三菱 日立 パワー システムズ 野球 部。 三菱日立パワーシステムズ硬式野球部出身のプロ野球選手一覧

三菱日立パワーシステムズ

三菱 日立 パワー システムズ 野球 部

日立製作所が撤退する三菱日立パワーシステムズの呉工場 火力発電所のボイラーなどを製造する呉市の三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)呉工場の名称から今春、「日立」の文字がなくなる。 三菱重工業の完全子会社になり、共同出資する日立製作所が撤退するためだ。 工場設立から日立と共に歩んだ60年余りの歴史に幕が下りる。 MHPSによると新たな社名は検討中。 現時点で、呉工場の人員の規模や事業内容を変更する計画はないとしている。 呉工場は業界の再編にもまれながらも「日立」の文字を刻み続けてきた。 1959年、発電や産業用のボイラーなどを造る日立製作所呉分工場として旧海軍工廠(こうしょう)跡地に誕生。 61年に日立製作所呉工場となった。 茨城県日立市から多くの人が転入し、呉の街に茨城弁が飛び交ったという。 64年、工場は日立ボイラとして分離独立。 翌65年にバブコック日立と合併し、同社の工場になった。 2014年に大きな転機が訪れる。 世界大手に対抗するため三菱重工が65%、日立が35%を出資して火力発電設備事業を統合。 MHPSが発足し、バブコック日立と合併して現在の形となった。 三菱重工は今春にも、日立から株式を譲り受けてMHPSを完全子会社にする。 MHPS発足前に日立側が受注した南アフリカ事業の工期の遅れと損失の発生がきっかけになった。 最近は二酸化炭素の排出が多い石炭火力に逆風が強まり、ボイラーの受注は減少傾向だが、MHPSは「設備の更新やメンテナンスの需要を取り込みカバーする」としている。 インバウンド(訪日外国人客)の獲得に向けて誘致を進めてきた市が、不動産開発のdhp都市開発(大阪市)など3社のグループと土地譲渡の... 現地の行政から承認を得られないケースが多... 同製鉄所や関連、協力会社の雇用の維持や再就職の支援が目的...

次の

SUBARU 運動部|硬式野球部

三菱 日立 パワー システムズ 野球 部

三菱重工業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は15日、三菱重工長崎野球部(長崎市)とMHPS横浜野球部(横浜市)の統合を発表した。 新チームはMHPS野球部として横浜市を本拠地とし、来年1月に始動する。 三菱重工長崎野球部は1918年に創部し、選手25人を抱える。 社会人野球の都市対抗野球大会で準優勝2回、2001年の社会人野球日本選手権大会では優勝した。 MHPS横浜野球部は64年に三菱重工横浜野球部として創部し、選手は21人。 2014年に三菱重工業と日立製作所の火力発電事業を統合した新会社「三菱日立パワーシステムズ」(横浜市)が発足した際にチーム名を変更した。 三菱重工業広報部によると、三菱重工長崎野球部の選手の約6割がMHPSの社員。 一つの会社の社員が二つの野球部に分かれているよりは、統合してより強いチームを目指すべきだと判断したという。 三菱重工長崎野球部の選手らは随時、横浜市に移る。 活動拠点の三菱球場(長崎市)は当面は維持する方針だが、今後、利活用を検討していくという。

次の

【球界ここだけの話(2005)】プロ野球開幕でスカウトも動く、JR東日本のドラフト候補トリオに注目

三菱 日立 パワー システムズ 野球 部

日立製作所が撤退する三菱日立パワーシステムズの呉工場 火力発電所のボイラーなどを製造する呉市の三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)呉工場の名称から今春、「日立」の文字がなくなる。 三菱重工業の完全子会社になり、共同出資する日立製作所が撤退するためだ。 工場設立から日立と共に歩んだ60年余りの歴史に幕が下りる。 MHPSによると新たな社名は検討中。 現時点で、呉工場の人員の規模や事業内容を変更する計画はないとしている。 呉工場は業界の再編にもまれながらも「日立」の文字を刻み続けてきた。 1959年、発電や産業用のボイラーなどを造る日立製作所呉分工場として旧海軍工廠(こうしょう)跡地に誕生。 61年に日立製作所呉工場となった。 茨城県日立市から多くの人が転入し、呉の街に茨城弁が飛び交ったという。 64年、工場は日立ボイラとして分離独立。 翌65年にバブコック日立と合併し、同社の工場になった。 2014年に大きな転機が訪れる。 世界大手に対抗するため三菱重工が65%、日立が35%を出資して火力発電設備事業を統合。 MHPSが発足し、バブコック日立と合併して現在の形となった。 三菱重工は今春にも、日立から株式を譲り受けてMHPSを完全子会社にする。 MHPS発足前に日立側が受注した南アフリカ事業の工期の遅れと損失の発生がきっかけになった。 最近は二酸化炭素の排出が多い石炭火力に逆風が強まり、ボイラーの受注は減少傾向だが、MHPSは「設備の更新やメンテナンスの需要を取り込みカバーする」としている。 インバウンド(訪日外国人客)の獲得に向けて誘致を進めてきた市が、不動産開発のdhp都市開発(大阪市)など3社のグループと土地譲渡の... 現地の行政から承認を得られないケースが多... 同製鉄所や関連、協力会社の雇用の維持や再就職の支援が目的...

次の