アジサイの剪定の仕方。 アジサイの剪定

カシワバアジサイの剪定方法

アジサイの剪定の仕方

アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木と剪定はセット? アジサイを増やすには剪定で切り取った枝を使って挿し木にするのがおすすめです。 そのため、剪定と挿し木を一緒に行えば、効率的にアジサイの栽培が楽しめますよ。 アジサイ 紫陽花 に剪定が必要な理由は? アジサイに剪定が必要な理由は、育てるスペースがない、植木鉢よりも大きくなった、など人間側の都合が悪くなるためです。 もともと、アジサイは剪定をしなくても問題はありません。 ただし、観賞用としてアジサイを育てている以上、飾っている場所の雰囲気や樹形を意識する必要が出てきます。 アジサイを剪定するときには、切り取る時期と方法に注意して、好みの樹形に整えてくださいね。 アジサイ 紫陽花 の増やし方!挿し木のコツは剪定した枝を使うこと アジサイは、挿し木で簡単に数が増やせる植物です。 挿し木でどんどん数を増やしていきたい方は、剪定で切り取った枝を利用するのがおすすめです。 剪定後の枝を再利用できるだけではなく、花芽がついた枝ならば、翌年花を咲かせてくれるかもしれません。 土に植える• 6~7月頃、剪定した枝を10~15cmほどに切り揃える。 葉っぱは2枚ほど残して、他の葉は全て切り落とす。 切り口をナイフやカッターで斜めに切って、枝全体も7〜8cmにする。 水を入れた容器に1〜2時間ほど切り口を浸す。 赤玉土(小粒)を入れた容器に指や割り箸で穴を空ける。 枝が2~3cmほど埋まるように挿す。 土が乾燥しないよう水やりをして日陰で管理する。 1〜2ヶ月後、十分に根が生えたら一回り大きな鉢や地面に植え替える。 この際、挿し枝を植え付けるタイミングで発根剤を切り口につけると発根しやすくなりますよ。 水挿し アジサイの剪定した枝を水挿しで管理するときは「土に植える」の4番目までは同じ作業をします。 その後、毎日水を入れ替えていれば根が生えはじめます。 十分に発根したら、遅くても9月までには土を入れた鉢か庭に植え替えてください。 アジサイ 紫陽花 のベストな剪定時期と方法は? 6~9月中旬、花が咲き終わってからがアジサイの剪定の適期です。 花が枯れ、花色が色あせてきた頃、花のすぐ下を切り落としましょう。 剪定のポイントは「新芽」が出てくるところを残しておくことです。 10月頃になると次の年に咲かせる花の芽が枝にできはじめるので剪定は控えてください。 翌年の花数が減ってしまいます。 基本剪定 アジサイには、その年に伸びた新しい枝に翌年花芽をつけない性質があります。 そのため、上から1節目は花を咲かせる可能性が低いので、花のすぐ下に生えている1節目の下を花ごと切り取りましょう。 葉っぱや茎は翌年花を咲かせるために必要なので、そのまま残しておきます。 少し花数や枝を減らしたいときは、「内向きの枝」「下向きの枝」「伸びすぎている枝」「細い枝」を選んで、付け根から切り取ってもかまいません。 風通しがよくなって病害虫の被害が減らせますよ。 全体的に小さく(短く)したい 長年アジサイを育てていると、鉢や庭のスペース以上に生長することがあります。 そんなときは基本剪定でボリュームを減らしつつ、さらに1〜2節分を短く切り落としてください。 注意しておきたいのは枝の色が緑色の所で切り落とすという事です。 茶色の古い枝から切り落としてしまうと翌年は花が咲かないので気を付けてみて下さい。 ゼロから育て直したい(強剪定/切り戻し) アジサイが大きく育ちすぎて、基本剪定などで樹形が整えられないときは、株元近くまで枝を剪定する「強剪定」や、太い枝を途中から切って短くする「切り戻し」と呼ばれる作業をしましょう。 ただ、強剪定をすると次の年は花が咲かないことが多いので、枝や芽を生長させる1年になることを承知のうえで取り組んでくださいね。 葉っぱが枯れ落ちた冬の時期が適期です。 以前に強剪定をしたなら、3年は間をあけてください。 一番下の節目だけを残して、全ての茎を切り取りましょう。 全体の枝が株元から約10~15cmの高さにそろうイメージです。

次の

アジサイ(紫陽花)の正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

アジサイの剪定の仕方

アジサイ 2017. 20 2019. 13 minami アジサイにぴったりな植木鉢!アジサイの育て方からかんたん剪定まで 鉢植えでアジサイを育てよう! 庭に落ち着いた佇まいと風情あるシーンを演出・・梅雨のうっとうしさを忘れさせてくれる、しっとりとした美しさ・・そんなアジサイの原風景はもちろんアジサイの一番美しい姿 ですが、アジサイの魅力はそれだけにとどまりません。 目を引くカラーバリエーションや華やかで繊細な花が続々と生まれ、季節がぴったりとはまる「母の日」では、カーネーションをすでに出荷数で上回る人気の鉢花になっています。 また、アメリカ生まれの品種の中には、アジサイの常識とかけ離れた、暑さに強く、乾燥を好む品種も登場してきて、アジサイの魅力は高まるばかりです。 本記事では、そんなアジサイの魅力や育て方、アジサイに最適な植木鉢を厳選してご紹介します。 アジサイってどんな花? アジサイとは アジサイは日本の自生種で、万葉集にも登場する古くからなじみのある植物です。 日本固有のヤマアジサイが江戸時代末期から明治にかけてシーボルトによってヨーロッパに渡り、改良されて里帰りしたのが西洋アジサイ(ハイドランシア)です。 実は「七変化」ともよばれるアジサイは、花色が変わることが心変わりを連想させ、古い考えの社会ではあまり好まれてこなかった歴史があります。 華やかな花への転身が、そんなアジサイにも明るい光を与えてくれたといえます。 アジサイの特徴 アジサイは11月~3月上旬頃まで休眠状態で越冬し、暖かくなる3月半ばから葉を生長させ、5~7月に開花し、花を枯らして9~10月には来年の花芽をつくる準備に入るというライフサイクルを送っています。 アジサイの一番の特徴は、土の酸度によって花色が変化することです。 もともと花色が気に入って買ったのに、ブルーがピンクになってしまったという話をよく耳にします。 鉢栽培では土や肥料を工夫することで、簡単に酸度調整ができ、花色がコントロールできます。 庭植えでは、そばにある他の植物にも配慮が必要になりますが、鉢栽培では気兼ねなく調整することができるのです。 アジサイの品種 アジサイは大きく5つの系統に分けられます。 中央の細かな両性花を装飾花が囲むように咲くガクアジサイと、両性花が装飾花になっているテマリアジサイがあります。 固有種も多く、花も光沢のない葉も小さめです。 鮮やかなカラーバリエーションとがっちりした草姿で、初心者にも育てやすい系統です。 暑さ寒さに強く、他のアジサイとは全く違った性質です。 花期も長く、初心者にもおすすめです。 円錐状の花はボリュームがあり、アジサイには珍しく日当たりと乾燥を好みます。 よい香りをもつ品種もあります。 初心者必見!アジサイの正しい育て方 アジサイの選び方 鉢栽培では、日照条件や生育環境についてはクリアできることも多いです。 アジサイは品種によって雰囲気が全く違いますので、花や木姿の好みを最優先して選びましょう。 4月になると、店頭にたくさんの花鉢が並び、花を見てじっくり選ぶことができます。 農家さんの努力の結晶ですので、その大きさの花が咲くようになるには多少年数がかかるかもしれませんが、つぼみの分は咲きそろうはずです。 つぼみをたくさんつけた、しっかりとした枝葉の株を選びます。 また、枝ぶりも大切です。 横にも張り出したまとまりのある株は、花や葉にまんべんなく日が当たるだけでなく、葉がない時もきれいです。 枝先の剪定が続きますので、樹形は案外大切です。 アジサイの置き場所 梅雨時期に咲くためか、日陰を好むイメージがありますが、基本的には日当たりを好みます。 耐陰性があり、木の下や明るい日陰でも育つといわれるガクアジサイやヤマアジサイ、ハイドランシアも日に当てないと花つきや花色が悪くなります。 強い光が苦手なこれらの系統は、強い夏の日差しには当てないように管理しましょう。 また、耐寒性がやや弱く、寒地での栽培が心配なヤマアジサイやセイヨウアジサイも、寒風に当てないように管理すれば、問題なく育てることができます。 アジサイの水やり 鉢栽培では、乾燥させないように、表土が乾いたらたっぷり与えます。 アジサイは、水を好む植物です。 土が乾きすぎると、生育や花つきがに影響が出ます。 夏の乾燥期は、しっかり水を与えましょう。 セイヨウアジサイ(ハイドランジア)やアナベル、カシワバアジサイは蒸散作用が活発で、水が切れるとすぐにしおれてしまいます。 とくにカシワバアジサイは、乾燥するとすぐに枯れこむので、水切れしないように注意しましょう。 乾燥防止には、腐葉土などでマルチングすることもよい方法です。 アジサイの肥料 冬と花後には肥料を与えます。 休眠期の11~2月の肥料は、春に葉を展開するためで、花後の7~9月は来年の花芽をつくるための肥料です。 置き型肥料を与えるか、2週間に1回液体肥料を与えます。 ガクアジサイはPHによる花色の影響が強く、雨の多い日本では弱酸性土壌になり青花になります。 花の色を保つには、肥料や土壌を工夫します。 赤やピンク花には、チッソ、リン酸分が多い肥料を使ったり、土を中性や弱アルカリ性にする木炭、石灰を混ぜる方法があります。 青花には、カリ分の多い肥料を使ったり、土を酸性にするためにピートモスを混ぜる方法があります。 赤花アジサイ専用肥料や青花アジサイ専用肥料などを使えば、肥料のついでに酸度調整もできて便利です。 育て方のポイント• 乾燥し過ぎないように注意しましょう。 花後には剪定をして植え替えをしましょう。 夏の強光線には当てないように注意しましょう• 専用肥料を使って、花色を調整しましょう。 アジサイのかんたん剪定 アジサイの剪定方法 アジサイの花を来年も楽しむためには、「剪定」も大事な作業です。 やらなければいけないの?どこを切るの? この記事では、そんな剪定のわずらわしさを解決する、アジサイの剪定方法についてお伝えします。 来年の開花を楽しめるように アジサイは剪定しなくても翌年には花が咲く植物なので、実は剪定はどうしてもやらなければならない作業ではありません。 でも、ドライフラワーになった花をずっと見ているのもむなしいものですし、花をカットした場所の根元から新しく展開する葉の先には高い確率で来年花が咲きます。 またカットすることで、隠れた葉や新しい葉芽にもしっかり光が当たるので、株も元気に育ちます。 株を大きくしたいか、コンパクトに育てたいかにかかわらず、花が終わったらなるべく早く花をカットすることは同じです。 カットする位置は花の2枚下や4枚下といわれますが、そんなに難しく考えず、終わった花から順番に花首だけをカットしていっても、すぐにぷっくりとした芽を容易に見つけることができるので、そのときに芽よりも上の部分をカットすればよいのです。 剪定時期は、花芽の作られる時期によって異なります。 一般のアジサイは前年の夏に花芽を作ります。 以下の剪定時期の目安を参考にしてください。 ハイドランシア 9~10月に花芽の準備がはじまるので、8月上旬までに終わらせます。 ヤマアジサイ 8月には花芽の準備がはじまるので、7月いっぱいには剪定を終わらせます。 アナベル 春に伸びる新芽に花芽ができます。 古い枝の節から新芽が出るので、11~12月に株元近くでバッサリと剪定することも出来ますが、1~2年目は30cmほど残して剪定すると安心です。 芽の数が増えるとその分、花自体は小さくなります。 カシワバアジサイ 花が大きく体力を消耗します。 花穂のカットは花後早めに行い、8月いっぱいには終わらせます。 アジサイに最適な植木鉢とは 鉢植えの場合、まず置きたい場所とその場所に合うポットを決めてから花を選ぶことをおすすめしていますが、アジサイの場合は4月中旬から5月初旬の比較的短期間にいろいろな花に出逢うことができるので、先に花を購入することも多いのではないでしょうか。 アジサイはどんなにきらびやかな花姿の種類でも、何となく和の趣が残っているので、選んだ植木鉢によって和風にも洋風にも仕上げられ、その意味では植木鉢のはたす役割も大きいと言えます。 アジサイは根があまり大きくないので、体のわりに小さく、浅いと感じる植木鉢でもよく育ちます。 深鉢である必要はありませんので、口径と高さが同じサイズである「標準鉢」の形状でかまいません。 また、アジサイは水を好むので、置き場所によっては通気性や排水性がよいことが長所である素焼き鉢よりも、釉薬を施した水持ちの良い植木鉢の方が向いている場合もあります。 アナベル(アメリカアジサイ)は華やかでボリューム感があり、高さのある鉢に入れると花が強調されてお洒落です。 アジサイにぴったりな植木鉢ランキング.

次の

カシワバアジサイの育て方

アジサイの剪定の仕方

鉢植えの植え替えは花後に• 株元の乾燥に気をつける• その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 要するに、今年伸びた枝に花芽が付くとしたら翌年の秋、そして花が咲くのは翌々年ということになります。 こういう昨年の枝に花芽がつくものを「2年枝に花が付く」といいます。 高温時期は花芽ではなく葉芽が出ます。 剪定(せんてい) 剪定する前に アジサイの剪定は「来年も花を咲かせるため」「元気に育てるため」に必ず必要なことではありません。 毎年花を楽しみたければ、理屈だけでいうと剪定しないのがいちばんです。 ただ、年々大きくなってスペースをとり、花の咲く位置も高くなるので、株の大きさを一定に維持するために剪定を行います。 慎重に行う二段階の剪定 剪定にも色々な方法がありますが、来年も花を楽しむために失敗が少ないのは2段階の剪定です。 まず1度目の剪定は花後すぐで、花が咲き終わった後、花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰めます。 小さくまとめたい場合は、もう短く切り詰めてもかまいません。 二度目の剪定は秋の初めです。 1度目の剪定の後、切ったすぐ下の芽が伸びて、新しい枝になります。 ちょうどそのひとつ下の葉の付け根に翌年咲く花芽ができるので、その上で切り詰めます。 一気に決める、一段階の剪定 2度も剪定するのが面倒な場合、花後すぐに花の咲いていた枝を、花が咲かなかった枝との分岐点で切り落とします。 単純に言うと、「花の咲いた枝は切って、今年花の咲かなかった枝を残す」ということです。 その他 全体を小さく仕立て直したい場合は、すべての枝を株元近くで切り戻すようにします。 一部の枝だけ短く切り戻してもそこから芽が出てこないことがあり、かえって樹形がおかしくなることがあるからです。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 注意点 翌年咲く花芽は10月頃に完成しており、準備万端で冬に備えています。 後は翌春に芽を吹いて花を咲かせるだけです。 ですから、9月中旬以降に、枝が邪魔になったからとばっさり切り戻すと、翌年の花ごと枝を切り落とすことになります。 どうしても切りたい場合は、葉の付け根にふっくらとした花芽が確認できるようになってから行います。 日当たり・置き場所 日当たり~半日陰の場所でよく育ちます。 ただし、西日の当たる場所では乾燥して葉が焼け傷んでしまうことがあります。 また、紅色に発色するガクアジサイなどは日照不足になると色が付かずに白っぽい花になってしまいます。 耐寒性は十分ありますが、乾いた寒風に当たると枝や芽が傷んでしまうので気をつけましょう。 もともと水を好みますが、これは土壌だけでなく空気中の湿度も当てはまります。 あまり空気が乾燥する場所ではよく育たないです。 水やりと肥料 水やり 水を好む植物で、乾燥すると生育がてきめんに悪くなります。 地植えで適湿地に植えている場合、真夏に日照りが続く場合を除き、ほぼ自然の雨だけで生長します。 日当たりがよく乾きやすい場所では、株のまわりに敷きワラなどマルチングをおこなう方がよいでしょう。 適湿と同じくらい、水はけのよいことも大切です。 じめじめした水はけの悪い場所は適していません。 鉢植えは地植えに比べると乾きやすいので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えるようにします。 夏は特に乾燥に気をつけないと株が枯れてしまうことがあります。 肥料 肥料は冬と夏~初秋に行います。 冬の間に与える肥料は、春に新しい葉を広げて花を咲かせるまでをしっかりと支えるためで、穏やかに長く効くタイプの物が適しています。 夏~初秋の肥料は新芽を大きく育てるためです。 秋に花芽ができるまでのやや短期間で生長させなければいけないので、速効性のものが適しています。 具体的には冬は油かすと骨粉を混ぜた物を株元に与えます。 夏~初秋は速効性の化成肥料を与えるか、10日に1回程度液体肥料を施します。 適した土 水はけのよい土を好みます。 赤玉土6:鹿沼土3:ピートモス1の割合で混ぜた土を用います。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、アルカリ性の土質ではピンク色や紅色になります。 植え替え・植え付け 庭植えでは植え替えの必要はありません。 鉢植えの場合は、根がきちきちに張って根づまりを引き起こすので1年に1回、花が終わった7月下旬頃におこないます。 苗の植え付けは厳しい寒さが過ぎる3月中旬以降か、梅雨に入る6月頃が適しています。 落葉樹は冬に植えることが多いですが、アジサイは枝が軟らかくて寒さで傷みやすいため、厳寒期は避けた方が安全です。 ふやし方 挿し木でふやすことができます。 適期は6月上旬頃で、花の付いていない枝の先端を15cmくらいに切り取り、砂を入れた鉢などに挿します。 1ヶ月くらいで根がでてきますがそれまでは直射日光はできるだけ避け、半日陰の場所に置くようにしましょう。 まだ花をの付いていない枝を2~3節ごとに切ります 2. 土にさす部分の葉をとりのぞき土に挿します かかりやすい病害虫 害虫:ダニ類 アブラムシ 病気:腐敗病 関連する植物•

次の