アラジン ア ホール ニュー ワールド 英語 歌詞。 【歌詞カタカナ】A Whole New World

red

アラジン ア ホール ニュー ワールド 英語 歌詞

アニメ、舞台、実写映画の曲 まずは曲の列挙。 曲数の後ろにかっこ書きをしているのは、台詞部分も含めた全体の時間です。 舞台版は日本公演に合わせています。 太字は他のver. にはない曲です。 なお、アニメ版の翻訳は湯川れい子さん、舞台版の翻訳は『アナと雪の女王』で有名になった高橋知伽江さんです。 ちなみに日本語でアラジンパートの歌唱をしているのは、アニメ版は石井一孝さん、舞台版は島村幸大さん、実写版は中村倫也さんです。 アニメ版 6曲 1時間30分 1. オーヴァーチュア 2. 逃げ足なら負けない リプライズ 5. バブカック オマール アラジン カシーム 8. ダイヤの原石 10. 1幕フィナーレ 12. 一人じゃないさ 16. 自慢の息子 リプライズ 17. プリンス・アリー 王のリプライズ 18. プリンス・アリー ジャファーのリプライズ 19. 2幕フィナーレ 実写映画版 10曲 2時間8分 1. 一足お先に リプライズ 4. スピーチレス~心の声 パート1 5. 一足お先に リプライズ2 9. スピーチレス~心の声 パート2 10. スピーチレス~心の声 各曲比較 こうしてみると結構違いますね。 アニメ版の曲少ない!舞台の上演時間長い! 各曲みていきましょう。 オーヴァーチュア これは歌唱ではないので本来は外すべきなのですが…。 舞台版で使用。 開演前に演奏される音楽のことですね。 幕が上がります 厳密には振り落としなので幕は落ちます。 なお、使用されている曲は「フレンド・ライク・ミー」のみです。 アラビアン・ナイト アニメ版では商人、舞台版と実写映画版ではジーニーによる曲。 物語の始まり始まり~! なお、1992年にアニメ版がアメリカで公開された際、この曲の歌詞が差別的だと批判され、翌年にディズニーは歌詞を変更しています。 当時の記事がこちら。 さらに2019年の実写版でも英語詞が少し変わっています。 こんなところからも、ディズニーが時代への意識を強く持っていることが伝わってきます。 実写版ではこの曲中にアラジンとジャスミンが出会いますが、アニメ版と舞台版ではアラジンのキャラクター紹介のみに使用されます。 アニメ版と舞台版は自分のためにパンを一切れ盗んだために衛兵に追いかけられますが、映画版はジャスミンを助けるために詐欺行為をしたがゆえに追われる身となります。 なお、全バージョン共通で、アラジンは以前は泥棒ではなかったような表現が出てきます。 また、アニメ版と舞台版でジャスミンが頭がおかしいフリをするのですが、実写版にはこのシーンないんですよね。 これも時代? 『アラジン』 アラジンがジャスミンに惹かれる際、隠れたポイントになっているのは彼女が町娘に変装している時に出逢うことです。 — 映画ランナー eigarunner 自慢の息子 アニメ版でカットされ、舞台版で復活した曲。 実写版ではメロディのみ使用されています。 アラジンが亡くなった母を想い、どうにかして泥棒生活を抜け出すことを誓います。 舞台版のアラジンが一番まともに見える人が多いのはこの曲所以。 マザコンっぽいけど。 俳優の井上芳雄さんもご自身のアルバムに別の訳詞を歌っているものを収録しています。 壁の向こうへ 舞台版のみの曲。 ジャスミンがお城を抜け出して市場に行ってみようと歌います。 3人の侍女たちも参加。 ジャスミンのお部屋での歌唱。 舞台版と実写版では、侍女がジャスミンの脱走を後押ししますが、アニメ版では自分だけで出ていきます。 なお、ジャスミンのペット、ラジャーは舞台版には出てきません。 スピーチレス~心の声 実写映画版のみの曲。 ジャスミンのソロ。 実写版のキーナンバー。 「壁の向こうへ」より力強さが増しています。 言葉にならない本当の思い…みたいな感じかな?さらにそれを叫ぶという。 ミュージカルの歌唱は基本的に「感情が溢れて歌い出す」ものなので、まさしくその役割を果たしています。 アニメ版だとジャスミンは「ホール・ニュー・ワールド」しか歌わないと考えると、時代も変わるんですね。 バブカック・オマール・アラジン・カシーム 舞台版のみの曲。 そもそもバブカック、オマール、カシームが舞台版にしか登場しないキャラクターです。 真っ当だけど楽な方法でお金を稼ぐため、4人でパフォーマンスを披露。 舞台ではこの曲の途中にアラジンとジャスミンが出会います。 行こうよ どこまでも 舞台版のみの曲。 アラジンとジャスミンのデュエット。 「ホール・ニュー・ワールド」よりも前に、アラジンがジャスミンの身分を知らないタイミングで歌われます。 自由に旅に出ることを夢見る歌詞。 すっかり仲良くなる二人ですが、この二人の言う自由の意味が少し違うこともポイント。 ダイヤの原石 舞台版のみの曲。 ジャファーとイアーゴがアラジンを危険な洞窟に誘い込むために歌います。 ジャファー🐍を担当したアニメーターさんによると「ジャファーは激怒して我を忘れたかと思うと、すぐ抑えて冷静になる男」😱とても礼儀正しくて、1日に3回もお風呂に入るような人物、という裏設定があるのだそうです😖😖 — アンク@金曜ロードSHOW! 舞台版はこの曲だけで約7分あり、途中は別のディズニー作品の曲も歌われます。 『美女と野獣』、『リトルマーメイド』、『ポカホンタス』ですね。 ちなみにアニメ版には他の作品の曲は出てこないですが、キャラクターは多用されています。 ・美女と野獣のビースト ・リトルマーメイドのセバスチャン ・ピノキオ ・ジーニーがかぶってるグーフィー帽子 — 茉莉花べにこ beniko71 1幕フィナーレ 舞台版のみの曲。 ここでアラジンは一つ目の願いで王子様に変身します。 ジーニーは変身させたあと、魔法の絨毯を準備することを示唆します。 そもそも舞台版では絨毯に人格は与えられておらず、「ホール・ニュー・ワールド」と「2幕フィナーレ」でアラジンとジャスミンが乗るだけです。 舞台版だけアリ王子じゃなくて、アリー王子なんですね。 歌い出しを担当するのは舞台版では3人のマブダチ、実写版ではジーニー、アニメ版ではジーニーの魔法で出てきた召使いです。 パレードはとにかく派手。 実写版のアラジンが少し戸惑った顔をしていたのが印象的でした。 関係ないか。 この曲でジャスミンはアリー王子とアラジンが同一人物だと気付きますが、タイミングやきっかけが違います。 訳詞も各バージョンだいぶ違いますね。 まだ実写版の歌詞に慣れない…。 舞台版の日本語詞ではホール・ニュー・ワールドという単語が出てこないのも注目ポイント。 間奏の長さもかなり違います。 翻訳については、こちらの比較記事が面白かったです。 。oO(いい機会なので、実写版「ホール・ニュー・ワールド」もお送りしますね…) — ディズニー・スタジオ disneystudiojp 危険な冒険 舞台版のみの曲。 バブカック、オマール、カシームの3人が危険に巻き込まれたアラジンを助けに行こうと歌います。 が、逆に捕まります。 一人じゃないさ 舞台版のみの曲。 ここでアラジンは二つ目の願いを使い、地下牢から逃げ出します。 歌い終わったらすぐ3人のマブダチはまた捕まります。 歌わずに早く逃げれば良かったのに。 アバヨって、アバヨ…。 しかもカタカナ…。 2幕フィナーレ 舞台版のみの曲。 物語の大円団。 ジーニーの「やっぱりハッピー・エンドじゃなきゃ!」という言葉とともに華やかなフィナーレを迎えます。 まとめ アニメ版、舞台版、実写版のそれぞれで用いられている曲、歌詞、意味は違いますが、全てディズニーの『アラジン』です。 正解や不正解ではなく、表現方法が違うだけです。 その違いがある分、『アラジン』の世界は豊かになっています。 改めてそれぞれの『アラジン』に触れてみることで、「新しい自由な世界」を見つけられるかもしれません。

次の

A Whole New Worldで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

アラジン ア ホール ニュー ワールド 英語 歌詞

受賞歴 [ ] この楽曲は、1993年にのを受賞した。 メンケンにとって前年の同じディズニーのアニメーション映画『』の同名「」に続く連続受賞となった。 また、同年のも受賞しており映画音楽部門賞の二冠獲得となった。 1994年にはも受賞した。 シングル・リリースとヒットチャートランク [ ] ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルによるバージョンはアメリカでは、1992年11月5日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、の1993年3月6日の週で、14週続いていたが主演した映画『』で彼女自身が歌った主題歌『』から1週間ながらも首位の座を奪い、ディズニー史上唯一の総合チャート首位獲得曲になった。 同じの部門では6週間首位を果たした。 では、1993年7月1日にからシングルとして発売され、洋楽シングルチャートでは1993年7月12日付から通算13週1位を獲得した。 映画公開から5年以上がたった1999年には、同じくコロムビア・レコードからリリースされたアルバム『 All Time Greatest Movie Songs』にも収録された。 映画オリジナル版と同じケインとサロンガによるバージョンはアメリカではシングルカットされなかったが、日本では1993年6月18日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、調べで119,835枚を出荷し第8回のグランプリ・シングル賞(洋楽部門)を受賞した。 カバー [ ]• のカバー版が2004年にリリースされた『』に収録された。 2005年にリリースされたアルバム『』および映画『アラジン』の2枚組みプラチナエディションでとがカバーしたバージョンが収録された。 2005年、は自身のアルバム『Julie Andrews Selects Her Favorite Disney Songs』にこの楽曲のカバー版を収録。 2006年、のグラマーKatie Priceが夫のPeter Andreと チャリティー公演の一環としてカバー。 このバージョンは彼女の2006年のアルバム『』に収録されている。 同年にリリースされたのアルバム『』には、オリジナルシングルのピーボ・ブライソンと共演したバージョンが入っている。 また、ブライソンは1994年にので開かれたでと77人のコンテスト参加者とともにこの楽曲を歌唱している。 2003年の『』第2シーズン優勝者が、この楽曲を「Movie Night」で歌った。 このシーズンでオーディション参加者が本作を歌うことは珍しいことでなく、本作が歌われたオーディションの映像だけを抜き出してまとめたものが放送され、このことが強調された。 第3シーズンでの本作の利用は少なくなった。 余談だが、アメリカン・アイドル優勝経験者である も自身のライブで本作のカバーを行った。 2007年に韓国のボーイズ・グループが日本での2ndアルバム『』にスペシャル・トラックとして収録。 2年後の、韓国のAnyBand Concertにおいてメンバーのはとデュエットで披露した。 2009年に『』で2 Grandがこの楽曲を歌った。 『』に収録• と、ともそれぞれライブ会場でこの楽曲をデュエットした。 セブ島を中心に活躍するバンドJuLiN PiNiSは、パンクバージョンを披露した。 2017年にリリースされた『』に日本のダンスユニットがカバーしたバージョンが収録されている 各国語版 [ ] 他のディズニー映画の多くの歌曲と同様に、この曲の歌詞も英語から多くの言語に翻訳され映画の各国語による吹き替え版に採用された。 脚注 [ ]• London: Guinness World Records Limited. 137. 『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 、日本レコード協会。 日本語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• 韓国語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• Aladdin Turkish Original Soundtrack booklet Su??? 'の個所は読解不可能• シングル版での歌唱はAnna Tatangelo・Gigi D'Alessio• Aladdin Spanish Original Soundtrack bookletによるとシングル版での歌唱はEnrique del Pozo・Michelle• シングル版での歌唱はRicardo Montaner・Michelle 先代: 「」 ナンバーワンシングル 次代: スノウ 「」.

次の

【歌詞和訳カタカナ】A Whole New World(ホールニューワールド) アラジン

アラジン ア ホール ニュー ワールド 英語 歌詞

時代と共に英語の発音も変わる?1992年版と2019版の違い まずは、歌詞を見ていきましょう。 歌詞は新旧版どちらも同じです。 全訳しました。 I can show you the world: shining, shimmering, splendid Tell me, princess, now when did you last let your heart decide? I can open your eyes, take you wonder by wonder Over, sideways, and under on a magic carpet ride 世界を見せてあげよう。 輝き煌めく、この素晴らしい世界を 言ってごらんよ、お姫様。 最後に君が自分の気持ちに素直になったのはいつ? 目を開かせてあげる。 リエゾン(音の連結)やリダクション(音の脱落)は、新版と旧版で少し違います。 歌い手によって変わることもありますし、また時代による傾向もあります。 両者の差について、動画で詳しく解説しましたので、ぜひ参考にしてください。 歌うことで、英語の音の繋がりやリズムを、自然に身に付けることができます。 何度も繰り返し練習して、ぜひカラオケで歌ってみてください。 英語が通じない、聞き取れないのは正しい発音ができていないから。 自分が発音できる言葉は必ず聞き取れます。 日本人特有の「カタカナ英語」を克服して、正しい発音を身に付けましょう。 英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

次の