新型 コロナ 抗生 物質。 新型コロナ、家に残った抗生物質服用は有害の恐れ 「予防にも治療にも効果ない」

新型コロナウイルスに備えるために-抗生物質を正しく使おう!-なんでも効いてしまうスーパー抗生物質の使い方- :医師 星野智祥 [マイベストプロ宮城]

新型 コロナ 抗生 物質

写真=iStock. com/metamorworks 「患者さんが、服薬を自己判断でやめることはよくあります。 世の中には『飲まなくてもいい薬』の情報が溢れていますから。 反対に、患者さんが飲みたがる薬もあって、その代表格が抗菌薬、いわゆる抗生物質です。 患者さんもとりあえず抗菌薬を飲めばいいと安心するところがある。 医師、病院の側も求められれば処方してしまうところもまだあります。 しかしながら、例えば風邪のほとんどはウイルスが原因。 ウイルス性のものに抗菌薬を投与しても意味はありません。 それでも、患者さんが欲しがるので、併発する咽頭炎や扁桃炎などの炎症の診療報酬名をつけて処方してしまっていることもあると聞きます」 同じように、鼻づまりの原因である副鼻腔炎も「炎症がよほど酷い場合、明らかに繰り返す場合でなければ、抗菌薬は使わないほうが患者さんにメリットがあります」と話すのは医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY(メドレー)」を監修する園田唯医師だ。 園田氏によれば中耳炎も同様で「原因の大半はウイルスだといわれており、それであれば抗菌薬は効果がない。 副鼻腔炎と同じく症状が酷かったり、繰り返す人以外は使わないほうがいいです」と言う。 水野氏が続ける。 「抗菌剤はどこか万能薬のように思われていて、家庭で余った抗菌薬を飲んだり、自己判断で使う人が多いのも問題です。 勝手に内服することでの特殊な副作用はもちろん、抗菌薬に耐性ができてしまう。 薬剤耐性菌はときに体を飛び越えて人から人へ、また、人から環境へと拡散してしまい、いざ病気のときに自分だけではなく、周りの大切な人への効き目まで低くなる恐れもある」 つまり、抗菌薬を多用することで、結局耐性菌を増やしてしまうなら、必要のないシーンで抗菌薬を使うことは避けたほうがいいというのが医療のトレンドになっているのだ。 水野氏はほかの薬についても指摘する。 「痛み止めとして処方されるロキソニンも、家族が処方されたものを使う人もいるのですが、困りものです。 腎臓病や、高齢者で心不全の人が痛み止めを使うと、症状が悪化することもある。 心不全増悪因子の1つなんです。 ロキソニンはここ数年で一気に広がりましたが、なかには定期的に飲んでしまう人がいる。 実は解熱作用もあるので、感染症などの発熱も抑えてしまうこともあります。

次の

新型肺炎コロナウィルス対策その2「ちょっと待って抗生物質!」

新型 コロナ 抗生 物質

中国・武漢の赤十字病院で治療を受ける男性(写真/AFP=時事) 新型コロナウイルスの感染で持病の有無が重症化するかのカギを握っていることを示唆するデータがある。 WHOと中国を含む25か国の専門家が2月25日付でまとめた報告によれば、中国での新型コロナウイルス感染者のうち、併存疾患がない人で死亡したのは1. 4%にとどまった一方で、心・血管系疾患のある感染者では13. 2%が、糖尿病を抱える感染者では9. 2%が死亡していた。 さらにそれに続いて、高血圧を患っている感染者では8. 4%が死に至っていたのだ。 こうした持病とともに注意しなくてはならないのが、服用している「薬」の影響である。 重症化リスクが指摘される「免疫抑制薬」は、その名の通り免疫を抑制する薬で、手術後に身体が免疫反応で炎症を起こすことなどを防ぐ。 銀座薬局代表薬剤師の長澤育弘氏が解説する。 「免疫とは、人間の体内に侵入するウイルスなどの異物に抵抗し、生命活動を維持する働きのことです。 ウイルスに感染した人が免疫抑制薬を服用していると、体内で増殖するウイルスを抑制する働きが低下するため、結果としてウイルスが増えて重症化する可能性があります」 免疫を抑制するはたらきを持つ薬は、幅広い疾患に対して処方されることがある。 「骨折などで強めの炎症が生じた場合や、痛風やリウマチを患った人が痛み止めとして飲むことの多いステロイド(プレドニゾロンなど)には、免疫を抑制する効果があります」(長澤氏) もうひとつ重症化リスクが指摘されているのが「抗がん剤」だ。

次の

新型肺炎コロナウィルス対策その2「ちょっと待って抗生物質!」

新型 コロナ 抗生 物質

新型コロナウイルスの感染で持病の有無が重症化するかのカギを握っていることを示唆するデータがある。 WHOと中国を含む25か国の専門家が2月25日付でまとめた報告によれば、中国での新型コロナウイルス感染者のうち、併存疾患がない人で死亡したのは1. 4%にとどまった一方で、心・血管系疾患のある感染者では13. 2%が、糖尿病を抱える感染者では9. 2%が死亡していた。 さらにそれに続いて、高血圧を患っている感染者では8. 4%が死に至っていたのだ。 こうした持病とともに注意しなくてはならないのが、服用している「薬」の影響である。 重症化リスクが指摘される「免疫抑制薬」は、その名の通り免疫を抑制する薬で、手術後に身体が免疫反応で炎症を起こすことなどを防ぐ。 銀座薬局代表薬剤師の長澤育弘氏が解説する。 「免疫とは、人間の体内に侵入するウイルスなどの異物に抵抗し、生命活動を維持する働きのことです。 ウイルスに感染した人が免疫抑制薬を服用していると、体内で増殖するウイルスを抑制する働きが低下するため、結果としてウイルスが増えて重症化する可能性があります」 免疫を抑制するはたらきを持つ薬は、幅広い疾患に対して処方されることがある。 「骨折などで強めの炎症が生じた場合や、痛風やリウマチを患った人が痛み止めとして飲むことの多いステロイド(プレドニゾロンなど)には、免疫を抑制する効果があります」(長澤氏) もうひとつ重症化リスクが指摘されているのが「抗がん剤」だ。 「抗がん剤は、ほかの細胞に比べて何倍ものスピードで分裂するがん細胞の増殖を強い作用で抑え込みます。 このため抗がん剤を服用すると、白血球やマクロファージといったウイルスを撃退する免疫細胞の分裂まで抑え込んでしまい、結果的にウイルスが増殖して重症化しやすくなると考えられます」(長澤氏) こうしたリスクが指摘される薬を服用している人が取るべき対応について、長澤氏はこう強調する。 「患者が自己判断で薬の服用をやめることは、絶対にやってはいけない。 何か不安があれば、どう対応すればいいのか、まずは主治医に相談してください」 その一方で、新型コロナウイルスと対峙するにあたって「飲まないほうがいい薬」も存在する。 感染の初期症状が風邪の症状と似ていると聞くと、「抗生物質」が有効と考える人がいるかもしれないが、予防や治療に効果はなく、むしろ体調悪化を招く懸念があるのだ。 「そもそも抗生物質が効くのは細菌に対してであり、ウイルスには効果がありません。 むしろ抗生物質の副作用で下痢の症状が出たり、胃が荒れたりする可能性があります。 この機会にウイルス性の風邪にも抗生物質は効かないことを覚えてほしい」(長澤氏) 持病、服用薬と重症化リスクの関係をしっかり頭に入れることが肝要となる。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の