソードの出だしは少しびっくりしましたね。 いつの間に、アタナシアの立場が逆転したのかと何が起きたのかと驚きました。 しかし原作はひどい内容ですね。 アタナシアには何の非もないのに、誰からも相手にされない人生を送っていたなんて。 現実のアタナシアは、愛嬌たっぷりでクロードにもチューするくらいになりました。 初めてチューされたクロードは、まるで乙女のようなキョトン顔でしたね。 アタナシアが憎いと思いつつ、愛しくて堪らないクロードは、デビューダンスを一緒に踊りたいけどうまく表現できません。 アタナシアは、周りにどんなに言われても、クロードに愛されているのが理解できません。 エスコート相手をフィリックスに選んだのことで、クロードは嫌味を連発した上、眉間に皺を寄せていましたが、アタナシアは気づいていないのでしょうか。 ルーカスが言うように、彼女はクロードの愛情についてだけは鈍いです。 いつものように、愛嬌ふりまいてパパが良い~と言えばいいのに、何故デビュタントだけ言えないのでしょうね。 彼女もまた原作に縛られているようです。 最後の鐘の音が、運命を開花した音ではないことが確かなのが悲しい。 エスコート相手はフィリックスで確定してしまうのでしょうか。 運命を変えるために、クロードの気持ちに応えるためにも、クロードを選んで欲しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の