キャンベル ハムスター。 キャンベルハムスターの色・値段・体格・性格・種類・飼い方まとめ

キャンベルを差別しないで!!

キャンベル ハムスター

この記事でまとめたこと• ハムスターとは? ハムスターは、げっ歯目キヌゲネズミ亜種に属する小さな動物です。 「げっ歯類」はネズミの仲間のことで、現在見つかっているほ乳類全種類の半数を占めるほど反映しているグループです。 ハムスターの犬歯は退化しており、切歯と呼ばれる前歯2本が生涯伸び続けます。 歯はとても丈夫なので、硬い木の実も割ることもできます。 ハムスターは夜行性で、天敵から身を守るために日中は地中の巣穴で眠り、夜暗くなってから活動します。 優れた嗅覚と聴覚を使って餌を探し、ほお袋にたくさん詰めた餌を巣に持ち帰ってから食べます。 縄張りの確認や餌を探すために1晩で3㎞前後も移動することもありますよ。 ハムスターの値段は? ハムスターの値段相場• 種類や毛並で多少の変動はありますが、通常は1万円を超えることは稀です。 小学生くらいの子どもでも、お小遣いを貯めて買える程度の価格なのも、ハムスターがペットとして人気の秘密ですね。 珍しいハムスターは高額? ハムスターも他のペットと同じで、生後間もない個体の方が高くなる傾向があり、希少な品種ほど高値で取引されます。 希少なハムスターには、左右で目の色が違う「オッドアイ」や、通常の体色よりも薄い「アルビノ」などがあります。 これらはマニアや愛好家の間で高価で取引されている希少な品種です。 繁殖には偶然の要素も多く含むので、入手の困難さで値段も高騰します。 レア品種は相場価格の数倍になる場合もあり、1万円を超えることもありますよ。 ドワーフハムスターとは? ドワーフハムスターは小型のハムスターの総称であり、特定の種類をさす名前ではありません。 「ドワーフ」は英語で「小さい」や「小人」の意味を表します。 飼育に一般的であったゴールデンハムスターと比較して、体の小さい種類に総称がつけられました。 「ジャンガリアン」「キャンベル」「ロボロフスキー」「チャイニーズ」などの種類のハムスターはドワーフハムスターに分類されますよ。 たくさん遊びたい方にオススメ!ゴールデンハムスター ゴールデンハムスターの値段• ゴールデンハムスターは日本での知名度が高く、飼育の歴史も長い品種です。 人になつきやすく温和な性格のため、たくさんかまってあげると喜びますよ。 ただ、縄張り意識が強いため多頭飼いには適していません。 他の品種であれば多頭飼いができることもありますが、ゴールデンハムスターはケンカや共食いで同居しているハムスターを殺してしまうこともあるのです。 多頭飼いをする場合でも1匹ずつ別々のケージにいれてあげてください。 流通量は多いので一匹1,000円未満〜2,000円程で購入できます。 平均寿命は2〜3年ほどです。 ハムスターの中では大きく、手のひらに1匹乗るくらいです。 見るだけではなく、触れ合って遊びたい方に向いている品種です。 おっとりした性格!キンクマハムスター ジャンガリアンハムスターの値段• 1,000円程度 シベリア生まれのジャンガリアンハムスターはゴールデンと並んで知名度が高く、初心者にもおすすめのハムスターです。 性格は個体差があり、人になつく・なつかない、噛む・噛まないなど飼育環境で異なります。 触らせてもらえるペットショップで触れ合ってみてから購入するのがおすすめです。 パールドワーフ(白い毛色にグレーまたは黒のライン)、サファイアブルー、プティングなど毛色のバリエーションが豊富で、飼い主好みの子を選べることも人気の秘密です。 大きさは、手のひらに2匹乗るくらいです。 ジャンガリアンハムスターも多頭飼いには不向きです。 平均寿命は2~2年半程で、比較的流通量が多く、一匹1,000円ほどで購入できます。 野性的で獰猛!キャンベルハムスター 珍しいハムスターの種類• ヨーロッパハムスター クロハラハムスター• カンガルーハムスター• ダルメシアンハムスター• ニュートンハムスター• アルメニアンハムスター• ブラントハムスター• トリトンハムスター• スナネズミ• パンダハムスター• トリコロールハムスター 大きい体!ヨーロッパハムスター ハムスターの中でも大型の種類です。 おなかの黒い毛が特徴的なことから「クロハラハムスター」とも呼ばれます。 カンガルーハムスター 大きな耳に長い尻尾が特徴的なハムスターです。 ダルメシアンハムスター 白の毛色にグレーや黒のまだら模様が入っているハムスターです。 ゴールデンハムスターの品種改良の過程で誕生した品種です。 ニュートンハムスター 頭から背中にかけての黒い線のような模様と、灰色がかった黄色をした腹部が特徴的なハムスターです。 野生の生息数が減少傾向にあるため、絶滅危惧種に指定されています。 ペットとしての飼育もできません。 アルメニアンハムスター 頭に黒い線のような模様がある、モンゴルキヌゲネズミ属のハムスターです。 背中の毛色が灰色であることから「ハイイロハムスター」とも呼ばれています。 ブラントハムスター ゴールデンハムスターに近いハムスターで、胸の辺りが少し黒くなっているのが特徴的です。 ペットとしては馴染みが薄く、動物実験用に飼育されている事が多いです。 トリトンハムスター 少し長いしっぽとクリクリとした目が可愛らしいハムスターです。 人に懐きやすい性格をしているので、ペットしても飼育しやすいですよ。 スナネズミ ペットとしての歴史も長いネズミです。 ペット用・研究用としての品種改良も行われているので、毛色の数もハムスターのように豊富ですよ。 パンダハムスター 白と黒のパンダのような模様が特徴的なハムスターです。 品種改良の過程で誕生した毛色で、キャンベルハムスターとゴールデンハムスターの2種類で見ることができます。 トリコロールハムスター ゴールデンハムスターを品種改良した種類で、3色の毛色が特徴的なハムスターです。 三毛の多くはメスであり、オスは生まれてきても繁殖能力がないと考えられていますよ。 「ジャンガリアンハムスター」「キャンベルハムスター」「ロボロフスキーハムスター」「チャイニーズハムスター」「カンガルーハムスター」「アルメニアンハムスター」が該当します。 中型 ペット用として飼育されているハムスターの中では、「ゴールデンハムスター」「スナネズミ」「ダルメシアンハムスター」「トリコロールハムスター」「ニュートンハムスター」「パンダハムスター ベースの種類による 」「ブラントハムスター」が該当します。 大型 野生化には大型種も多いですが、ペットとして飼育されているハムスターの中では「クロハラハムスター」「トリトンハムスター」が該当します。 ハムスターを飼うための準備とは? ハムスターを飼うための準備• 飼育ケージ• 巣材・床材• 給水器• 回し車• 多頭飼い 飼育ケージ 飼育ケージはストレスを与えないためにも、可能な限り大きいサイズを選ぶようにしてください。 「ハムスター用の飼育ケージ」「水槽」「衣装ケース」など様々なものが販売されています。 巣箱 「巣箱」は、木製とプラスチック製があります。 木製は湿気がこもらないので快適に過ごせますが、カビが生えるなど掃除が大変です。 プラスチック製は湿気はこもりますが、掃除は楽です。 巣材・床材 「巣材」は巣箱の中に敷くもので、「ハムスター用の布団」「わら」「牧草」などがあります。 細かく切った「キッチンペーパー」や「新聞紙」でも代用は利きますよ。 「床材」はケージの床に敷くもので、「木のチップ」「紙」「わら」「牧草」などがあります。 給水器 給水器は「取付型給水器」「吊り下げ型給水器」「金属ボール入り給水器」「お皿」など様々なタイプが販売されています。 ハムスターはあまり多くの水を飲みませんが、新鮮な水を飲める環境を用意しておかないと結石になる可能性が高まるので必ず用意してくださいね。 回し車 回し車は運動不足の解消にも最適です。 転倒や落下事故を起こさない為にも、ハムスターのサイズに合ったものを選んであげてくださいね。 名前 ハムスターは聴覚がとても優れています。 「餌を与える時に呼びかける」を繰り返していると、名前を理解して反応してくれるようになりますよ。 名前は飼い主さんからの初めてのプレゼントにもなるので、愛情を込めて名前を付けてあげてくださいね。 多頭飼い ハムスターは多頭飼いも可能ですが、縄張り意識が強いので単独飼育が基本です。 オスとメスの組み合わせであっても、ケンカや殺し合いに発展してしまうこともありますよ。 多頭飼いを考えているのであれば、ケージを分けたり、多頭飼いに向く品種を選ぶ必要があることを知っておいてくださいね。 心構えと注意すること ハムスターの飼育を始める前に、最後まで責任を持って正しく育てられるかをもう一度よく考えてください。 また、アレルギーの人が家族にいないかも必ずチェックしてください。 アレルギーの人はハムスターアレルギーを発症しやすいとされていますよ。 ハムスターの選び方は? ショップの選び方 ハムスターの扱われ方や食事内容をチェックすると、良い販売店かどうかを見極めることができます。 オスとメスを分けてケージに入れているか、種類別にショーケースを分けているかを確認するようにしてください。 食事については、ペレットを与えているかをチェックします。 ヒマワリの種やミックスフードばかり与えているようなお店は、ハムスターの健康を考えていないといえますよ。 ハムスターの選び方 健康なハムスターを選ぶためには、毛並みが良いか、目がしっかり開いているかをチェックします。 ハムスターは体調が悪くなると毛づくろいをしなくなるので、毛並みがボサボサだったり、つやが無い場合は不健康である可能性が高いですよ。 また、目ヤニなどによって目がしっかり開いていない場合も、体調不良だったり病気を抱えていることが多いです。 ハムスターを飼う小学生もいるけど、お世話は意外に大変 小学生くらいの子供がいる家庭のなかで、その手軽さからハムスターを飼っていた家庭もあったでしょう。 しかし、ハムスターはなつかなかったり、脱走したりと世話がかかるものです。 手軽だからといって飼いはじめると、世話に疲れてしまう人がたくさんいるので、世話ができるかしっかりと考えてから飼いましょう。 飼い主さんの存在を理解してもらうためにも、ハムスターの身の回りを整えてあげることは有効的です。 また、ハムスターが健康であるかをチェックすることも飼い主さんの大事な役目です。 うんちやおしっこの量、餌や水の減り具合などを確認して、普段と比べて大きな変化がないか確認します。 目ヤニ・歯の欠け・呼吸の異常・毛並み・爪の伸び具合など見た目の変化もチェックするとなお良いですよ。 ハムスターは夜行性なので、世話は行動し始める夕方以降に行います。 以下の項目で、そうじや餌の準備など毎日のお世話の流れを紹介しています。 ぜひ参考にしてくださいね。 飼い方のポイント• 慣らし方• トイレ• 暑さ・寒さ対策• 臭い ハムスターの慣らし方 ハムスターの飼育を始めたら、「最初はそっとしておく」「匂いを覚えてもらう」ことが大切です。 信頼関係を築くことができれば、飼い主さんの手から餌を食べるようにもなりますよ。 ハムスターのトイレ ハムスターの習性を利用することで、トイレをしつけることが可能です。 ハムスターにトイレを覚えてもらえれば掃除が楽になるだけでなく、ハムスター自身がケージで快適に過ごせることにも繋がりますよ。 オシッコをした床材を少しトイレに混ぜておく方法がおすすめです。 トイレ以外の場所で粗相をしてしまった場合は、オシッコを含む床材をすぐに捨ててください。 トイレ以外をいつでも清潔な状態にしておくことで、トイレの場所を覚えやすくなりますよ。 ハムスターの餌 ハムスター専用ペレット(固形の粒状の餌)を主食として与え、副食として葉物野菜を与えます。 ハムスターの餌というと「ヒマワリの種」のイメージが強いですが、カロリーが高いのでおやつ程度にしてくださいね。 ハムスターの暑さ・寒さ対策 ハムスターは暑さにも寒さにも弱い動物です。 冬場は、暖房やペット用ヒーターを併用しながら室温を15度以上に保つようにします。 寒すぎると内臓に負担がかかる「疑似冬眠」をしてしまうので、気をつけてくださいね。 疑似冬眠というものの、実際は「低体温症」を起こしている状態です。 この状態は大変危険で、最悪の場合は命を落とすこともあります。 上記の寒さ対策を参考に、ハムスターにとって適切な室温になるように徹底した管理を行ってください。 硬直して動かないハムスターを発見したら、「タオルでくるむ」「室温を20度以上にする」「カイロなどで徐々に温める」などの救命処置を行ってください。 ハムスターの掃除 「オシッコで汚れた砂や床材、巣材の交換」「回し車の洗浄」「ウンチの片づけ」は毎日行います。 毎週ごとに「ケージと設置しているグッズの洗浄」「ウンチの除去」を行い、「床材を全交換」は月に1回を目安に行ってくださいね。 ハムスターの臭い ハムスターは体が小さく糞も少ないので、犬や猫などと比べると臭いの少ないペットです。 ハムスターの臭いの原因は、尿や食べ残しなどです。 排泄物で汚れた床材を毎日交換するようにすれば、臭いはほとんど気にならなくなりますよ。 トイレを覚えさせると、掃除が比較的楽になりますね。 キャベツやニンジンなど生野菜を与えた後は食べ残しを回収し、腐ってしまうのを避ければ臭いを防止できます。 ハムスターの行動の意味は? 飼育下においてハムスターは様々な行動をしますが、それぞれの行動には意味がありますよ。 代表的な行動を紹介します。 毛づくろい 眠りから覚めた時や餌を食べた後などリラックスをしている時に多くみられる行動です。 毛並みを綺麗にして、自分の臭いを体中に付けていますよ。 ひっくり返ってキーキー鳴く 怒っていたり・嫌がっている時にみられます。 敵を攻撃する手段を持たないハムスターの抵抗でもあり、敵に対して攻撃をする警告でもありますよ。 前足をあげて首をすくめる びっくりした時にとる行動です。 大きな音がした時や急に体に触ったりした時に見られますよ。 仰向けになって寝る ハムスターの弱点であるお腹を見せて眠るのは、飼い主さんを信頼しており安心している証拠です。 夏場などの気温が高い時にも、お腹を出して眠っていることがありますよ。 ハムスターが噛む 人の手を噛む時は、餌と間違えていたり動物性たんぱく質が不足している時などがほとんどです。 ケージを噛む時は「空腹」や「部屋が暑すぎる」「ケージから出たい」などの欲求が多いですね。 ハムスターの鳴き声 ハムスターはめったに鳴かない動物なので、鳴いている場合は必ず意味があります。 嬉しい時には「キュキュキュッ」、怒っていたり威嚇している場合には「ジージー」と鳴いたりしますよ。 ハムスターのストレス ハムスターはストレスを感じると、「ウンチやオシッコを漏らす」「顔を洗う」「頬袋に入れた餌を取り出す」などの行動をとることもあります。 これらの行動をとっている時は強いストレスを感じていることもあるので、早急にストレスの原因を取り除いてあげてください。 ハムスターはどんな病気になる? かかりやすい病気• アレルギー性皮膚炎• 結膜炎• 下痢 野生のハムスターは敵に弱っているところを見せまいと体調が悪くても隠そうとします。 この行為はペットとして飼われていても同じなので、飼い主さんが早期発見をしてあげることが大切ですよ。 かかりやすい病気としては、食べ過ぎによる「肥満」、床材や餌の種類による「アレルギー性皮膚炎」、伸びすぎた爪で引っかくことで起きる「結膜炎」、ストレスや細菌感染による「下痢」などが挙げられます。 ハムスターが欲しいなら ペットショップにハムスターを見に行こう 今回は6種類のハムスターをご紹介しましたが、ハムスターの種類はたくさんあります。 流通量が多い動物なので、おおくのペットショップで販売されていますよ。 気になる方は一度見にいってみるのがおすすめです。 ハムスターの里親になる インターネットで「ハムスター 里親」と検索すると、ハムスターの里親を募集するサイトがいくつか表示されます。 利用上の注意点などをよく読み、お気に入りのハムスターを探してくださいね。

次の

キャンベルハムスターの色・値段・体格・性格・種類・飼い方まとめ

キャンベル ハムスター

語源 [ ] 日本語の「ハムスター」はキヌゲネズミの様々な種を指すが、元はゴールデンハムスターの俗称・通称として一般人に定着したものであり、ドイツ語や英語のゴールデンハムスターであるhamsterに由来している。 には、hamustraという単語があり(元々1000年頃にの意味で使われていた古い単語であったが)、1607年にはハムスター(クロハラハムスター)という意味で使われており 、ヨーロッパに広く生息していたクロハラハムスターの語源となった。 しかし、実験動物用としてドイツにゴールデンハムスター(: Syrische Goldhamster)が伝来して増え、ゴールデンハムスターがHamsterの代名詞にとって変わった。 ドイツ語の「買いだめする、溜めこむ」という動詞ハムスターン(: hamstern)は、hamsterの貯食の習性から相手を揶揄する言葉として派生した。 特徴 [ ] 外見 [ ] 地中生活に適応するため、体はずんぐりとしており、四肢も尻尾も短く進化している。 でも尻尾は毛皮の下に隠れてしまいほとんど目立たない。 ただし、にはハムスター類で最も長い尾(2. 8-3. 1cm)があり物をつかむような機能をもつ。 左右にもともと口腔が陥没してできた頬袋(cheek pouch)と呼ばれる袋(盲嚢)をもつ。 頬袋には伸縮性がありエサを収容しておくためのものである。 ゴールデンハムスターやドワーフハムスターには臭腺がある。 エナメル質が作られるときに銅などを取り込むため切歯の色は黄色である。 体重は、は30-50g、ゴールデンハムスターで80-150g。 ハムスターの中で最も大型になる種はで、その体重は250g-600gに達する。 寿命はジャンガリアンハムスターで2年、ゴールデンハムスターで3年ほどであるが、稀に5年生きた個体などが報告されている。 習性 [ ] 頬袋に餌を詰めるハムスター 野生ではからの乾燥地帯に分布。 で地中に掘ったトンネル内を餌を探すために一晩に10km〜20kmも移動しながら生活している。 野生のハムスターは、一日のほとんどを巣穴の中で過ごし、捕食者を避け明け方と夕暮れの短い時間のみに餌を探しに出掛ける。 ハムスターは穴掘りの能力に優れており、複数の入口に、寝床、食料の貯蔵庫などの様々な部屋が繋っている巣穴を掘ることができる。 野生のゴールデンハムスターは数が少なく絶滅が危惧されている。 頬袋に餌を収納し、一杯になるとその袋は2倍から3倍にもふくれ上がることがある。 ここに溜めた食料を、自分の巣穴で吐き出して貯蔵する習性がある。 食性は穀食を中心とした草食性に近いで、野生状態では、木の実、穀物、野菜、果物、また昆虫やなども食べる。 飼育時に適したエサについては下記参照。 ハムスターは時に自分の糞を食べることがある(食糞)。 これは、一度では消化しきれなかった養分をもう一度吸収するためであり、異常行動ではない。 ハムスターの視力はあまり良くなく、またである。 そのため、外界の状況の把握は聴力と嗅覚に頼っている。 臭腺の臭いを周りに散布することでなわばりを主張するとされており、特に自身の臭いに非常に敏感である。 また、高周波を聴くことができるといわれており、超音波で互いにコミュニケーションしているとも考えられている。 餌不足、短い日照時間、低温などの環境に置かれるとと呼ばれる状態になることがある(ただし最長でも5日〜6日で餌をとる)。 飼育下のハムスターだと疑似冬眠からうまく目覚めることができず、そのまま死んでしまうことがある。 性格はゴールデンハムスターなどでは体の大きいメスのほうがオスよりも気が強く、特に繁殖期などは飼育に注意を要する。 ゴールデンハムスターは縄張り意識が強く、一般的には一匹で生活する。 縄張りを侵すと殺し合いのケンカをすることもある。 一方、ドワーフハムスターと呼ばれる小さめのハムスターは、同種で、気が合えば2匹以上一緒に生活することもありうる。 草原や川岸に生息する野生種のクロハラハムスターは、泳ぐ能力があり、頬袋に空気を貯めて浮き袋にする習性がある。 この習性は、元々砂漠地帯に生息していたゴールデンハムスターにも存在し、雨季の洪水などで水に落ちると、頬袋を膨らませて短時間ながら泳ぐことが確かめられている。 繁殖 [ ] 生後間もないハムスター ハムスターが可能になる年齢は、種類によって異なるが一般的にはで1ヶ月から3ヶ月で交配可能となる。 メスのハムスターの交配可能な期間はおよそ3年であるが、オスはもっと長いこともある。 規則的なを持つ。 からに、2週間から1ヶ月の妊娠期間の後、10匹前後の子を生む。 ゴールデンハムスターは齧歯類の中でも特にが安定しており、メスは4日の周期で発情を繰り返す。 発情したメスは、背中側のお尻周辺を触ったり、甘噛みされると、尾を上げ交尾姿勢を取る。 分類 [ ]• キヌゲネズミ亜科• ゴールデンハムスター属• (シリアンハムスター)• (ヒメキヌゲネズミ)• (キャンベルキヌゲネズミ)• (ロボロフスキーキヌゲネズミ)• カンガルーハムスター属• クロハラハムスター属• (ヨーロッパハムスター)• モンゴルキヌゲネズミ属• (モンゴルキヌゲネズミ)• アルタイキヌゲネズミ属• カンシュクハムスター属• キヌゲネズミ属• (キヌゲネズミ) 進化 [ ] およそ600万年前には他のからしていたと見られ、その後ヨーロッパから中国までユーラシア大陸各地に分布する。 森林から草原生が多いが、他のネズミ科同様、幅広い環境にしていた。 絶滅した化石種も多数発見されている。 現生種に近い個体が発見されるようになるのは160万年から数十万年前ほどからで、現在でもユーラシア大陸の各地に生息している。 [ ] 飼育 [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 回し車を回すパールホワイト ハムスターの中でもよく知られているのが、ゴールデンハムスター(シリアンハムスター)である。 として飼われているゴールデンハムスターは、にで捕獲された1匹の雌とその12匹の仔の子孫が繁殖し、世界中に広まったものである。 その後、野生種は発見されていないため、現存するゴールデンハムスターは皆彼らの子孫である。 にロンドン動物園でハムスターが展示・一般販売され、それ以後ハムスターがペットとして飼われるようになった。 その後、体格が小さいドワーフタイプのハムスターがペットショップ等で扱われて一般化されている。 日本国内にが輸入されたのは、昭和40年代で、ペットとして出回り始めたのは、1993年頃とされている。 ハムスターは人によく馴れて飼いやすいため、ペットとしてよく飼われている。 親子・兄弟であってもケンカにより共食いをし、死亡することがあるため単独飼育が基本であるが、種類によっては複数飼育が可能である場合もある。 縄張り意識が強いため、不用意に手を差し伸べたりすると噛み付いて外傷を負う事がある。 メスは気が強いこともあり、オスの方が比較的おとなしく飼いやすい。 ゲージ内は狭く運動不足になりがちとなるためハムスターの大きさにあったやを与える。 ただし、チャイニーズハムスターはほとんど回し車を使うことをしない。 切歯は伸び続けるため、飼育下では、小枝や板などの齧り木や市販の専用グッズなどで歯の過長を防ぐ必要がある。 また、高齢の個体や栄養状態の悪い環境では爪が過長する傾向がある。 爪切りは血管を避けて爪の先端を処理する。 主に春と秋に換毛があり時期と期間に個体差があるが、複数飼育していると次々に換毛が発生することがある。 ハムスターは自らグルーミングを行うが、特に長毛個体に対してはブラッシングを行って毛球症や腸閉塞を防ぐ。 急激な温度変化や乾燥には弱い。 低温の環境下にみられる擬似冬眠状態のままにしておくと死亡するリスクがある。 エサ [ ] 主食は獣医師が推薦するような専用ペレット、または市販のハトの餌(トウモロコシ・ヒエ・粟・麦など低脂肪で腐りにくい穀物のミックス)を与え、副食は少量ずつ水を切ったもの(ニンジン、大根の葉、ブロッコリーなどの野菜や、農薬などに汚染されていないタンポポ、クローバー、レンゲなどの野草)をペレットと同量程度与えれば良いとされている。 また、ハムスターは下痢をし始めると脱水症状により致命的な状況になりやすく、肥満させないような食事を与えると良い。 ピーナッツやヒマワリの種子は脂肪分が多いため、肥満を誘発しないよう、おやつとして少量に制限することが推奨されている。 動物性たんぱく質を含むおやつとして、ゆで卵の黄身、白身、低塩チーズ、、ペット用の煮干し、をごく少量与えると良いが、専用ペレットを与えていれば必須ではないとされている。 なお、ハムスターには餌を隠したり頬袋に溜め込む習性があるため、実際のエサの摂取量を測定することは困難である。 中毒を起こす物質 [ ] ハムスターに食中毒を起こさせる主な化学物質としては、(ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクの類に含まれるを引き起こす物質)、および(チョコレート、紅茶、コーヒーなどに含まれる嘔吐・下痢・昏睡を引き起こす物質)、(ジャガイモの芽や皮に含まれ、、嘔吐・下痢などを引き起こす)、(アボカドなどに含まれる中毒物質。 嘔吐・下痢・呼吸困難・肺水腫を引き起こす危険のある物質)、アルコール飲料などがある。 卵については、生卵の白身だけ与えるとビオチン欠乏症を発症するが、白身を加熱して黄身と一緒に与えれば同症にならないとされる。 ハムスターにとってゆで卵の黄身は毒性がなく、蛋白源として適量与えてもかまわないとされている(ただし、ゆで卵は腐りやすい餌であるという指摘もなされている)。 2017年には、餌にトウモロコシの比率が高まるとナイアシンが不足し、攻撃性が高まって共食いなどを行うようになるという研究結果が、ストラスブルグ大学の学者らによって明らかになっている。 飲水に関する配慮 [ ] ハムスター(特にドワーフハムスターなど)には水を口にしない個体が見られることがある。 ペレットを主食として飼育する場合には飲水が不可欠である。 水分不足になると食事量が減ったり尿路結石等の原因となる。 飼育される種類 [ ] (学名:Mesocricetus auratus) 生物学的にはジャンガリアンハムスターと同じと言われているが、ロシアの研究で遺伝子に差が発見され、習性も異なるため、区別されている。 野生種同士の外見は殆ど同じで区別は難しい。 性格は臆病で警戒心が強く、比較的噛み付いてくる傾向がある。 観賞用に向いているが、忍耐強く接すれば手乗りにもなる。 体毛は背と腹の色が分かれているタイプと全身一色のタイプがあり、品種は野生種の他、アルビノやチョコレート、ブルーなど数多い。 全身黒いものは「ブラックジャンガリアン」と呼ばれている。 ハムスターが原因となる人間の病気 [ ] ハムスターに噛まれるなどの要因で、人間が(急性アレルギー反応)を引きおこす事が知られている。 に日本人の男性がハムスターに噛まれたことによりが発生、更に持病であったを誘発し死亡した例がある。 そのため、気管支喘息や皮膚炎などアレルギー性疾患を起こした事がある人は、そのことに留意し、病院でハムスターアレルギーであるかを検査してもらうなどの対策が必要とされる。 脚注 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2012年5月)• 『ハムスターのお医者さん : ハムスターパラダイス』(、監修、)• 『ハムスターの上手な育て方—ハムスターパラダイス 2 』(主婦と生活社、中村ちはる監修、)• 『ハムスター : ハムスターの飼育・医学・エサ・生態・歴史すべてがわかる』(、, 監修、)• 『小動物ビギナーズガイド ハムスター』(、大野瑞絵 著、井川俊彦 写真、) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (がハムスターの「DB. スターマン」) 外部リンク [ ]•

次の

ジャンガリアンとキャンベルの違い(見分け方) ハムスターQ&A

キャンベル ハムスター

獲得しているカテゴリマスター• 美容・ファッションカテゴリマスター• メンズ服・下着・水着カテゴリマスター• その他 [地域情報] 旅行・レジャー カテゴリマスター• スキンケアカテゴリマスター• レディース服・下着・水着カテゴリマスター• 健康・病気・怪我カテゴリマスター• ヘアケア・ヘアスタイルカテゴリマスター• 趣味・娯楽・エンターテイメントカテゴリマスター• その他(社会)カテゴリマスター• 各種テレビ番組カテゴリマスター• 病気カテゴリマスター• その他(病気・怪我・身体の不調)カテゴリマスター• その他(芸能人・有名人)カテゴリマスター• 掃除・洗濯・家事全般カテゴリマスター• その他(生活・暮らし)カテゴリマスター• [地域情報] 旅行・レジャーカテゴリマスター• ダイエット・運動カテゴリマスター• 靴・シューズカテゴリマスター 昔ゴールデンハムスターを飼っていました。 元よりハムスターやハツカネズミくらいの大きさの動物に「なつく」を期待するのは、かなり無理があろうかと思います。 そもそも自分の名前を認識する知能は持っておりませんし、飼い主の元に寄ってくるのは腹が減ったから、それだけです。 人間が勝手に「なついた」と思っているだけです。 それを期待できるのは、経験的にフェレットか犬猫、鳥の一部くらい、それ以上の大きさの哺乳類かなあ・・・と。 *デビ夫人みたく水槽の中の熱帯魚を「ウチの子はなついているから呼べば来る」なんて自慢する人がいますが、絶対逃げられない状況に置いておいて餌をあげている状態で、「なつく」もへったくれもないですよね。 ただ、小さいうちからなるべくケージから出して、エサをやったり手の上で遊ばせてやったりの時間を長めに取ってやれば、「飼い主につまみあげられるのに慣れる」程度にはなります。 上記のゴールデンハムスターは、つまみあげようとすると、逃げるか噛みつくかでした。 元々ハムスターの中では気が荒い種のようでした。

次の