グーグルアドセンス 合格。 ブログ必須のグーグルアドセンス審査はコロナで停止中でも合格できる

【グーグルアドセンス合格方法】3つのコツをつかんで1発合格!

グーグルアドセンス 合格

グーグルアドセンスの審査後の流れや初心者が迷う広告ユニットの説明、今後気を付けてほしい ブログで絶対にやってはいけない事について詳しく解説していきます。 僕もアドセンスを扱い始めた当時の事を考えると、迷った覚えがあります。 そんな僕も初心に戻り、グーグルアドセンス審査に合格したての方に向けて、グーグルアドセンスの審査後の流れや手順・注意点をお伝えしていきます!• Googleアドセンス ホームページにアクセス• チュートリアルを受ける• 広告ユニットを作成• 自分にブログに広告貼り付け ちなみに、審査用のコードは審査時に詳細設定のhead要素に審査コードを貼り付けたと思いますが、審査後はそのまま置いておいてもいいですし、外しても構いません。 外観をクリックする• テーマ編集をクリックする• 右のメニューから「header. php」(テーマヘッダー)をクリックする それで、表示される文字列の中から「」を探します。 「」が見つかったら、その下が指定のコードを貼り付けた位置になります。 最後に「ファイルを更新」をクリックします。 広告ユニットは何を選べばいいの?種類はどんなものがある? の記事でも解説しましたが、ここではそれ以外の種類についても触れていきます。 関連コンテンツ 「関連コンテンツ広告」はブログ内の関連記事に広告が紛れて表示される「ネイティブアド」と言われる以下のような広告ですね。 記事下に設置することが多く、ある程度のトラフィック量がないと使うことができません。 しかし、クリック率が大きく上がるので使える人はオススメです。 「関連コンテンツ」を入れただけで クリック率が0. 記事を自動で判別して「テキストの色」「フォント」などのデザインを最適化して表示してくれます。 2017年から追加された新機能で、サイズとデザインがレスポンシブルな広告みたいな感じです。 でも解説しています。 リンクユニット テキストのみなので広告感は非常に強いです。 キーワードをクリックした後でもう1回広告をクリックしないといけないので、一見煙たがれたりもしますが、実際使ってみると、クリック単価がめっちゃ高くなったりもします。 スマートプライシングという「クリック後の成果によってクリック単価が上下するシステム」があります。 リンクユニットを使うことでクリック単価を上げることができるので、クリック率とクリック単価の調整には使えると言えます。 検索向けアドセンス サイト内検索をした人に向けてアドセンス広告を表示できる「検索向けアドセンス」。 サイト内検索に使うURLはいくつか指定できるので、自分のブログ内だけではなく、特定のグループ内でのみ検索するということも可能です。 使い勝手があまりよくないので、おすすめはできないですね。 全画面系の広告 Googleでは認められた人だけ使うことのできる広告があります。 それがアンカー広告(オーバーレイ広告)と全画面広告(インタースティシャル広告)です。 アンカー広告(オーバーレイ広告)はスマホでスクロールしても画面の一番下にずっと追従してくる広告のことです。 常に広告が表示されているのでクリック率はとても高いものの、誤クリックが起きやすく、単価が下がりやすい傾向もあります。 全画面広告(インタースティシャル広告)はブログ全体に表示される広告のことで、アクセスと同時に広告を全画面に表示するタイプの広告です。 クリック数も単価もとても高いですが、めちゃくちゃ邪魔なのでアクセスした人からは確実に嫌われる広告ですね。 ゲームの発売間近にゲーム系のブログで使われたり、一部のジャンルでよく使われますね。 でサイズや内容を画像付きで解説しています。 アドセンス審査後も注意!ブログでやってはいけない事とは アドセンス広告のやってはいけない基本的なNG事項は、• 自分でクリックしてはいけない• ユーザーにクリックをお願いしてはいけない さらに、アドセンス設置で気をつけなければいけない事は下記になります。 子供に見られても平気な事• 広告である事を分かりずらくする事• クリックするように促す事 あとは、違法行為や犯罪行為を助長する内容はダメですね。 もちろん、アダルト系やギャンブル系もダメです。 ブログに訪れてくれたユーザーがそれを(アドセンス)広告だと容易に認識でき、かつ自発的にクリックするようにしなければなりません。 水着の画像は平気? アドセンスの公式ヘルプ(規約について書かれたページ)には 「性的欲求を刺激するコンテンツ」はダメだと書かれています。 水着の写真だってそれに当てはまるといえば当てはまります。 家族で海水浴に行ってきた写真には「性的欲求を刺激する」意図など微塵もないかもしれませんが、それを判断するのはあくまでGoogle側です。 著作権を侵害したコンテンツはダメ? ディズニーのキャラクターを無断で掲載する事は著作権の侵害です。 商用目的で運営しているブログ(サイト)に写真を使ってはいけないと定められているからです。 数あるキャラクターの中でもディズニーは著作権侵害を厳しく取り締まっている事が知られています。 なので、たとえ個人で撮影したものでも絶対にアドセンスのブログ内では控えるようにしましょう。 YouTube動画は埋め込んでいいの? 始めに言っておくと、 著作権で保護されている物はダメです。 そもそも各動画投稿サイトには著作権侵害の違法アップロード動画ありますが、そういう動画を埋め込むのは当然アウトです。 それを知らなかったとしても、アウトになってしまいます。 公式チャンネルの動画を埋め込むようにしていきましょう。 ギャンブル関係は違反になる? 公営ギャンブルとパチンコ・パチスロは大丈夫と言われています。 公営ギャンブルとは国から法律で認められた「賭け事」のことです。 それが以下の4種類になります。 4つの公営ギャンブルとは• オートレース パチンコとパチスロは公営ギャンブルには含まれません。 表向きはどちらもギャンブルではなくゲームセンターと同じような遊戯という位置だそうです。 実際、アドセンスを掲載したパチンコやパチスロの攻略法ブログが多数あります。 オンラインギャンブルや違法賭博は? アカウント剥奪に繋がるようなギャンブルはと言うと、オンラインギャンブルや違法賭博になります。 オンラインギャンブルとは、ユーザーが現金を賭けて現金や商品を獲得する機会を与える賭け事の種類(またはそれらのサービスを提供するサイト)の事です。 オンラインギャンブルで行われるギャンブルには、カジノや麻雀などがあり 「オンラインカジノ」といった名称で呼ばれています。 こうしたオンラインギャンブルの話題や、それに類するサイトを紹介(リンク)するブログ(サイト)への アドセンスの掲載も禁止されています。 市販薬と処方箋はどうなの? 医師による処方箋が必要な処方薬の販売やオンライン薬局であったり、そこへリンクしているページには掲載できません。 危険ドラッグ、脱法ドラッグ、麻薬などに関連するコンテンツももちろん違法ですので禁止です。 絶滅危惧種を使った商品に関連するコンテンツは、国際的にも違法であり、 広告掲載は禁止されています。 ワインは大丈夫なの?他のお酒はNG? お酒・タバコ類を販売しているページや、販売ページへリンクしているコンテンツには、 Googleアドセンス広告を掲載できません。 また、過度の飲酒や、飲み比べ競争などを宣伝したり、すすめるコンテンツも禁止されています。 同様に、タバコやたばこの関連商品を宣伝したり、すすめるコンテンツもあまり良くないでしょう。 まず、タブー事項は記事に掲載しないように注意しましょうね。 せっかく審査に合格したのに、アドセンスの掲載権利を剥奪されてしまっては元も子もないですからね。 あとは、グーグルアドセンス広告の掲載位置は、• アイキャッチ下• 冒頭文下• 記事中• 記事下 に貼れば、クリック率も高い数値を維持できるので、是非参考にして下さいね。 2016年12月:月収10万円達成 2017年2月:某案件の事件にて報酬激減 2017年4月:脱サラ 2017年7月:月収120万円達成 2017年8月:月収150万円達成 2017年9月:月収230万円達成 2017年10月〜:月収200万円以上を稼ぎ続け情報発信に取り組む 2017年:年収1000万円超え! 2018年2月:月収245万円達成 2018年3月:月収275万円達成 2018年4月:株式会社設立 2018年9月〜:10記事でアドセンス一発合格のクライアント続出! 2018年10月:クライアントがたった8記事でアドセンス一発合格 2018年12月:月収825万達成(Blog・M&A・プロモーション) M&A実績:590万円 2019年3月:月収1500万円達成 2019年6月:プロモーション合計2600万円達成(マーケティング4000万超) 2020年2月:サイトアフィリエイト月商300万達成 2020年3月:サイトアフィリエイト月商490万超え達成 現在はSEO月1000万を目指しつつ仕組み化。 広告運用・DRM・コミュニティ運営を実践しながら勉強中。 YouTubeも頑張ります。

次の

Googleアドセンス審査にブログ記事4つ、pv数ほぼ0でも合格した方法|catwalk

グーグルアドセンス 合格

アドセンスに合格するなら文字数を2000文字を目安に• アドセンスに合格するならお問い合わせフォームを設置しよう!• アドセンスの合格率を高める為にプロフィールもしっかり書こう!• アドセンスの合格率を上げる為にプライバシーポリシーの設置も忘れずに!• カテゴリーは2つ程度に絞ってグーグルアドセンスに申請するべし この5つのポイントを抑えて申請したおかげか、ブログ初心者の私でも1回でグーグルアドセンスに合格することができました。 1つづつ項目の説明をしますね! グーグルアドセンスに合格するなら文字数2000文字を目安に書こう! グーグルアドセンスに合格できた時の文字数は、平均2500文字以上です。 他のブログでは、1000文字程度でもグーグルアドセンスに合格しています。 たしかに1000文字程度でも合格できるかもしれませんが、記事の内容が薄くなりそうだったので、2000文字を目安に記事を作成していました。 記事の文字数があまりにも少ないと、グーグルに内容が薄く読者の為にならない記事と判断される可能性があります。 できるだけ、2000文字を目標に記事は作成しましょう。 読者の為になる記事を作成すると意識すれば、2000文字は書けるようになります。 グーグルアドセンスの合格に必須なお問い合わせを作成しよう! グーグルアドセンスの合格率を上げるならお問い合わせフォームの作成も必ずしてください。 お問い合わせフォームを作成する事で、ブログ自体の信頼性が上がります。 グーグルはサイトの信頼性を重視しますので、サイトのの信頼性が上がる事でグーグルアドセンスに合格しやすくなります。 また、ASPの広告主から直接広告の依頼が来る場合もあります。 簡単にプラグインで設置できますので必ずやっておきましょうね。 グーグルアドセンスに合格する為に、プロフィールにも力入れる! プロフィールもグーグルが重要視するサイトの信頼性を上げるブログには必須のコンテンツです。 プロフィールがないとこのサイトは誰が書いていているのか不明ですし、その記事の情報もどこを元に作成されているのかあいまいになります。 誰が書いたか分からない記事を信頼する事なんてできませんよね。 読者と同じでグーグルもサイトの信頼性を重視するので、必ずプロフィールは設置してグーグルアドセンスに申請して下さい。 プロフィールはを参考にして見てね! グーグルアドセンスの合格率を上げるならプライバシーポリシーの設置を忘れずに! プライバシーポリシーを設置せずにグーグルアドセンスに合格した人もいます。 しかし、グーグルアドセンスに合格した時には、必ず設置する事になるのでそれならグーグルアドセンスに申請する時に設置した方がグーグルからの評価もあがり、グーグルアドセンスに合格しやすくなります。 お問い合わせフォームと同時にプライバシーポリシーも一緒に設置しておきましょう。 カテゴリーを2つ絞る事で、そのブログの専門性が上がる。 カテゴリーを多く設定しすぎると、記事が少ないと内容の薄いカテゴリーとグーグルに判断されて、内容の薄いサイトと評価されない事を防ぐ為。 1については、2つ程度のカテゴリーに絞っておけば、2つの記事に関する専門的なサイトとグーグルが評価します。 専門的なサイト=信頼性があるとなり、グーグルアドセンスの合格率が上がります。 2ついては、カテゴリーが多すぎると記事の少ないカテゴリーが出てきます。 そうすると、グーグルがこのサイトは内容の薄いカテゴリーの記事があると評価してしまします。 内容が薄い=信頼性が低いとなり、グーグルアドセンスに落ちてします可能性があります。 申請時はカテゴリーを2つ程度に絞ってグーグルアドセンスに申請してみて下さいね。 グーグルアドセンスに申請する時だけすればいいってことだね! グーグルアドセンスに合格しやすい記事数は何個? 私がグーグルアドセンスに合格した時の記事数は15記事でした。 でも、実際は記事数3つでグーグルアドセンスに申請しています。 4月はコロナウィルスで、グーグルアドセンスの審査が3週間近く長引きました。 その間に12記事作成しています。 ほかのグーグルアドセンスに合格したブロガーさんは、5記事から10記事で合格している人が多くそれぐらいは必要かなと思います。 10記事を目安に申請することをお勧めします。 あまり記事数が多くなって申請すると、もし合格できなかったらどこが原因でグーグルアドセンスに合格出来ないか調べるのが大変になるからです。 10記事ならもし合格できなかったとしても、原因を探しやすいので10記事前後で申請するのか効率的です。 グーグルアドセンスに合格するポイントまとめ• ブログの文字数は2000文字を目安に書く。 お問い合わせフォームをを設置する。 プロフィールもしっかり書き、サイトの信頼性を上げる。 プライバシーポリシーも設置する。 グーグルアドセンスに申請する時はカテゴリーを2つに絞る。 この5つのポイントを守ればグーグルアドセンスに合格しやすいです。 また、折角グーグルアドセンスに合格できたらなら、収益が上がる所にグーグルアドセンスを表示させたいですよね! グーグルアドセンスの広告をクリック率が高い場所に表示させたいならおすすめのプラグインがあります。 是非、グーグルアドセンスに合格したら利用しよう!.

次の

【AdSense】グーグルアドセンスの審査期間や合格条件は?13回も落ちたけど合格できました|こぶちゃんが来た!

グーグルアドセンス 合格

以前は、こういう基準で良かったのですが、上記でもお伝えした通り、2016年の後半くらいから、合格基準が大幅に変化しました。 2018年のアドセンスの審査合格基準• 独自ドメインブログ( WordPress)。 無料ブログは不可。 1記事あたりの文字数は最低でも 1200文字以上。 20記事以上は必要。 記事の内容は、 価値を提供できる記事内容。 (もちろん禁止コンテンツは不可) だいたい、このような合格基準になっています。 審査が不合格になった人に良くある共通点を理解しよう 実際に、20記事程度書いたけど、審査が不合格になった人もいるのではないでしょうか? 実際に当ブログにも、 「アドセンスの審査が不合格になったのですが何が原因なのでしょうか?」という相談が来ることがあります。 何人かの不合格になった審査ブログを見させていただいて、いくつかの共通的なパターンが分かりましたのでご紹介します。 <審査不合格になっている人の共通点>• 記事の内容が読む人に価値を提供できていない。 記事のタイトルが短すぎる。 記事の内容が他のサイトのコピペ記事になっている。 画像が著作権違反のものが含まれている。 文章に小見出しや改行がされていない。 カテゴリーが作成されていない。 記事がインデックスされていないで審査を出している。 アドセンスポリシー違反をおかしている。 ここら辺の部分が、不合格になっている人に出来ていないなと感じることが多いです。 記事の内容が読む人に価値を提供できていない。 確かに、日常生活の日記であれば、アドセンスの禁止コンテンツには抵触しませんが、Googleの検索エンジン的にも、おそらく無価値のコンテンツを乱立したくないというのがあらわれているのかと思います。 審査用記事の一例• 食費を浮かす方法• 物作り(工作やDIY)• スポーツの上達するサイト• 貯金のやり方• シミ抜きなどクリーニング方法 などなど、他にも色々あるかと思います。 要は、読んだ人が、 「あ〜、この記事読んでためになった!」という記事であれば、 Googleは評価するということですね。 こういった記事を20記事以上作成をして下さい。 最近アドセンスの審査に合格した人達からの話を聞いたところでは、20記事の内容は、ならべく統一感があった方が合格しやすいという印象です。 例えば、テニス系のブログであれば、20記事全て、テニスの上達やテニスの知識のための記事を書くということですね。 もちろん、記事内容のテーマがバラバラでも合格している人もいます。 記事のタイトルが短すぎる。 例えば、ペットについての記事を書く場合を見ていきましょう。 キーワードをしっかりと入れて、読者にどういう記事がわかりやすいタイトルにしましょう。 記事の内容が他のサイトのコピペ記事になっている。 審査用の記事を書く際に、他のサイトの記事をコピペしたりすると、当然グーグル側には分かります。 必ずオリジナルの記事を書いてください。 もし、仮にコピペ記事を書いていたとすれば、その記事は削除しましょう。 画像が著作権違反のものが含まれている。 著作権違反の画像を使用している場合、審査に不合格になります。 画像を入れる場合は、必ずオリジナルの画像か、著作権フリー素材を使用するようにして下さい。 著作権フリー素材は、こちらの記事の『商用利用可の無料素材サイト』をご確認下さい。 文章に小見出しや改行がされていない。 小見出しとは、このようなものになります。 小見出しのやり方は、投稿画面で、ビジュアルでこのように半角で小見出しを囲みます。 また、文章中にもしっかりと改行をするように心がけてください。 基本は、句点ごとに改行するとスマホからでも文章が見やすくなります。 カテゴリーが作成されていない。 カテゴリーは設定しないと、『未分類』になります。 基本的には、全記事、しっかりとカテゴリーを作成しましょう。 記事というのは、書いてもすぐには検索エンジンに反映されません。 (インデックスされていない) ですので、20記事以上をまとめて書いて、すぐに審査に出してしまうと不合格になるケースが多いです。 実際に20記事をまとめて書いて審査に出しても、Googleの方には4記事しかインデックスされていないという状況かもしれません。 ですので、20記事をまとめて書くのではなく、毎日1記事から2記事程度を書くとかにした方が、20記事完成した際にしっかりとインデックスされているかと思います。 その際は、審査を出す直前にも記事を書くようにしましょう。 アドセンスポリシー違反をおかしている。 記事中に、暴力的な内容や、アダルト系の内容が含まれていれば、当然ですが審査は落ちます。 必ず禁止コンテンツのガイドラインをしっかりと読み、自身の審査記事に禁止事項が含まれていないかをしっかりと確認して下さい。 メンヘラ系の内容も、もしかしたら審査記事としては落ちてしまうかもしれないので避けておきましょう。 できるだけ明るい内容の記事で、しっかりと読者さんの役に立つ記事ということを意識すれば問題ありません。 アドセンスの審査結果が長いと感じている人 Googleアドセンスの審査は、早ければ3日以内、 通常は2週間以内に合否の連絡が来ます。 もし、2週間たっても連絡が来ない場合は、 に連絡をして下さい。 また、この審査状況フォームに出しても、それでも中々連絡が来ない場合というのが実際にあります。 この場合は、とりあえず出来ることをやりましょう。 できることというのは、 とりあえず審査結果が出るまで、日々審査に出した記事を更新し続けるということです。 正直、Googleも、毎日たくさんの人が審査を出すので、まだ完全には把握しきれていない部分があるのかと思います。 確かに人によっては同じようにやっているのに受かったなどと不公平に思うところはあるかもしれませんが、この場合文句をいっていてもGoogleアドセンスの資格が取れるわけではありません。 ですので、とにかくできることとして、審査結果が出るまでは愚直に記事の更新をし続けましょう。

次の