どうか 幸せ に ならない で 歌詞。 チューリップ 歌詞 indigo la End ※ live.gospelproject.com

星村麻衣 regret 歌詞

どうか 幸せ に ならない で 歌詞

お嬢さん。 幸せな恋愛をゲットするための、たった一つの冴えたやり方をご存じでしょうか? それは「悪い男に捕まらない」こと。 本連載では、そんな「悪い男」の手口を紹介していきます。 それをどうか心の中にファイルしてください。 危ない色のファイルですが、いつか役に立つ時がくるはずですから。 本日の恋愛ブラックファイル 「お前だけだよ」 「俺がいないとダメなんだから」 「受け身な女の子でいいんだよ」 分かりますか、この感じ。 この「俺はお前を完全に囲っているぞ」という感じ。 正直、ちょっと快感なのも分かります。 悪そうで、強くて、モテる感じの男性に支配されるのもゾクゾクしますよね。 そういう男性に限って、こうしたせりふを吐くのですよね。 翻訳すると 「お前は俺を好きなんだろ? だからそばに置いてやるんだよ」という感じ。 めちゃくちゃ女心に響きますよね。 超ストロングです。 不安な時や、彼のペースに引っ張られる時もあるけど、このまま彼のそばにいると永遠にドキドキできそうで。 ダウト! お嬢さん。 それが悪い男のブラック恋愛術なのですよ。 よろしいですか? 悪い男は、貴女を幸せにできないのです。 カッコいいのは分かります。 ドキドキするも分かります。 楽しいのだって分かりますし、永遠に一緒にいられたらと思わずにはいられないのも分かります。 しかし、そんなこと悪い男とはできないのです。 実はこの「悪い男の恋愛ブラックファイル」も最終回になってしまいました(リクエストやアンコールは編集部にぶん投げてください)。 そこで最後に、貴女に、大事なことをお伝えしようと思います。 本音ですよ。 この手口を使う悪い男のタイプ ズバリ 「全ての悪い男たち」です。 もう全員です。 オールイン。 貴女の心をもてあそぼうとする男性全員。 真実といってもいいでしょう。 貴女が信じようが、信じまいが、それは本当のことなのです。 そのことに、どうか慎重になってください。 よろしいですか。 これを貴女に伝える役目になってしまい悲しく思います。 そして悪い男のほとんどは心を入れ替えません。 いや、むしろできないのです。 悪い男の「女性をもてあそびたい」という衝動は原始的な本能です。 ある種の男性にとって、女遊びをやめるのは、砂漠で水を我慢するようなものなのです。 つまり、基本、変わってくれません。 本能に逆らえないから。 これも男と女の不都合な真実でしょう。 少なくとも、今貴女に伝えるかどうか迷ったくらいには。 くれぐれも用心してください。 この手口を使う効果と男性心理 全ての悪い男たちの手口を解説しましょう。 それは 「貴女を幸せにはしないけれども手放そうともしない」というもの。 彼らは自分のエゴを満たすことにかけては天才的です。 ナチュラルに女心を惹きつけるタイプもいれば、会話やLINEまで計算して女心を手に入れようとするタイプもいるでしょう。 どちらにも「貴女をつかんで離さない」という特徴があります。 貴女をずっと囲っている状態が、一番エゴを満たせるから。 ストレートに性欲かもしれませんし、自分を好きな女性がいるという承認欲求かもしれません。 貴女を囲うだけでなく囲い続けることが(言葉が悪くてすみません)、その悪い男のメリットになっているのですね。 故に、手放そうとしません。 そして、貴女が「今日こそケジメをつけよう!」と意気込んだ時に話をはぐらかしたり、貴女が離れそうになると急に優しくしたりします。 貴女は幸せにならないといけないのに。 強引に心を奪っておきながら、幸せにしてくれるわけではない。 まさに悪い男のブラック恋愛術です。 この手口の見破り方と対処法 全ての悪い男との恋愛に言えることがあります。 それは 「ドキドキすること」と「幸せになれること」は全くの別物である、というもの。 もちろん、それらを兼ね備えた恋愛もあるでしょう。 我ながら、このシリーズを通して伝えたかったのは、要するにそういうことだったのかもしれません。 さて、それでは最後に、ちょっとした言葉をプレゼントしようと思います。 卒業式に黒い筒に入った賞状を渡すようなものです。 「どうか幸せな恋愛を続ける落ち着きと、不幸せな恋愛を終わらせる勇気と、その違いを見分ける知恵を授けたまえ」 お嬢さん。 とにかく幸せになるんだよ? (文:浅田さん@恋愛を語る奇術師、イラスト:ますだみく) お嬢さん。 幸せな恋愛をゲットするための、たった一つの冴えたやり方をご存じでしょうか? それは「悪い男に捕まらない」こと。 本連載では、そんな「悪い男」の手口を紹介していきます。 それをどうか心の中にファイルしてください。 危ない色のファイルですが、いつか役に立つ時がくるはずですから。 この「俺は不機嫌だぞ」とゴリゴリ押し付けてくる感じ。 正直、そうゴリゴリこられたら反論できませんよね。 怖いじゃないですか。 それを真っ向から受けるの。 それは「俺は正しい。 俺の機嫌を損ねさせたお前が間違っている」というもの。 ある意味、すごくストレートですよね。 謎に自信満々なのです。 むしろ、そこまで堂々と機嫌を悪くされると、こちらも戸惑ってしまいます。 ダウト! お嬢さん。 それが悪い男のブラック恋愛術なのですよ。 よろしいですか? 悪い男は「機嫌の悪さ」で貴女をコントロールしようとするのです。 女性が逆らえないのを知っているから。 自分の要求を通したいから。 そして貴女の自己肯定感をガシガシ削ってくるのですよ。 彼らの特徴は「思い通りにならないと機嫌を悪くすること」です。 やたら言い訳を始めたり、理屈抜きで「俺が正しい」と言ったり、ただ機嫌を悪くして野良犬のように声を荒げるタイプもいます。 急に音信不通になることもあります。 基本、反省しません。 悪いと思っていないから。 ある意味自分を責めることができないのですね。 そのぶん相手にミスがあると、容赦なく攻撃するというわけです。 俺は悪くないぞ、と。 わざとというより本能的な反応なのでしょう。 だから、大人になってから矯正するのは、めちゃくちゃハードです。 ちなみに、これは「感情のコントロールが苦手(理性を保つ能力が低い)」ということです。 そういう意味では、別れ話をすると「許してくれ」と大泣きするという謎の行動を取る傾向もありします。 しかし、大抵シチュエーションに酔っているのと、我が身かわいさなので、注意が必要です。 すぐ元通りになりもします。 ムカついたから。 すみません、めちゃくちゃシンプルに言いすぎました。 しかし基本的にはそういうことです。 反論されたり思い通りにならなかったりすると機嫌を悪くするのです。 その理由は、シャクに障ったからとしか言いようがありません。 もう少し掘り下げると「過ちを認めたくないから」「他者をコントロールしたいから」というものになります。 ほとんど同じ意味だと思ってください。 原因としては、家庭環境なども関係があるかもしれません。 しかし、それは彼が悪くない理由にはなりません。 私たちは自分の弱さを改善していかなくてはなりませんから。 それが生きるということなのです。 少なくとも、過去がどうであれ、他人を傷つけていい理由にはなりません。 絶対に。 不機嫌になる男性は、単に「ジェントルではない」というだけのことなのですよ。 特に同情する必要はありません。 貴女は全く悪くありません。 機嫌をぶつけて、女性をコントロールしようとする最悪の手口。 まさに悪い男のブラック恋愛術です。 貴女の幸せに関わることなので、しっかりインプットしておいてくださいませ。 ・スマートに見えても実は謝るということができない ・反論されても非を認めない ・部下や店員に対する当たりがキツい ・「常識では〜」「一般的に〜」が口癖 ・「俺は変われないから」「俺、マイペースなんだよね」が口癖 こうした点がポイントになります。 「感情のコントロールが苦手(理性を保つ能力が低い)」という気質がいたるところから漏れるわけですね。 敏感になっておきましょう。 そして、これらを諳記するだけではいけません。 大事なのは、いざという時に思い出して、さっと逃げられるかです。 貴女の人生は、彼の不機嫌のサンドバッグになっていいものではありませんから。 くれぐれも貴女をコントロールしようとしてくる人からは逃げてください。 貴女を従えていいのは貴女だけですから。 明日も太陽が昇るくらい当たり前の話です。 お嬢さん。 その男、自分の機嫌を自分で取れてる? (文:浅田さん@恋愛を語る奇術師、イラスト:ますだみく).

次の

星村麻衣 regret 歌詞

どうか 幸せ に ならない で 歌詞

幸せになれないことを求めてはいないか? 今回は、 「引き寄せで幸せになりたいと思って実践しはじめたのに何も変わらない…。 どうして私は幸せになれないの?」 と思っている方へのお話です。 「幸せになるわけにはいかない」という思考 どうしてか、幸せになりたいのになれない。 これがなぜかというと、 「本当はそんなに、幸せになりたいと思っていないから」 です。 思考が現実になる法則なので、本当に幸せになるんだ!と思考しているのであれば、なれるはず。 そうはならない…というのは、やっぱりこれは「そうは思考していない」ことが原因。 「…そうかな…?私、本当に本当に幸せになりたいと思ってるはずだけど…」 と思う方もいるかもしれません。 でも、もしかしてあなたの心の中には、こんな気持ちがありませんか? 「幸せになったら、他者から憐れんでもらえない」 「不幸でいることをやめたら、あの人を許したことになる」 という気持ち。 これは私にも経験があります。 私は長年、 「母から虐待を受けたせいで私は不幸になった。 悪いのは母だ」 と思っていました。 そして、その考えを誰かに肯定してもらいたかったです。 自分が不幸でいる間は、周りは、 「悪いのはあなたの母よ、かわいそうに」 ときっと言ってくれる。 でも不幸でいることをやめたら、私は周りから憐れんでもらえなくなる。 幸せになってしまったら、母のせいでこうなったと母を責められなくなる。 私は母がどれだけ悪い人間かを主張したい、証明したい。 そのためには、不幸でいなければならない…。 これってつまり根底では、 「(あの人を責めるためには) 幸せになるわけにはいかない」 と思考しているということ。 なので幸せになれない。 どうでしょう? じーっと自分の心の内側を見つめたとき、 「あぁ…。 …確かに、私は人からかわいそうにって言ってもらいたいっていう気持ちがあるなぁ」 というふうに、思い当たることがあるのではないでしょうか。 だとしたら、幸せになれない原因はそこにあると思います。 幸せになれるために、まずその気持ちを認めて もしあるのならば、 「ああ、私は憐れまれたいと望んでいるのだなあ」 と認めてほしいなと思います。 ここでつい、 「ふん、私、そんなこと思うような未熟な人間じゃないですけど?」 とつい意地を張っちゃう人もいるかもしれないけれど、 私は特に、憐れまれたいと思うのは未熟なことでもなんでもないと思うんです。 だって、楽しいことでも嫌なことでも、 自分が何かを感じたときって人に共感してほしいものじゃないでしょうか。 こんな楽しいことがあったよ!と言って、 それは良かったねー!と返ってくれば嬉しいから返ってきてほしい。 こんな辛いことがあった…と話して、それは辛かったね…と返ってくれば、 癒されるような気持ちがしますよね、だからそう返ってきてほしい。 そうして、 「自分の感じたことに共感してほしい」 と感じるのは、すっごく人として自然なことで、未熟だなんてことは全然ないと思います。 なので、心の中に「憐れまれたい」って気持ちがあるなら、 「そうそう、だって、共感ってしてほしいものじゃない。 自然な心理として私だってそう思うよ?」 と胸を張って認めてほしいです。 人が納得するさまを見て自分が納得したい ただ、 「共感してほしいな、してもらえたら嬉しいな」 というだけならとても自然なんだけど、 「共感してもらわねば気が済まない」 くらい強い思いになっているとしたら…そこまでいくとさっき話した、 「幸せになってしまったら共感してもらえなくなる(憐れんでもらえなくなる)」 になっちゃって、自分が幸せになれないです。 でも、どうしてそもそも「共感してもらえたら嬉しいな」が、 「共感してもらえないと納得できない」みたいに強くなっちゃうんでしょう? 私、そこまで強く思うのは、 「本当はそこまで自分のことをかわいそうだと思っていないから」 だと思うんです。 え、どういうこと…?と思ったかもしれないけど、うーん、例えば…。 やたら自分の意見を押し付けてくる人っていますよね? 「そう思っているのはわかったけど、誰もがあなたと同じ考えじゃないから…」 とこっちとしては言いたいけど、向こうはこっちが「そうだね」と自分の意見に納得するまで譲る気はない!みたいな人。 これ、なんでここまで必死に自分の意見を押し通そうとするかというと、 「本当は自分の言っていることが正しいという自信がないから」 なんですね。 本当に心の底から自分の意見に自信を持っているというとき、 人は誰かから「それは違うよ」と言われても、そんなに動じないものなんです。 「いろんな意見の人がいるから、中には違うと思う人もいるだろうけど、私にとってはそうなんだよ」 と自信を持っているので揺るがない。 (これは「ふん、絶対に私の方が正しいもんね!」と意固地になってるのとは違います。 相手にも相手の意見があるのだなと相手を尊重したうえで、「私はそうは思わないな」と自信を持って思える、という意味です) けれど自信がないと「私はそうは思わない」と言われたときにひどく動揺してしまう。 ついつい「なんで、どうして?だってこうだし、ああだし…」と相手を説得にかかる。 そうして相手が「そうだね」と言うと、そこでやっと安心する。 自分ひとりでは自分の考え方に自信が持てない、納得ができないので、 他者が納得するさまを通じて、自分を納得させたいという心理が働くため、ついムキになってしまいます。 自分が安心するために他者の同意が必要なので、 「共感してもらわないと気が済まない」 となっちゃうんですね。 同じように、 「幸せになってしまったら、憐れんでもらえなくなる」 …つまり、憐れんでもらえないと気が済まない、というほどに、 他者から「かわいそうね」という同意を求めているというとき、 そのように他者を通じてしか自分がかわいそうだと納得できない、というとき、 それは あなたが心の底からは「私はかわいそう」という自分の意見に自信を持てていないからじゃないかと思います。 私はかわいそうだ、という自分の意見に自信を持って 私はあの人のせいでこうなった、と思うとき、どこか心の別の部分で、 「でもそうやって人のせいにするの良くないよね」 「でももっと辛い思いしてる人って世の中にいっぱいいるし…」 「人が幸せになるためには誰かを恨んではいけないんだ、私のしていることは悪いことだ」 とか自分の恨みにブレーキをかけたり、 「こうして人のせいにしていることを、他者から非難されたらどうしよう」 「誰もが同情してくれるわけじゃないかもしんない…」 とか心配したり、していないでしょうか。 これは、 確固とした「私はかわいそう」という信念がない状態。 いま、 「え。 でも…自分はかわいそうだなんてことに確信を持っていいの?」 と思った方は、自分をかわいそうだと思い切れていない人。 「そう思うのは悪いことだ」 という観念が、私はかわいそうという本心を邪魔している。 なので心の底から自分の感じたいこと「私はかわいそう」を感じ切れない。 自分では感じ切れないから、他者の手を借り感じさせてもらおうとするところから抜け出せない。 「憐れんでもらいたい」 この思いを手放し、幸せになるためには私は、 「誰に何と言われようが、私はかわいそうなのだ」 と認めることが大事なんじゃないかなと思うんです。 たとえば映画を見てあなたがそれを面白いと感じたなら、 それは誰が「あの映画クソだ」とこき下ろそうが、 「でも、私は面白いと思ったよ」 と思うのはなにも悪いことじゃないのと同じ。 誰があなたをかわいそうじゃないと言っても、 「でも、私はかわいそうだと思うよ」 と、徹底的に自分の意見を尊重してあげてほしいんです。 おかしな言い方だと思うかもしれないけれど、 あなたにはもっともっと、自分はかわいそうという意見に自信を持ってほしい。 徹底的に、自分で自分に共感してほしい。 心の底から自分を憐れんでほしい。 納得がいくまで私はかわいそうという思いを感じてほしい。 絶対にそうなのだ、と強く確信を持ってほしい。 するとそこから「幸せになろう」という思考が生まれる で、 「しっかりと『私は自分が嫌いだ』と認めると、 嫌いだという事実を見て見ぬふりしていたときよりも、結果的に自分を好きになる」 というお話をしたのですが、今回も同じ。 しっかりと『私はかわいそうだ』と認めるとそこから、 「もう『私はかわいそう』ということに満足がいった」 と思うときがきます。 「そう?本当に満足が行く日なんて来るの?」 って思うかもしれないけれど、来ますよ。 大丈夫です、来ます。 これなんでかっていうと…、やっぱり人っていつまでも自分のことをかわいそうとは思っていられないものなんですね。 どうしたって「幸せになりたい」という本能のほうが勝つので、 「もうそろそろ『かわいそう』はいいわ」 となる。 かわいそう、ということに「飽きてくる」っていうかんじでしょうか。 飽きと感じるのは私の個人的な感覚でそういうふうには感じない人もいるかもしれないけど、 私としては「飽きる」って表現が近いかなと思います。 好きなものが食べられないとずっとそれを食べたい食べたいと思い続けちゃうけど、 毎日それを食べていると、 「もう飽きたわ」 「体のために他のものも食べたいわい」 みたいに絶対なりますよね。 それと似てるというか、 もうほとほと「かわいそう」には飽きたので、そろそろ幸せになろうか、となるんです。 つまり、もう自分がかわいそうということを「他者に肯定してもらいたい」という思いが消える。 「不幸でいることで相手に悪いと認めさせたい」 という思いが消える。 自分ひとりで、 「自分は不幸だ、相手が間違っているのだ」 と感じることができるようになったのだから、もう他者の助けはいらなくなる。 そこから、 「もう満足した。 そろそろ幸せになろう」 というところに思考が移る。 それが本当の「幸せになりたい」という思考。 憐れんでほしい、不幸でいたい、そういう思考が混ざっていない純粋な、幸せを望む思考。 この思考は現実になります。 それが引き寄せですから、必ず幸せになれます。

次の

LiSA 紅蓮華 歌詞

どうか 幸せ に ならない で 歌詞

幸せにならないことを選んでいる無意識 いつも悩んでいる いつも苦しい いつもがんばっているのに いつもしんどいことばかり 幸せになりたいのに いつまでたっても幸せはこない やっぱり私は幸せになれない・・・ そんな方がたくさんいます。 そういう方達には共通して、ある背景と癖があることが 多くの方との出会いの中で 私もだんだんわかってきました。 必ず100%とはいえません。 が、かなりの多くの確率でそれに当てはまるようです。 それは何かというと 父や母、兄弟姉妹、あるいは家族全体のことを 不幸だと思っていること。 かわいそうだと思っていること。 ずばり、それが大きなポイントです。 そう思っている人は、 幸せになれない・・・いえ、そうではなくて 実は、自分からぜったいに幸せに ならないことを選んでいることがあります。 無意識レベルなので、ご本人の自覚はありません。 表面意識ではもちろん幸せを望んでいます。 こんな苦しい人生は嫌だと思っています。 でも、無意識というのは裏腹なもので 実は無意識レベルでは 「自分は幸せになってはいけない」と幸せを拒否している・・・ そんな心理があるのです。 なぜなら。 家族を助けられない罪悪感 そのような方達が幼少期を過ごしたお家は いろいろな事情でたいへんだったことも多いようです。 お父さんやお母さんが、いつも怒っていたり悲しそうだったり。 お家の雰囲気はどうしても重かったり暗かったり。 そういう状況で子供は お父さんやお母さんを「不幸だ。 かわいそうだ。 」と 無意識レベルで感じとるようです。 そうすると子供はけなげですから 「自分がお父さんお母さんを悲しみから救ってあげたい」 「自分がお父さんお母さんを笑顔にしてあげたい」と 愛ゆえに幼い志を立てるのです。 もちろん無意識です。 けれどいかんせん、 家族の問題は大人が作っています。 家族の問題は夫婦の問題でもあり、 夫婦の問題は大人の問題です。 大人が問題を作り それによって大人が苦しんでいるものを 幼い子供がなんとかできるはずもありません。 そこで幼い魂は、人生最大の挫折をします。 「お父さん、お母さんを助けられなかった!」 これがその子にとって「罪の意識」になります。 親を助けられなかった、家族を救えなかった罪です。 本当はそんな罪は存在しないんですけどね。 そもそも、子供が親を助けなきゃいけない責任も初めからないのですから。 完璧に一人相撲ではあるのですが。 でもその子供の罪の意識=罪悪感は 心の深くで重い十字架となり、 大人になってもずっと背中に背負って生きることになるのです。 すべて無意識レベルの話です。 自覚はありません。 これが一つめの罪悪感。 家族を見捨てる罪悪感 もう一つ。 そうやって「自分の家族は苦しそうだ、不幸だ、かわいそうだ」 と思っている子供は自分もまた 家族と同じ苦しみを背負って不幸の中に留まらなければならないと 無意識で思うようになります。 想像してみてください。 すごく不幸があって悲しんでいる人の前で ゲラゲラ笑ったり、 楽しそうに歌ったり踊ったりできないでしょ? 苦しみを我慢して耐えている人の前で 「やりたいことやってうれしい〜!ハッピー!!」 なんて、悪い気がしてできないでしょ。 それが罪悪感。 悪い、という気持ちです。 しかも子供にとっては絶対的な拠り所である家族。 その家族が苦しそうにしているのだったら 自分だけが、うれしそうだったり楽しそうだったり 幸せそうだったりするのは 裏切り行為に等しいわけです。 そういうご家族の場合、 家族という全体の場から 喜び・楽しさ・嬉しさ などが 禁忌(タブー)のようになってしまっている場合もあります。 そんな中で 「自分だけ幸せになったら、家族を見捨てることになる」 こういうふうに思い込んでいくのも、致し方ないことです。 これは一人二人の実例ではありません。 このビリーフを持っている方はとても多く、 かなり典型的・普遍的のようです。 あんなに不幸でかわいそうな家族を置いて 自分だけ幸せになったら悪い。 家族を裏切る罪。 家族を見捨てる罪。 そう思っているのです。 だからこそ 自分は絶対に幸せになっちゃいけないんです。 これが2つめの罪悪感。 さっきの1つ目の罪悪感「不幸な家族を救えなかった罪」 に加えて この「不幸な家族を見捨てる罪」 この2つの罪を背負った人は 絶対に幸せになりません。 幸せに なれないんじゃなくて 幸せに ならないんです。 それが無意識の望みです。 その方がいいからです。 自分からすすんで。 自分から望んで。 それが最善だと思って。 ここがポイントです。 人は、最善だと思っていることをやめることはまずないですから それが最善であり 家族のためであり 家族の絆の証であると思っているうちは ずっとその状態を継続します。 つまり、幸せにはなりません。 人は、恐れていることをやる勇気はなかなか持てないですから 幸せになることが罪であり 裏切りであり 見捨てることであると恐れているうちは ずっとその状態を継続します。 つまり、幸せにはなりません。 これは自分が自分に負わせた十字架です。 愛ゆえに自分を縛った鎖です。 ビリーフをリセットする ではどうしたら、この呪縛を解くことができるでしょうか。 次のようなビリーフをリセットすることです。 私は親を助けるべき責任があった 2. 親を助けられなかった私は罪深い 3. (母は、父は、うちの家族は)不幸だ、かわいそうだ 4. 自分だけ幸せになったら家族を見捨てることになる これはいつのまにか自分が決めて信じて 従ってしまった思い込みにすぎません。 これらを、一つ一つ こびりついた頭からはがして、問い直し その呪縛を自分で解いていく歩みが可能です。 もちろん、この構造にすっかりはまっている状態の方は そう聞いても 「だって、それ本当なんだもん!実際そうだから。 そうとしか思えないもん!」って まずは思うかもしれません。 ええ、焦らなくてよいでしょう。 だんだんと「もしや?」と自分の頭の中身に疑いを向けて ゴソゴソッと思考を揺さぶってみる気になったら・・・ きっとこのことは役にたちます。 さきほどの4つを全部意味を逆にしてみましょう。 私は親を助けるべき責任はなかった 2. 親を助けられなくても私は堂々と生きていい 2. (母は、父は、うちの家族は)あれでも幸せだ 3. まず自分が幸せになって、家族を助けることもできる それぞれについて それがもっともだと思える理由を、いくつも探してみましょう。 それらが本当に腑に落ちた時、 背負った十字架は融けて あなた自身の内から 幸せになることへの許可がじんわりと広がっていくでしょう。 あなたもご家族も 誰も悪い人はいません。 ただ、精一杯だっただけです。 ただ、ほんとは元々愛だっただけです。 人間は思考する動物であるがゆえに もともとの愛に思考が絡まって、 こんがらかってしまっただけなのです。 人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト 一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事 東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。 アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。 音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。 「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。 活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。 アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。 音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。 「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。 活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

次の