カネカ 大阪 本社。 会社案内 / ごあいさつ・経営方針

会社概要

カネカ 大阪 本社

カネカとはどんな会社なのか 名称 株式会社カネカ(英文名称 KANEKA CORPORATION) 代表 代表取締役社長 田中 稔 設立 1949年9月1日 本社所在地• 東京本社 東京都港区赤坂1-12-32(アーク森ビル)• 大阪本社 大阪市北区中之島2-3-18 資本金 330億46百万円(2019年3月31日現在) 社員構成 従業員数 連結 10,571名 単独 3,565名 (2019年3月) 参照: 株式会社カネカは1949年に設立した会社です。 本社は東京と大阪にかまえてあります。 従業員数は連結で約1万名の企業です。 事業内容は、化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維等となっています。 工場や研究所についても全国に展開されているのが特徴です。 国内のみならず、海外にも進出しているのがカネカの特徴で、日本だけではなく世界でも戦う企業です。 関連相談• カネカの平均年収は756万円である【2019年最新】 カネカの平均年収は? 2017 2018 2019 平均年収(万円) 756 747 753 平均勤続年数(年) 17. 1 17. 0 17. 2 従業員数(人) 3485 3525 3565 平均年齢(歳) 40. 3 40. 3 40. 7 ということでした。 カネカで働く社員の平均年収についてですが、更に今年は平均年収アップしていることがわかります。 従業員数や平均年齢、平均勤続年数についてはそこまで変わっていないので、業績が好調なことが要因なのか、平均年収がアップしたということが予想できます。 高い水準の待遇を受け取ることが出来る企業であることは間違いないでしょう。 2 年収の高いハイクラス層が対象 関連相談• カネカの総合職の年収はどれくらいなのか カネカの総合職の方に年収を聞くことができたので、ご確認ください。 カネカの総合職の年収はどれくらいなのか知りたいです 株式会社カネカへの就職を考えています。 カネカの総合職はどれくらいの年収をいただくことができるのでしょうか? JobQなら実際の社員さんからの回答をいただくことができると聞いているので、もし社員さんがいらっしゃったらぜひお聞きしたいです。 まずカネカの年収は年功序列なので、年収も年齢によってかなり違って来ます。 私は新卒で入社して5年ほどですが、年収は500万円強です。 もちろん役職につけるとかなり年収も高くなるのですが、実際のところはわかりません。 カネカの総合職の年収は以上のような結果となりました。 基本的には年功序列で、入社から5年ほどで500万円くらいの年収をいただけるそうです。 カネカの年収を競合他社と比較 カネカの年収を競合他社と比較すると、以下のようになりました。 会社 年収(万円) カネカ 753 クラレ 699 旭化成 787 参照: 競合他社の年収について知りたい方は、以下の記事もご覧ください。 カネカへ転職した際の年収 カネカへ転職した場合の年収は、以下のようになりました。 給与 学歴、キャリアに応じて個別に設定します。 賞与 年2回(7月、12月) 参照: カネカへ転職した際の年収は、明確な数字が出ていませんでした。 学歴やキャリアに応じて給与が設定されているため、面接の際に自身のキャリアをアピールすると良いでしょう。 次の章で、年収についての口コミをご紹介します。 社員にカネカの年収について聞いてみた では、実際に社員にカネカの年収について聞いてみましたので、社員は実際にどのように考えているかも確認しましょう。 カネカの年収が低いと言われている理由は何ですか? カネカへの転職を検討している者です。 年齢的には第二新卒なのですが、カネカは若手社員の年収が低いということをよく聞きます。 何故、カネカの社員の年収は低いと言われるのでしょうか。 実際に、カネカで働く社員もしくは元社員の方がいらっしゃいましたら、お話を聞かせてください。 カネカの社員です。 仕事量に比ると充分な年収であると思います。 年収については満足している社員は多いでしょう。 しかし、経営幹部になったからといって年収が増えるという訳でもないようです。 残業代がしっかりと払われる等、福利厚生がしっかりとしているからこそ、一般職として仕事するほうが生活的にも恵まれることが多いという話も聞きます。 他には、若手社員の年収は同業他社と比較すると低めに設定されているそうです。 初任給は高いが、その後の若手の昇給は少ないようです。 というような回答をいただきました。 カネカの年収については社員は満足するほどの年収は頂くことができていると考えているようですね。 そして、初任給も高いというのが特徴のようですが、そこからの昇給率はそこまで良くないとのことでした。 ただし、平均年収を確認する限りですと、高い水準の年収をいただけるのは確かなので、働きがいのある会社であることは間違いないです。 大卒と院卒では年収はどれくらい変わるのか 引き続き、カネカの社員の年収について確認しました。 大卒と院卒とでは年収はどのように変わるのでしょうか、確認してみましょう! カネカ社員は院卒と大卒でどれほど年収がかわりますか? 現在、大学三年生のものです。 就職先の一つとしてカネカを検討しています。 自分は理系で、大学院への進学も視野にいれているのですが、カネカは大学院卒と大学卒とでは昇進や年収に差が出ますか? 出るとすればどれほど年収に差がありますか。 院に行かずに就職をすることも検討しているので、回答お願いします。 理系研究職となると、やはり少し年収が変わってきますね。 今の制度だけで言えば、大学院を卒業した方が高い年収を期待することが出来ると思います。 例えば、院卒ですと30代で年収800万円も可能です。 一方で、大卒となれば、良くて・・・ 回答からもわかるように、カネカ社員は大卒と院卒どちらでもそれなりの額の年収を期待できますが、 更に、院卒となれば年収を期待することができそうですね。 待遇面も整っている会社ですので、働きがいのある会社であることは間違いないでしょう。 高卒と大卒の年収はどれくらいの差がある? 大卒と院卒の年収の差についてご紹介しました。 では、高卒の方と大卒の方ではどれくらいの年収の差があるのでしょうか? JobQに投稿されたQAを見ていきましょう。 カネカの年収は大卒よりも高卒の方が収入が多いって本当ですか? カネカへの就職を考えています。 高卒なのですが、給与面で待遇の良い企業に行きたくて、様々な企業を探しています。 そこで、カネカを見つけたのですが、その企業の口コミに大卒よりも高卒の年収の方が高いと言った事例があるようです。 これって本当なのでしょうか? お詳しい方いましたら、ご回答お願いします。 元カネカ社員です。 大卒よりも高卒の方が年収が高い件についてですが、おそらく本当だと思います。 私も実際に、高卒で入社したのですが、おそらく大卒の方よりも年収が高かった時期はあると思います。 高卒は他の企業と比較しても・・・ との事でした。 具体的な数字で、どれくらいの差があるかは分からなかったものの、一時は大卒の方よりも高卒の方の方が年収が高い傾向にあるようです。 安定した業績であるカネカ 2017年3月 2018年3月 2019年3月 売上高 548,222 596,142 621,043 経常利益 27,426 32,775 31,268 当期純利益 20,484 21,571 22,238 (単位:百万円) カネカの業績ですが、米国では好調であったものの、近年は特に様々な国際的な問題の影響については常に懸念しておく必要があるでしょう。 また、国外のみならず国内の経済状況の影響も加味しますが、今回のカネカの業績は海外市場を中心に新製品やスペシャリティの高い製品の拡販が順調に進んだとのことでした。 事業単位で確認すると、化成品事業や、機能性樹脂事業、ライフサイエンス事業が堅調に推移しているとのことで、今後も期待することができるでしょう。 参照: カネカの福利厚生 カネカの福利厚生は以下の通りです。 保険 各種社会保険(雇用、労災、健康、厚生年金) 福利厚生• 企業年金• 財産形成貯蓄制度• 持株会• 財形持家融資制度• 独身寮• 保養所• 希望グループ保険など 教育研修制度• 階層別教育(初任研修、昇進後研修、ベーシックスキル教育など)• 選抜教育(次世代リーダー人材など)• グローバル人材育成プログラム(海外トレーニー制度、英語・中国語研修など)• 自己開発支援プログラム(ベーシックスキル、eーラーニングなど)• 資格取得奨励金制度(資格取得に応じた奨励金支給)• 通信教育制度(受講料補助あり) 休日休暇• 昼勤務 完全週休2日制(土・日曜日)、祝日、年末年始等(年間休日121~124日)、その他年次有給休暇・慶弔休暇など• 三交替勤務 16日間につき4日の休日(年間110日)、その他年次有給休暇・慶弔休暇など 参照: 続いて、カネカの福利厚生の口コミをご紹介します。 福利厚生制度は同業他社と比べても非常に良いものが多くある。 住宅手当、通勤手当、オフィス手当など本社勤務の人には十分すぎるほどもらっていると思います。 しかし、所帯持ちなどある一定の方に対して手厚いので若手は享受できていないと思います。 カネカの年収まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、カネカの年収について確認していただきました。 カネカへ転職や就職を検討されている方は多いでしょう。 是非、転職や就職を検討されている方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

次の

会社案内 / ごあいさつ・経営方針

カネカ 大阪 本社

新たなオープンイノベーションを展開 カネカと大阪大学の共同研究がスタートしたのは2008年4月。 カネカの重点戦略分野の一つである環境・エネルギー分野における共同研究を強化するため、「カネカ・エネルギーソリューション共同研究部門」が大阪大学内に設置された。 その後、共同研究部門から規模を大きくした「協働研究所」制度の新設を機に、新たなオープンイノベーションの仕組みを構築。 カネカ基盤技術協働研究所を阪大内にスタートさせた。 「カネカは従来からオープンイノベーションに積極的な企業。 大学や他企業の技術を導入・活用する手腕に長けています」と話す。 2045年問題にも挑戦 カネカ協働研のビジョンは、「エネルギ ー・基盤技術・融合領域への挑戦」。 エネルギー分野では、「有機ELの高効率化、長寿命化技術」と「高効率新型太陽電池の開発」に取り組む。 「有機ELに関しては、LEDの光学特性に並ぶ照明用材料の開発をめざしています。 さらには、壁面など薄いところでも設置できる薄型照明や、人に優しい光などの新しい光の文化を創造したい」。 また太陽電池に関しては、「薄膜太陽電池関連技術を生かした、(新型太陽電池と呼ばれる)ペロブスカイト太陽電池・材料の研究に、工学研究科と取り組んでいます」 「基盤技術、融合領域」では、情報科学研究科、接合科学研究所、産業科学研究所などと連携。 「コンピュータの性能が人間の脳を超えると言われる2045年に、カネカが100年企業として生き残るためにも、化学・バイオ反応シミュレーションやインフォマティクスなど、ICT・情報通信分野とのつながりを深めていきたい」と力を込める。 大阪大学COIと協働した技術開発も 大阪大学センター・オブ・イノベーション(COI)における協働プログラムも進んでいる。 例えば「パッチ式ウエアラブルセンサー」。 産業科学研究所の関谷毅教授を中心に開発が進められている。 額に貼って脳波を測定しようとするもので、「頭にいくつもの電極を装着するなどのストレスが無く、子どもや高齢者にも負担が少ない。 カネカはセンサーと人体をつなぐための粘着剤を開発し(右図)、提供しています」。 貼っていても蒸れない・かぶれないよう、からだとの親和性が必要で、さらなる改良に向けた技術開発が行われている。 また現在、化学材料の開発期間が長期にわたることが、日本の化学メーカーで大きな課題となっており、「情報科学研究科や基礎工学研究科などと連携し、開発期間を短縮するプロジェクトにも本格的に取り組んでいきたい」と話す。 距離が近くフレキシブル 企業の研究部門が大阪大学内にあることについて、「日本で最もイノベーティブな大学と組めるのは大きなメリット。 コミュニケーション密度は距離の二乗に反比例すると言われますが、先生方が驚くほどフレキシブルで付き合いやすく、気軽に一生懸命相談に乗ってくれます。 またカネカ協働研のメンバーが、専門技術の高度化をめざして接合科学研究所や情報科学研究科で学び、博士号取得に取り組んでいます」という福井所長自身も大阪大学工学部出身だ。 「ものづくり」&「ことづくり」ができるリーダー育成へ カネカ協働研は将来を見据えた人材育成にも力を入れている。 「会社の組織図とは異なるバーチャルなチームを作らせ、リーダーシップを発揮する訓練を行っています。 これは、大学・会社・研究所・事業部に横串を通す協働研究所内の独自システムで、メンバーのマネジメント能力育成などが目標。 会社という大きな組織では人が歯車の一つになってしまうケースもありますが、ここではリーダーになれる。 やりがいに関しては、どこの研究所にも負けないと思っています」 現代は「ものづくり」だけでなく、「ことづくり」やソリューションへの取り組みも求められる。 「ものづくりとことづくりの両方ができる人材、化学も情報通信もわかる人材を、大阪大学の環境と資源を活用して育成していきたい」と期待を込める。 「交流会などを通じて企業同士の交流も深まりつつあります。 さらに「テクノアライアンス棟を、そして母校である大阪大学を産学イノベーションの世界的な拠点にしたいと考えています」と締めくくった。

次の

会社案内 / ごあいさつ・経営方針

カネカ 大阪 本社

本社所在地 東京本社 〒107-6028 一丁目12番32号 大阪本社 〒530-8288 二丁目3番18号 本店所在地 〒530-8288 大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号 設立 (24年) (鐘淵化学工業株式会社) 事業内容 化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、医薬品、医療機器、電子材料、太陽電池、合成繊維などの製造及び販売。 建築工法のライセンス及び建築資材の販売。 代表者 代表取締役 資本金 330億46百万円 発行済株式総数 68,000,000株 売上高 連結:6,210億4千3百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:360億4千1百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:312億6千8百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:3,607億2千6百万円 (2019年3月期) 総資産 連結:6,595億8千7百万円 (2019年3月期) 従業員数 (連結)10,571名 (単独)3,565名 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 (信託口) 5. 概要 [ ] 化成品、機能性、発泡樹脂、食品、、、、医療機器事業を営む。 また、の原料を製造しており、薬品・・など各社に供給している。 社名は前身企業である鐘淵紡績(後のを経て、)の創業地である東京都墨田区鐘ヶ淵にちなむ。 創業からまでは同地の東京工場(鐘紡に売却後閉鎖)にて化粧品と医薬品を製造していた。 (昭和24年)に鐘淵紡績より分離した鐘淵化学工業が製造・販売していたが、カネミ倉庫株式会社においてライスオイルに混入・変質し、が発生。 三井文庫の賛助会社であるの企業である一方 、(現・)が中心となって結成された企業グループ・にも加盟している。 沿革 [ ]• 1949年(昭和24年) 鐘淵紡績より分離、2億円で創立。 塩化ビニル樹脂「カネビニール」を開発。 1960年代 が発生。 2004年(平成16年) 「鐘淵化学工業株式会社」から「株式会社カネカ」に商号変更。 2016年(平成28年) セメダイン株式会社の株式を取得、連結子会社化。 旧カネボウとの関係 [ ] 「」も参照 、鐘淵紡績株式会社の企業再建整備計画の認可に基づき、同社の非繊維事業すべてを分離して 鐘淵化学工業株式会社が新しく設立された。 当時から略称は「カネカ」で、そのロゴは「カネボウ」と同一のデザインを使用。 当初は、搾油、、、類、、、電線、等きわめて多岐な事業を営んでいた。 まで、まで・類を製造販売していたが、化粧品・石鹸事業とも鐘紡本体に買い戻され両事業を手放す。 そしてプラスチック素材および化成品、食用油・食品、酵母以外の事業・製造拠点をともに順次整理して現在に至る。 現在はカネカ・・の三社間に資本関係・人的関係は無い。 コエンザイムQ10の供給に関しても、クラシエやカネボウ化粧品ではなく、両社と競合関係にあるグループと業務提携している。 事業所 [ ]• 大阪本社()• 東京本社()• 名古屋営業所()• 高砂工業所() - 主力生産拠点。 ・食品・医薬品など• 大阪工場() - 発泡樹脂製品、血液浄化システム、血管内治療機器、特殊など• 滋賀工場() - エレクトロニクス素材• 鹿島工場() - 合成樹脂製品• 研究所:高砂、大阪• 海外:アメリカ、ベルギー、ドイツ、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、中国、ベトナムなど 主要グループ会社 [ ]• :東京都品川区、機能性樹脂の加工及び販売、資本金30億5,037万5千円(カネカ51. 00%) 企業スポーツ [ ]• () - 戦前から1977年まで活動した。 広報活動 [ ] CMは、 カガクで ネガイを カナエル会社 脚注・出典 [ ] [] 注釈 [ ]• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の