洋画 と 邦画。 邦画が洋画を逆転、日本映画市場に起きた“異変”

サイコパス映画50選!洋画も邦画も恐ろしすぎるホラー映画

洋画 と 邦画

アベンジャーズよりも名探偵コナンがヒットする日本の映画界で起こっていること こんにちは、akiです。 今年のゴールデンウィークは前代未聞の10連休で、多くの人がいつもとは違った特別な休みを楽しんだのではないでしょうか。 その中でも、映画を見たという方は多いと思います。 家族、友人、恋人、どんな人といるときにも楽しめる映画は休日のお出かけの候補には必ず入ります。 そんな映画界で、ちょっと変わったことが起きました。 アベンジャーズよりコナン! このゴールデンウィー直前に公開された「名探偵コナン 紺青の拳」が日本全国で大ヒット、5月4日~5月10日の週間ランキングでは、全世界中で大ヒットしている1位を獲得している「アベンジャーズ」を抜いてなんとこの映画がトップに立ったのです。 このことは 「日本人が洋画よりも邦画を好む」ことや、俗にいう日本の現代文化の「ガラパゴス化」を示すものとして揶揄するような文脈で語られました。 本当に日本人は洋画ばかり見ているのか?「真実」はどうなのか? コナンのあの決め台詞よろしく、データを基にこの問題を考察してみたいと思います。 この記事の主張の基となるデータ この記事は、日本国内での歴代映画興行収入ランキングのデータを基に主張を展開してきます。 まずは、どのようなデータを使うのかを最初にお示しします。 データ元は、「興行通信社」が提供している「CINEMA ランキング通信」というサイトです。 ・歴代興行収入ランキング 1位~20位 ・Best20の邦画・洋画別興行収入比較 ・歴代興行収入ランキング 21位~50位 ・Best50の邦画、洋画別興行収入比較 この順番でデータを見ていきます。 ここで、このランキングは「見た人の数」ではなく「収益」でランキングしていることに注意すべきです。 というのは、週間の映画ランキングは観客の数で出ているからです。 それでは、歴代興行収入ランキングBest20を見てみましょう。 ジブリ作品の大健闘も、10位以下は洋画の独壇場 歴代作品の興行収入1位~20位はご覧のようになっています。 数字のところが黄色くなっているのは洋画です。 グラフでは、青色が邦画、黄色が洋画になっています。 不動の1位の座は「千と千尋の神隠し」、その他に「ハウルの動く城」「もののけ姫」とジブリ作品が3つランクインしています。 さすが世界に誇るジブリ作品です。 そして、 近年の邦画としては「君の名は。 さらに、驚くべきことに「踊る大捜査線THE MOVEI2」が7位です。 これには驚きました。 一方で、 洋画の多さが目につきます。 1位こそ邦画ではあるものの、2位「タイタニック」3位「アナと雪の女王」はいづれも洋画。 ハリーポッター・をはじめ、そうそうたる洋画がランクインしています。 特に「崖の上のポニョ」(これもジブリ)から「風立ちぬ」(これもジブリ!!)まではすべて洋画です。 詳しく見るまでもなく洋画の圧勝ですが、実際に数字で見るとその差がよくわかります。 詳しく邦画と洋画を比較してみると、ベスト20のうち洋画13作品に対して邦画は約半分の7作品、収益額も800億円近い差があります。 あれれ? さらに洋画(数字の部分が黄色)の割合が増加したことが一目見てお分かりいただけるかと思います。 驚くべきことに、 21位から42位までは『踊る大捜査線』と『子猫物語』の2作品を除いてすべて洋画です。 日本はアニメ映画が有名でみんな見ているから、洋画よりも邦画がよく見られていると思いがちですが、「真実」は全く逆です。 これはおそるべきことです。 ちなみに、 あれだけ騒がれていた名探偵コナンシリーズは、昨年公開された『ゼロの執行人』が46位がシリーズ最高位です。 おそらく今回公開された新作は『ゼロの執行人』を超えるのではないかと思いますが、それでも40位台にとどまるのではないでしょうか。 最後に1位から50位までの邦画、洋画の数と収益額をみます。 50作品のうち、邦画はたった14作品でした。 なんと作品数は 洋画が2. 5倍以上も多いのです。 興行収入も邦画14作品はBest50にランクインした洋画全体の2分の一以下。 もちろん作品数にこれだけ差があるのですから当然と言えば当然ですが、これはかなり衝撃的な数字です。 真実はグロテスクだった 以上、興行収入のデータに着目して「日本人が本当に邦画ばかり見ているのか」を考察しました。 このデータから結論づけられることは、「日本人はむしろ洋画をたくさん見ている」という真逆のものでした。 この結果には調べていても本当に驚きました。 これは本当に日本で起こっていることなのか、データの方が間違っているのではないかと疑いたくなるような差でしたが、これが真実です。 かくいう私も、この記事を書くまでは「日本は有名なアニメ映画がたくさんあるし洋画なんて蹴散らしているだろう」などと思っていたのですが、今となってはこの甘い考えを恥じるばかりです。 このデータは私たちの思い込みに気づかせてくれます。 そして、なぜこれだけの大きな差が生まれているのかについて考えなければいけないのではないかと思いました。 お読みいただきありがとうございました。 <参考サイト> 「CINEMA ランキング通信 歴代ランキング」興行通信社、2019年5月15日閲覧 「CINEMA ランキング通信 週間ランキング 4月」同社、同日閲覧 「CINEMA ランキング通信 週間ランキング 5月」同社、同日閲覧.

次の

【厳選16本】一番怖い邦画・洋画は?おすすめホラー映画ランキング!【動画あり】

洋画 と 邦画

日本映画製作者連盟(映連)が発表している1955年以降の統計を見ると、邦画シェア(配給収入の全体比)は1955~65年まで60%以上を占めていた。 ピークは1960年。 邦画シェアが78%に達し、「日本映画全盛期」を印象づけた。 しかし1970年以降になって邦画は低迷、バブル崩壊後の2002年には過去最低の27. 1%まで落ち込んだ。 さらに2012年、邦画が興行収入で全体の65. 7%を占めて洋画(34. 3%)を圧倒した。 邦画シェアが60%台を回復したのは、実に1969年以来43年ぶりのことだった。 映連の統計によると、2012年に公開された映画の本数は983本で、前年を大幅に上回った。 特に邦画の伸び率が高く、本数でも洋画を引き離そうとしている。 さらに興行収入では、邦画が洋画の約2倍にまで達した。 前年に比べると、邦画の28. 2%増に対して、洋画は17. 9%の減収を記録している。 2012年 全国映画概況 2012年 前年比 2011年 観客動員数 1億5515万9000人 107. 9%から10ポイント以上も伸びた要因には、邦画の勢い自体もさることながら、洋画の不振も挙げられる。 2012年興行収入ベスト5(洋画) 順位 公開月 作品名 興行収入 億円 配給会社 1 12月 2011年 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 53. 8 パラマウント映画 2 9月 バイオハザードV リトリビューション 38. 1 ソニー・ピクチャーズ 3 8月 アベンジャーズ 36. 1 ウォルト・ディズニー・スタジオ 4 6月 アメイジング・スパイダーマン 31. 6 ソニー・ピクチャーズ 5 5月 メン・イン・ブラック3 31. 3 東宝東和 洋画の年間興行収入ベスト3を見ると、1位の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』と2位『バイオハザードV リトリビューション』はシリーズもの。 4位と5位も同様で、確実にヒットが見込める「安定路線」と言える。 3位の『アベンジャーズ』はアメリカン・コミックの映画化。 米漫画出版社マーベル・コミックスが手掛ける漫画作品のヒーローたちが勢揃いするアクション大作だ。 この「マーベル・コミックス系」は、シリーズ化されると、特撮だけが見どころとなり、飽きられる傾向にある。 このように、洋画の上位陣にやや企画力不足の感が否めない。 これは最近の洋画の中心となるハリウッド映画全般に指摘されることでもある。 日本でも記録的な大ヒットを収めた『タイタニック』(日本での興行収入262億円、歴代1位)は、鬼才ジェームズ・キャメロン監督が、豪華客船の沈没という実話を最新の特撮で豪快に見せ、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』を彷彿とさせる若い男女の悲恋を描き、観客を魅了した。 この手の作品が今はほとんどない。 さらに『ハリー・ポッター』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの人気シリーズが完結し、「安定路線」のコマも少なくなりつつある。 歴代映画興行成績ランキング 順位 公開年 作品名 興行収入 億円 配給会社 1 2001年 千と千尋の神隠し 304 東宝 2 1998年 タイタニック 262 20世紀FOX 3 2001年 ハリー・ポッターと賢者の石 203 ワーナー・ブラザース映画 邦画躍進の背景にテレビ局と映画会社の連携強化 さて、洋画とは対照的に興行収入を伸ばしている日本映画。 映連の統計によると、2012年の興行ベスト3は、『BRAVE HEARTS海猿』、『テルマエ・ロマエ』、『踊る大捜査線THE FINAL新たなる希望』の順。 いずれも、フジテレビが製作し東宝が配給を手がけた作品だ。 2012年興行収入ベスト5(邦画) 順位 公開月 作品名 興行収入 億円 配給会社 1 7月 BRAVE HEARTS 海猿 73. 3 東宝 2 4月 テルマエ・ロマエ 59. 8 東宝 3 9月 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 59. 7 東宝 4 11月 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 53. 2 東宝 『BRAVE HEARTS 海猿』 『テルマエ・ロマエ』 『踊る大捜査線 THE FINAL新たなる希望』 どうやら邦画躍進の要因は、日本の配給会社と民放テレビ局との連携強化にありそうだ。 「テレビ局をはじめ、出版社、広告代理店、その他の企業が映画製作に参画することにより、出資額が増え、観客に満足してもらえる作品を日本で製作できるようになりました。 企画も、観客の関心により近くなりました。 また、映画会社だけでなく、共同で出資するテレビ局や出版社などが、自前の媒体を駆使して宣伝できることもヒットの大きな要素です」(東宝・企画担当取締役) テレビ局と映画会社は、人気テレビドラマを映画化するだけでなく、企画段階から共同プロジェクトを動かし、斬新で野心的な作品に取り組むようになった。 こうして、これまで費用がかかりすぎるという理由で敬遠されてきた時代劇や、3Dを駆使したSF大作なども、テレビ局との分担で製作することが可能になったのだ。 2013年に入り、『レ・ミゼラブル』や『ライフ・オブ・パイ/虎と漂流した227日』といった洋画のヒット作品も生まれている。 洋画が挽回し、邦画がさらに新たなる飛躍を狙うとしたら、これはまたスリリングな展開になる。

次の

わたしは邦画より洋画の方が好きで、邦画は滅多に見ないのですが、友達...

洋画 と 邦画

「キネマ旬報」 キネマ旬報社刊 によれば、2015年に日本で公開された映画は、邦画581本、洋画555本の計1136本。 興行収入は邦画1203億6700万円、洋画967億5200万円、計2171億1900万円。 決して好調とは言えないエンターテインメント業界にあって、前年比4. しかし、気になる点もある。 邦画の興行収入ランキングだ。 まず1位は『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン! 』78億円。 次いで『バケモノの子』58億5000万円、『HERO』46億7000万円と続く。 以下は『名探偵コナン 業火の向日葵』『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』『ドラゴンボールZ 復活の「F」』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』『映画「ビリギャル」』『ラブライブ! The School Idol Movie』『映画「暗殺教室」』…。 アニメ作品や人気漫画の実写化、ドラマの映画版などに大きく偏っているのがわかる。 アニメーションやコミックは確かに日本を象徴する文化だが、好みが分かれるコンテンツでもあるはずだ。 そんななか、NewsCafeのアリナシコーナーにはユーザーから「邦画に魅力を感じない…アリかナシか」というテーマが寄せられたらしい。 調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。 【アリ…41. 誰かが死ぬ作品ばかり。 感じさせたいのか!? 理解に苦しむ作品が多すぎる。 と思ってしまう。 テレビタレントばかり。 【ナシ…58. 観てないでしょ 笑? 寅さん釣りバカ必殺も好き。 洋楽・邦画というくくりはしない。 結果は【ナシ派】過半数。 コメントにあるように過去の邦画名作を挙げる声が多く「最近の作品だけで判断するのは軽率」との意見も見られた。 ただ「洋画・邦画ともに好き」「両方観ない」「洋・邦で括らない」という人も【ナシ派】に票を投じていることを考えると、数字をそのまま受け取ることは難しい。 一方の【アリ派】では「やはり予算が。 ウン10億貰えれば死人でも生き返るさ」「アクション物が特にチープ」など、邦画の弱点を指摘する意見が多い。 印象的だったのは「洋画と邦画はウエディングケーキと羊羹の違い。 それぞれの良さがある」というコメント。 同じ土俵で競っているように見えて、決して置き換えはきかない両者だ。 【映画】<全国映画動員ランキング>『名探偵コナン』『ズートピア』『クレヨンしんちゃん』がTOP3…… When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の