コンビニ 切手 ローソン。 1円切手はコンビニで買えるの?2円切手も含め使い方などを徹底解説

コンビニに切手は売ってる? 買い方は? 郵送サービスはあるの?

コンビニ 切手 ローソン

ヤマト運輸の場合メール便がなくなったので宅配便のみになります。 宅配便の料金は東京大阪間で60サイズが 1,015円~160サイズが 2,138円となっています。 距離や大きさに応じた料金体系は、詳しくヤマト運輸のホームページで調べることもできます。 切手は 郵便物の表の左上に貼りましょう。 切手を貼るときは決まりはありませんが、相手が受け取って不快に思わないようにするというマナーがあります。 切手は乾燥していると剥がれてしまうので、しっかりと水で湿らせて貼りましょう。 またセブンイレブンで速達は送れませんが、速達を送る用に使える切手は販売しています。 切手は郵便物の重さによって料金が違い、250gまでの重さで切手代プラス280円、1kgまでがプラス380円、4kgまではプラス650円別料金がかかります。 ヤマト運輸では速達などのサービスは行っていません。 以前はメール便で速達のサービスを行っていました。 必要ならコンビニで切手を買ってポストへ投函するようにするか、郵便局に直接持ち込んでください。 ただ土日が基本的に休みの郵便局サービスと違って 宅配便はヤマト運輸なので、土日にも営業しているためコンビニで取扱もしています。 出し方として各種用紙を記入、もしくはパソコンで作ってプリントアウトしたものを貼ることで、 土日でも宅配便を送ることができます。 ちなみに郵便ポストの設置台数は2005年は約191,400本です。 コンビニの宅配便と違い速達の出し方としては切手を貼って投函するだけなので、土日も関係なく郵便物が送れるなど有効に活用できます。 ただ土日は集荷を行っていないので気をつけましょう。 集荷が土日でも行われていて、日数が確実なのがヤマト運輸の宅配便の強みです。 配達日数は 予定日を遅らせることはできますが、ヤマト運輸では速達のように 日数を早めるサービスは行っていません。 ですので、生鮮品などを送る場合は気をつけて送る必要があります。 東京~福岡間で配達日数がおおよそ2日かかります。 宅配日も料金同様ヤマト運輸のホームページで見ることができますので、スマホなどで調べてからコンビニに行くようにしましょう。 もちろんコンビニで送る際にも店員が必ずお届け日を確認するので、配達日数と共に再度了承してください。 速達も土日は配達を行っています。 以前はヤマト運輸もメール便で速達を行っていましたが、サービスの改善でメール便を廃止しました。 ヤマト運輸が行っていたメール便の速達サービスは土日も集荷と配達を行っていました。 速達は 基本的にポストに投函する必要があります。 コンビニ各店にはポストが設置されていますので、そちらに投函してください。 ポストに投函できないものはコンビニでは取り扱いができません。 速達などのサービスを利用する場合、少しサイズが大きめである街のポストか郵便局に持ち込むしか方法はありません。 また、速達の出し方として速達郵便だとわかるように 縦長の速達郵便物には右上に横に赤い線を、 横長の速達郵便物には右下に縦長の赤い線を引く必要があります。 線は横40mm以上、太さは3mm以上にすると、郵便局側にわかりやすいです。 また速達となるべく記入するようにしましょう。 またコンビニでは法律上、速達などの郵便物の重さを測ることができません。 速達などのサービスを使う場合、重さは自分で測るか郵便局に持ち込む必要があります。 速達などのサービスを使う時は切手を貼る際に注意してください。 集荷時間はポストの場合だと1日あたり4回以上集荷がありますが、ローソンなどコンビニの場合は1日2回の集荷ですので注意してください。 また土日にも気をつけましょう。 集荷時間は店舗により異なるので、スマホなどで調べてから出すようにしてください。 特に速達の場合は集荷時間が大きく影響しますので注意してください。 コンビニのポストは一般の郵便ポストと異なる取集ルートで行っている事が多いです。 特に住宅地のコンビニ店内ポストでは、周辺の通常の郵便ポストよりも遅い時刻の集荷が多く必ず確認をしてコンビニのポストへ投函してください。 集荷時間がインターネットでわかるのが、コンビニポストの大きな利点でもあります。 日本には速達専用のポストがあります。 青色に塗装されていて、現在では大都市のごく一部の地域に残るのみですがあります。 一般のポストと並べて設置されることが多いポストです。 かつては一般のポストよりも取集回数が多い速達ポストが多数あったのですが、民営化後は数を大きく減らしました。 郵便局が管理・運営をしている郵便ポストの収集作業は、委託された事業者が行っていることが多いです。 郵便物をポストから回収する時刻は、ポスト及び地区ごとに決まっています。 投函口や回収口には郵便物を集めるおおよその時間が書いてあるので参考にしてください。 ゆうパックでは 縦、横、奥行きの合計が170cm以下かつ、重さが25kg以下のものが運べます。 重さが25kg以下であれば縦、横、奥行きの合計が60cm以下、80cm以下など細かなサイズ分けがあるので、大きさに合わせて利用することができます。 ゆうパックは 最大30万円までの商品保証がついているので使いやすいです。 レターパックは A4サイズの4kg以下の大きさであれば、全国一律で360円か510円で送れるサービスです。 510円のサービスはレターパックプラスで直接相手に渡してくれるサービスで、通常のレターパックでは郵便受けに投函するサービスです。 どちらも荷物追跡機能があり郵便局の窓口受付以外にもポストへの投函ができるので、コンビニでも扱われています。 レターパックはどちらもパックの料金で現金で贈ることはできません。 またレターパックは信書も送ることができます。 信書とは個人宛書状のほか、納品書、受領書、請求書、見積書、願書や申込書に類するもの報告書の類などです。 つまり不特定多数ではなく、個人や個別法人などに宛てた書状のことです。 通常の郵便ではこれらは送ることができないとされていますので、注意してください。 ただし、現金は郵便局法上、現金書留以外では送れません。 以前詐欺などにも使われていましたがゆうパックやレターパックでは、現金は送れないことを覚えておいてください。 もちろん速達郵便でも送れません。 ファミマでは 速達郵便のサービスは行っていません。 小さな郵便物をファミマで送る場合はネコポスを活用する必要があります。 ただ、 通常の配達と同じ日数で配達されるので、速達のように日数が短めで送るサービスは行っていません。 ファミリーマート店頭で店員にネコポスを使えたい旨を伝え、申し込み用紙を記入してください。 店員がサイズを測り料金が計算されます。 その後、レジで精算をして荷物を預けることで、発送の手続きは完了です。 また申し込み用紙を店頭ではなく、家でパソコンでプリントアウトすることができます。 この場合入力操作で配送先のデータなどが記入できるため非常に便利です。 このデータはクロネコヤマトホームページからダウンロードを行うことができます。 プリントアウトした用紙を荷物に貼り付けて、ファミリーマートに持ち込むと手続きができます。 どうしてもコンビニでの集荷時間に送れてしまったが、早く宅配便を届けたい場合は郵便局の24時間対応窓口、 ゆうゆう窓口を活用してください。 特に市内の中央郵便局であれば集荷時間を過ぎた場合でも発送に間にあうことがあり、配達が早めに届く可能性もあります。 郵便局は直接集荷してくれるサービスも行っており、電話をすることでその場所まで集荷に出向いてくれるサービスです。 郵便局が遠いという場合や郵便局に行けない場合などに活用してください。 また、郵便局では速達の他、超特急郵便というサービスもあります。 札幌市内 (南区の一部を除きます。 )、東京都区内、名古屋市内、大阪市内、福岡市内 (島しょを除き、引き受けは中央区および博多区に限ります。 )といった地域で配達先と配送先が同じ市内であれば、午前中に出した書類を午後5時までに届けてくれます。 このサービスの利用は、大きさは、長さ60cm、長さ、幅、厚さの合計が90cm以内かつ、重さが、4kgまで定形郵便物、定形外郵便物でご利用可能です。 あわせて、ご利用の際には、事前にお申し込みが必要です。 また、定期に継続して差し出すことが必要です。 料金は一通822円ですが速達より早く届きます。

次の

コンビニ切手購入|重さは量ってもらえないので買いに行く前に確認

コンビニ 切手 ローソン

切手を売っている場所として一番メジャーなのは郵便局です。 郵便局に行けば必要な額の切手をすぐに買えます。 しかし、郵便局が近くにないという人もいるでしょう。 そういうときは、コンビニで買うのがおすすめです。 コンビニで切手を買うメリットには、以下の3点が挙げられます。 家の近くにある場合が多い 2020年3月末日時点で営業している郵便局は、全国で2万3,889か所です。 一方、コンビニは、セブンイレブンが全国で2万929店(2020年3月末時点)、ファミリーマートが1万6,597店(2020年3月末時点)、ローソンが1万4,659店(2020年2月末時点)です。 この他に、ミニストップやセイコーマートなどのコンビニ店舗がありますから、合計した場合の店舗数は郵便局よりもずっと多くなります。 自宅の近くに郵便局がなくても、コンビニならあるという人も多いでしょう。 郵便局までわざわざ行かなくても切手が手に入るのは大きなメリットです。 営業時間を気にしなくて良い 郵便局の営業時間は、それぞれの局によって違いますが、多くは夕方頃には閉まってしまいます。 その上、土日祝日は営業していないところも多く、「自分の仕事が終わってからでは間に合わない」という人もいるでしょう。 そういう人でも、コンビニなら24時間いつでも開いているところが多いので、時間を気にせず切手を手に入れることができます。 郵便局より空いていることがある 郵便局では、切手を買いたいだけの人も、郵便料金を聞いたりゆうパックを出したりといった時間のかかる手続きをしたい人も、同じ窓口に並ぶことになります。 大きな郵便局では、数十人待ちになることも珍しくありません。 ただ切手を買いたいだけなのに、何十分も待たなければならない可能性もあります。 コンビニで数十人待ちになるようなことはまずありませんから、待ち時間を短縮できるでしょう。 切手を買うときも便利に使えるコンビニですが、デメリットがないわけではありません。 コンビニで切手を買うときのデメリットについても、3つご紹介します。 欲しい切手を取り扱っていないことがある コンビニで取り扱っている切手の種類は、郵便局ほど豊富ではありません。 84円や63円など、一般的な金額の切手以外が欲しい場合は、何枚かを組み合わせることになる可能性もあります。 取り扱っている切手の種類は店舗によって違いますし、タイミングによって品切れしていることもあります。 いくつかコンビニを回ってみると、手に入るかもしれません。 キャッシュレス決済が使えない場合が多い 郵便局では、電子マネーやクレジットカードといったキャッシュレス決済で切手を買うことができますが、コンビニでは一部を除いて現金払いのみとなっています。 郵便料金は自分で調べないといけない 郵便料金は、送りたいもののサイズや重さ、送り方等によって変わります。 郵便局では送りたいものを持って行けば必要な切手料金を教えてもらえますが、コンビニでは料金がいくらなのか調べてもらうことはできません。 切手は、基本的にコンビニで買っても郵便局で買っても同じ値段です。 割り引きをされることはほぼありません。 しかし、お得に買う方法がないわけではありません。 3つの方法をご紹介します。 金券ショップで買う 通常、割り引きされることのない切手ですが、金券ショップでは、切手を正規の金額よりも安く販売しています。 金券ショップが近くにある場合は、利用してみてもいいでしょう。 難点は、店舗数がコンビニよりも少ないことと、欲しい切手を取り扱っていない場合があることです。 nanacoを使って買う 切手をコンビニで買う場合、通常は現金払いだけですが、セブンイレブンではnanacoで支払いができます。 ただし、nanacoポイントは付きません。 nanacoを使って買う場合は、クレジットカードからnanacoにチャージして、その分のクレカポイントをもらいましょう。 切手の購入でもクレカのポイントが付与されます。 郵便局でキャッシュレス決済する 郵便局では、クレジットカードや電子マネーを使って切手代の支払いができます。 クレジットカードや電子マネーのポイントを貯めることができるので、その分お得になるというわけです。 は、楽天グループのキャッシュレス決済方法です。 郵便局での支払いに楽天ペイを選べば、ポイントが貯まるだけでなく、ポイントを使うこともできます。 楽天ペイを使っている人は、状況に応じてコンビニで切手を買うか、郵便局に行って買うかを決めましょう!.

次の

140円切手はコンビニで販売してる?送れる重さと切手の組み合わせ方

コンビニ 切手 ローソン

「うっかり出し忘れていた郵便物を発見した!」そんな時、あなたはすぐに対応できますか? 最近はネットの公式サイトで手続きができたり、知人とはLINEやメールでやりとりができたりと、 郵便物を扱う機会がどんどん減ってきています。 家に 切手のストックがあるとは限らないのではないでしょうか。 我が家も何かに使う時にまとめて数枚購入し、それを使い切ったら次に必要になるまで買わないという感じです。 だからこそ、急に必要になると困るんですよね。 そういう急ぐ時に便利なのが コンビニです。 何でも通販で買えるとはいえ、すぐに必要な場合は通販には頼っていられませんからね。 そこで今回は 「ローソンで買える切手の種類は?実際の店舗に行って確認してきた!」という内容でまとめていきます。 「切手は売っているけれど、公式サイトでは種類までは書いていないよ~」という文面は多々目にするのですが、それだけでは実際にどんな種類が置いてるのかわからないですよね。 この他によく置いてある種類というと• また次点で 140円も割とポピュラーな印象ですね。 私も事務職として働いていた頃は、これらの切手はよく使いましたよ。 料金改定前の時代なので、2円切手にはあまり馴染みがありませんが(笑) ローソンで切手はどこに置いてあるの?レジで尋ねてみるのが正解! ローソンで切手を売っているとは言っても、商品棚に陳列されているのを見たことはないですよね。 それもそのはず、切手はレジカウンターの中(もしくは奥)にあるんです。 ローソンに限らずですが、コンビニで切手を買う時はレジカウンターで 「〇円切手を〇枚買いたい」と伝えましょう。 また切手は 複数枚を組み合わせて貼っても良いので、欲しい金額の切手の取り扱いが無い場合は別の組み合わせがないか考えてみることもできます。 例えば 「普通郵便82円+速達料金280円=合計362円分の切手が欲しい」という場合、• 82円+140円+140円=362円• ただしあまり枚数が多いと見た目も悪いですし、自動消印できない例もあるのでやめた方が良いです。 特にビジネスシーンでは枚数の多い切手は印象が悪いので、多くても4~5枚までに留めておいてくださいね。 ちなみにレジカウンターで購入するため、その場で 業務用スポンジ(郵便局にある切手を濡らす時に使うもの)を貸してもらえる場合があります。 店員さんに尋ねてみてくださいね。 ただし レジカウンターで郵便物の重さを量ることはできません。 郵便局員と差出人・受取人以外の人は郵便物に触ってはいけませんよ~という決まりがあるので、コンビニの店員さんは重さを量ったり郵便物を預かったりすることができないんです。 なので切手の料金が合っているか不安だから重さを量りたいという場合は、郵便局の窓口へ行きましょう。 どうしてもその時間がない場合は、 重かった場合の金額を貼っておけば相手に迷惑がかかることはありません。 ローソンなら切手を貼ってすぐ投函できる! ローソンでは店内にポストを設置しています。 ただし ポストに投函できないサイズの定形外郵便物は店頭での預かりができないため、直接郵便局の窓口まで持って行く必要があります。 集荷は基本的に1日2回ですが、集荷時間は店舗によって異なりますので各店舗で確認してください。 大抵はポストの設置位置に書いてありますが、分からない場合は店員さんに尋ねれば教えてもらえるはずですよ。 また速達など、急ぐ場合の郵便物は 最寄の郵便局へ持って行くのが最短ルートです。 ポストの中で集荷を待っている間に、集荷した郵便物を集めてくる郵便局へ、もっと言うなら地区の郵便局の郵便物を収集する中央郵便局へ直接差し出せば、それだけ配達時間の短縮になります。 これに関しては、以下の記事にも詳しく書いてあります。 電子マネー(waon suica 楽天edy)、クオカード、クレジットカード、ローソンお買物券は使えませんので、普段はマネー支払いだという方は特に注意してくださいね。 ポンタカード・dポイントなどのポイントも貯まりませんし、またポイントで購入することもできません。 切手をコンビニで購入したいという時は、事前に重さをデジタルスケールなどで確認しておいたり、料金が高額になる場合は組み合わせを考えておくなど、 事前に不測の事態にも対応できるよう準備しておくのがコツです。 せっかく切手を買ってすぐに投函できるんですから、レジカウンターで困り果ててしまうなんて嫌ですよね。 最後は「ローソンが近くにない~!」というあなたのために、その他に切手を買うことができる場所をご紹介します。 しかしセブンイレブンなど、他の多くのコンビニチェーンでも切手を購入することはできるんです。 ローソンと同様、店舗によって販売している切手の種類は異なりますが、需要の多い 2円・10円・62円・82円・92円・120円の切手は扱っている店舗が多いです。 他のコンビニではどんな種類の切手は取り扱いがあるのか、調べてきました! これらの記事では、各コンビニチェーンの店舗を周って、実際にどんな種類の切手を販売しているのかを調べた結果を取り扱っています。 お近くのコンビニの記事を選んで参考にしてくださいね。 例えば• そのまま切手を貼って病院前のポストに投函!手続きが簡単に済むのって助かりました。 大病院の売店って、意外とニーズの高い場所みたいですね。 まとめ• ローソンでは 切手やハガキ、収入印紙を購入することができる• 取り扱う 種類については 店舗ごとで決めている• 切手を買う時はレジカウンターで 店員に言って出してきてもらう• ローソンで切手を買う時は、 支払いは現金のみ• ローソンは 店内にポストが設置してあるため、すぐに投函できて便利• ポストに入らないサイズの定形外郵便は投函(店頭での預かり)ができない <よく置いてある切手の種類>• セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップでも購入可能• その他のコンビニチェーンや売店でも取り扱っている店舗はある• イオンなどショッピングセンターやスーパーで取り扱ってることもあるので サービスカウンターに問い合わせてみよう• 入院患者の多い大きな病院の中にある売店も切手を売っていることが多い 「実際にこの金額の切手はお店に置いてあったよ!」という話を聞けば、「それならうちの近所の店舗にもあるかも!?」と期待できますよね。 特に メジャーな切手の組み合わせで買えるようにシミュレーションしておけば、欲しい金額の切手が在庫になくても対処ができます。 今回ご紹介したローソンは 店内にポストが設置してあり、切手を買ってその場で投函できるから便利ですよね。 最寄りのコンビニだけでなく、 最寄りのローソンの切手の品揃えをチェックしておけば、今後いざという時に役立つこと間違いなしですよ。 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の