清水ミチコ 岡田晴恵。 清水ミチコ、天龍源一郎と岡田晴恵教授のモノマネに反響「そのチョイス、さすが!」|ニフティニュース

清水ミチコの関連情報

清水ミチコ 岡田晴恵

・動作環境 Android 4. ・「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します• ・アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます• ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です• ・iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です• ・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています• ・Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. ・Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です• ・スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です(参考:)• Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

清水ミチコ、天龍源一郎と岡田晴恵教授のモノマネに反響「そのチョイス、さすが!」

清水ミチコ 岡田晴恵

C Krakenimages. 【関連】ほか 岡田氏は新型コロナウイルスの感染が広がり始めた1月下旬、ウイルス研究の第一人者として、多数のテレビに出演。 新型コロナウイルス対策を分かりやすく解説する語り口が評判を呼び、たちまちテレビに引っ張りだこになった。 特に朝の情報番組『 モーニングショー』(テレビ朝日系)には、連日のように出演。 一躍お茶の間の顔となった。 「岡田氏が事務所に所属したということは、これからコロナの第2波、第3波で、まだまだ需要があるということでしょう。 一時は民放局をはしごして1日の睡眠時間は3時間程度といわれていました。 本人もさすがにスケジュールがさばききれなくなったのでしょうね。 一部のファンからは〝晴恵ちゃん〟の愛称で親しまれており、ネット上では〝岡田教授Tシャツ〟など関連グッズまで売られるほど人気。 しかし、肝心の新型コロナウイルスについての考察にブレがあり、批判的な声がくすぶっているのも事実です」(芸能記者) 「文化人の方が良かったと思う…」 今回のニュースに、ネット上では、 《テレビの出演を重ねるごとに垢抜けたのが面白かった。 今後はスタイリストが付いて、高級ブランドの服とか着そうだな》 《当初よりもかなり痩せたよね。 さすがにあれだけテレビに出まくってたら自然に痩せちゃったのかも》 《晴恵ちゃん、このまま文化芸能人に転身するのかな?》 などといった声が寄せられている。 一方で、アンチからは早くも厳しい声が殺到している。 《いかにテレビの専門家がウサンくさいか分かった。 コロナをダシに売名行為して芸プロ入り》 《ちょっと興覚めした。 今まで専門家として見てましたけど、コロナの発生で注目されて芸能事務所に所属したっていうと、何か勘違いだと思います》 《うーん、勘違いしてほしくなかった…。 あくまで大学教授の文化人の方が良かったと思う》 《誰が言ってたか忘れたけど、本当の専門家だったら、今ごろテレビに出られるほど時間がないっていうのに激しく同意した記憶がある》 《髪ボサボサで地味な生活から、スタイリストが付いて華やかな世界に触れちゃったからね。 文化人枠よりタレント枠の方がギャラもいいし》 先行き不透明な新型コロナウイルス。 申し訳ない言い方だが、やはり〝コロナの女王〟の安息を望まずにはいられない。 【画像】 Krakenimages.

次の

清水ミチコ、天龍源一郎と岡田晴恵教授のモノマネに反響「そのチョイス、さすが!」(2020年6月3日)|BIGLOBEニュース

清水ミチコ 岡田晴恵

4万人と映像がないラジオ形式でも十分勝負ができることが証明された。 タレントの清水ミチコも1か月半ほど前からYouTube『清水ミチコのシミチコチャンネル』をスタート。 長くて6分、短い動画だと1分にも満たないが、どれも内容が濃いものばかり。 1980年代半ば、ライブハウスでモノマネを披露していた清水ミチコだが、その才能を見出したのは当時放送作家だった永六輔さんだ。 その後、売れっ子になった清水に対し、永さんは2011年1月にある番組で「彼女のモノマネはコピーでもなくパロディでもない、批評になっています。 嫌われるのを覚悟しているのは、ジャーナリストの姿勢であります。 その点に、拍手!」と、そのモノマネに対する姿勢を褒め称えていた。 そんな清水は進学のために上京した際にはラジオ局でバイトし、放送作家を目指してコントのネタを書いていたという。 モノマネは高校生の頃に桃井かおりの大ファンであったことから、自分の部屋で「宿題やんなくちゃ、いけないワケ?」などと彼女の口調を真似て楽しんでいただけだった。 これがいつしかコント仕立てのモノマネと進化し、清水の本業となったのだ。 画像は『清水ミチコのシミチコチャンネル 2020年4月21日公開 YouTube「都知事からのメッセージ」』のサムネイル (TechinsightJapan編集部 みやび).

次の