強い星座ランキング。 13星座で占う!じつは性欲が強い女性ランキング

12星座【孤独に弱い】本当は寂しがり屋ランキング 双子座は孤独を感じることを恐れている

強い星座ランキング

12星座別「打たれ強い男性」ランキング 2位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ) みずがめ座の男性は、世間が失敗と見なすことをチャンスと受け取るかもしれません。 独自の価値観を持ち、既存の枠にとらわれない自由人な発想で困難を切り抜けるでしょう。 また、他の人にとっては避けて通りたい道も、みずがめ座にとっては好ましい試練になりそう。 難しい課題を与えられるほど燃えるところもあり、落ち込んだり泣き言を言ったりすることはほとんどないはずです。 3位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ) やぎ座は慎重で用心深いタイプ。 何事も計画的に進めて、少しでも失敗しそうだと思えば、いくつも回避策を立てるはずです。 うまくいかないことがあっても、大体が想定の範囲内。 それほど大きなダメージにはならないのです。 また、自分の意志ではどうにもできない状況に陥っても、辛抱強い努力家なので困難を打破しやすいでしょう。 メンタルが強く、不安にとらわれて動けなくなることがほとんどありません。 つねに冷静な判断がくだせるはずです。 4位:いて座(11月22日~12月21日生まれ) いて座は打たれ強いというより、楽観的で小さなことを気にしないタイプ。 困難に直面しても「どうにかなるさ」と肩の力を抜いて気負わず動けるでしょう。 失敗は器用に踏み台にして、次のステップにできるはずです。 また、ダメージを受けても気持ちの切り替えが早く、ネガティブ思考を引きずることがありません。 いて座の男性には軽やかな強さが備わっています。 5位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ) おうし座はマイペースで控えめ。 一見すると、強さを感じないかもしれません。 でも、現実的で浮ついたところがなく、お金や利益には貪欲な一面もあります。 常識を重んじる保守派なので、いざとなれば正論で手堅く戦うでしょう。 決して弱くはないのです。 しかも、忍耐力があり時間をかけてコツコツと努力を積み重ねていきます。 困難に見舞われても逃げ出すことなく向き合い、最終的には勝利を手にするタイプなのです。 6位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ) おひつじ座は、負けん気が強く一人でも困難に立ち向かっていけるタイプ。 孤軍奮闘を強いられても心が折れることはあまりないでしょう。 勝つことや結果を出すことに全力を注ぐので、失敗すら糧にして前進し続けられるはずです。 ただ、とても真っすぐな人なので、狡猾な駆け引きや根回しは苦手。 ズルい方法で他人に出し抜かれることがあるかもしれません。 それでも、おひつじ座の男性は自分の正義を曲げようとしないでしょう。 「僕は正しい」と信じることで、強い心を保ち続けるのです。 7位:しし座(7月23日~8月22日生まれ) しし座の男性は堂々としていて迫力もあるタイプ。 困難を力強く切り抜けるように見えて、実は人知れず傷ついているでしょう。 家に帰ると一人で落ち込んだり、自分でも気づかないうちに体調を崩したりするはず。 ただ、しし座は大胆でスケールの大きな挑戦・仕事に取り組むことが多いので、他の人が同じ失敗を経験すれば、二度と立ち上がれないくらいの失敗をすることもあるかもしれません。 それでも彼は、何とか自分を奮い立たせて、弱さを見せないようにがんばるでしょう。 傷ついてもしっかりと自分の足でまた立ち上がれる人なのです。 8位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ) いつもニコニコしているふたご座ですが、ポーカーフェイスの裏でベソをかいていることがあるかもしれません。 突発的なトラブルには強くても、プレッシャーに弱く理詰めにされると逃げ出したくなるはず。 根拠を調べたり、細部まで分析したりすることが苦手なので、マゴマゴしてしまうでしょう。 ただ、大失敗をしても立ち直りが早いのはふたご座の長所。 しかも、うまくいかなかったことでリベンジを狙うことはほとんどありません。 時間と労力を費やすなら、自分が勝てる勝負で結果を出したいと考えるのです。 9位:うお座(2月19日~3月20日生まれ) うお座の男性は柔和で優しく、強さをあまり感じないかもしれません。 困難に見舞われれば動揺もするし泣き言も言うので、打たれ弱いタイプと見られやすいでしょう。 ただ、うお座の男性は周囲が思うほど傷つかないようです。 ネガティブ感情を上手に発散して、自力で切り抜けられないトラブルは早い段階でヘルプを出すはず。 一人きりで抱え込まず器用に他人の手を借りるため、苦境を脱するのはむしろ早いでしょう。 弱そうに見えても、実はしたたかで賢いタイプだといえます。 10位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ) おとめ座は繊細で自己管理能力に長けています。 ただ、柔軟性に欠ける面があり、ルールやマニュアルから外れたアクシデントに動揺しやすいでしょう。 また、基本的には情報通で博識なのですが、知らないことや不得意分野にはめっぽう弱いところも。 想定を超える困難からは逃げ出したくなるかもしれません。 おとめ座は真面目なぶん、一人で何もかも抱え込みやすいはず。 大変な状況では「手伝うよ」「困ったことがあったら言って」とすすんでサポートを申し出て、彼の負担を軽くすると良さそうです。 11位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ) クールでしたたかなように見えて、実は打たれ弱いのがてんびん座。 普段はキレのある言動を見せていても、他人が驚くような些細なことでくじけるかもしれません。 傷つくポイントは本人にしかわからないので、「そんなこと気にしなくていいのに」と周囲から理解されないこともありそう。 こまめに声をかけ、彼のメンタル面をサポートすることで、彼も本領を発揮できるはず。 ……では最後に1位と12位を見てみましょう。 12星座でもっとも打たれ強いのはかに座? それともさそり座? 1位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ) さそり座は黙々と自分の目標と理想を実現するタイプ。 根性があり多少の失敗ではくじけないので、ひたすら努力し続けます。 また、絶対に成し遂げたいことや守りたいものが上手くいかない場合、不屈の精神で成功を目指すでしょう。 執念深く、自分が納得する結果を追い続けられるのです。 そのため、さそり座の男性は困難に見舞われるほど存在感を示し、ステップアップが叶うはず。 不況や災難の中ではかなり頼もしい存在になりそうです。 12位:かに座(6月22日~7月22日生まれ) かに座の基本スタンスはディフェンス。 攻めに転じて戦うことがあまり得意ではありません。 抱えきれないほどの困難に見舞われると、不安がふくれ上がって身動きが取れなくなってしまうはず。 また、感受性が強く面倒見が良いぶん、うまくいかないと、自分を責めてしまうことも。 かに座の男性がくじけず前に進むためには、しっかりと支え合える仲間や彼女が必要です。

次の

おうし座はマイペースだけど… 12星座別「打たれ強い男性」ランキング — 文・沙木貴咲

強い星座ランキング

どんな事柄においても「あなたが一番!」といわれると、なんとなく嬉しいですね。 でも本当はどんな人も、優しい一面を必ず持っています。 今回のテーマは「優しい星座」。 星座別の「優しさが見えやすいランキング」になっていますので、自分の星座がランキングの下のほうだったとしても、気になさらないでくださいね。 性格は様々な要素が複雑に絡み合って形成されるもの。 星座別の特徴は「傾向がある」というだけですから、ぴったり当てはまるとは限りませんが、なぜ優しさが見えづらいのか、誤解されやすいのか、自分を見つめなおすきっかけにしていただければ幸いです。 男女別に書いていますが、両方読んでいただいたほうがより理解していただきやすいかと思います。 穏やかで冒険を好まず、安心できる間柄の相手とのんびり過ごすことを好みます。 寛大で辛抱強く、目的のためには辛い状況でもじっと耐え忍ぶことができるタイプです。 「安定」を何よりも大事にする方で、一度自分の理想や落ち着いた環境を手に入れると、それを維持することに全力を注ぎます。 おおらかな人柄ですから、めったに怒ることはないのですが、誰が嫌なことをしてきたのかしっかり覚えていますし、根に持つタイプでもあります。 また我慢してきた時間が長ければ長いほど、一度怒らせてしまうと許してもらうまでにかなりの時間を要するでしょう。 誠実な方で普段から周囲に優しい印象を与えますが、もし「冷たい」というイメージを感じさせることがあるとすれば、この方が自身の大事にしている「居場所」を守ろうとしているとき。 自分のくつろげる居場所を何よりも大切にしていますので、その安定が崩れそうになると他のことに手をまわしている余裕がなくなってしまうのです。 とはいえ、おうし座はとても愛情深い方が多く、一度仲良くなると忠実で裏切るようなことはまずないでしょう。 冒険を好まず実際的な方が多いですから、一生を通して安定した生活を送りそうです。 責任感が強く、どんなこともコツコツと努力できる人です。 バイタリティがあり物事に対して精力的に取り組む方ですが、獅子座のような活発さや勢いとは趣きが異なります。 この方は「地道」「粘り強い」といった言葉がよりしっくりとくる方です。 困難な事柄も、時間をかけて最後には必ずやり遂げるようなタフさが魅力ですね。 成功のためには努力が不可欠と認識しており、とても真面目な方です。 恋愛においても、慎重にじっくりと関係を深めていくタイプですから、はためには「控えめ」なイメージや少し「奥手」な印象を与えることも多そうです。 ただ自分を常にコントロールしておこうとする強い意志があり、本当は頼りたい気持ちがあるにもかかわらず、弱い部分を表にだせないようなところがあります。 やぎ座の女性が少し誤解を与える部分があるとすれば、この部分が原因ではないでしょうか。 問題を抱え込んでいるのに、周囲に話さず一人で悶々と考えこんでいる……まわりからみれば、話してもらえないので、何が原因かわかりません。 こうした側面は、少し他人行儀に映ってしまうのですね。 本音をみせあえる相手をみつけられるよう、頑張ってください。 とても情緒的で、繊細な方です。 周囲の人の心の動きにも比較的敏感に反応するほうではないでしょうか。 保守的であまり変化を好まず、いつもの場所でお決まりの人と行動を共にする、といった変わらない日常に安心感を得るようです。 集団の中においては自ら前へ出るようなことはせずに、何か発言を求められたとしても、自分の意見を率直に言う場面は避けるような傾向がみられます。 例えば、グループ内において何かしら意見の対立が起きた場合、その中で現場の人間がはっきり意見してしまうと角が立ってしまう、という場面がしばしばあるかと思います。 そんなときに直接「自分の意見」として言うのではなく、その場の空気を読んでそれとなく、自分の望む方向へその場の全員を促していく、ということを上手にこなす方なのです。 現場をおさめるためなら、その場にいない人を引き合いにだして「あの人がこんなこと話してたよ」と以前話していた相手のセリフから、都合良く一部だけを切り取って話す、などもありえるでしょう。 しかし、引き合いに出されたほうからみれば「寝耳に水」。 争いを避けるための行動なのでしょうが、こうした癖はその場は落ち着いたとしても、後々誤解を生みがちな部分でもあります。 第一印象が抜群に良いのが特徴で、物腰柔らかな雰囲気で魅了する社交家です。 華やかでおしゃれな方が多く、特別ファッションに興味があるほうではなかったとしても、お気に入りの持ち物や小物にこだわっていたりする方が多いように感じられます。 少し怠惰な面もみられますが、自由を愛する方で、特定の人と深いお付き合いをするよりも、浅く幅広い交友関係を好む方が多いようです。 感情的になることは少なく、凛としていて、どこか知的な印象を与えます。 場の空気を的確に読み、節度ある行動をとることができますから、誰とでもそつなく付き合うことができるのが長所ですが、心理的に距離の近い関係が苦手です。 仲良くなるにつれて深い間柄になってくると、とたんによそよそしくなる、といった行動に心当たりはありませんか? こうした面は、情緒的で密な関係を求めるタイプからすれば「冷たい」と感じさせてしまうかもしれません。 天秤座は表面上の軽い付き合いは得意なのですが、感情のやり取りにどこか苦手意識を抱いてしまうところがあるようなのです。 少し壁を感じだしたら、この方が自ら居心地の良い間合いをとれるように、様子をみながらそっとしておいてください。 周りにいる人間の感情を鋭敏に感じ取るタイプ。 人の心に同調しやすく、些細なことでも心を動かされる人です。 また魚座は、他の人よりも自分と他人との境界線が曖昧なところがあります。 まるでその人の感情が自分の中に流れ込んでくるかのような、不思議な感覚。 そんな魚座ですから、登場人物になりきる俳優業など向いている方も多いでしょう。 愛情深く包容力があり、仮に怒ることがあったとしても、謝罪されれば大抵のことを許してしまう魚座ですが、この優しさは他者に不安を感じさせたり、誤解を招きやすい部分かもしれません。 というのも、魚座は気の毒な人をみかければ、誰にでも公平に愛情を振りまくのです。 おまけに自分の抱いている感情の境に不明瞭なところがあり、困っている人をあれこれと世話しているうち、いつのまにか「相談にのっていた相手とデキてしまった」ということもありえます。 こうした移ろいやすい側面は誤解されやすい部分ですが、相手の心と同化しやすい魚座は自分の本当の感情を見失ってしまうときがあるのです。 その場の雰囲気に流されているだけで、本人の好き嫌いはわりとはっきりしていますから、時が経てば本来の感情を取り戻すケースが大半でしょう。 懐が深く、とても愛情深い方です。 かに座や魚座のように感受性が強く繊細な心を持ちながらも、それをあまり表に出しません。 内面では動揺していても、それを制御できる方が多いようで、激しい感情を抱えながらも胸におさめておくことができます。 こういうどこか落ち着いてみえる部分が、ミステリアスな雰囲気を感じさせるのかもしれませんね。 外側の事柄には影響を受けず、自身の持つ価値観を大事にする芯の強い方でもあります。 何に対してでも中途半端なことはせず、一度何かに凝りだしたり気に入ったものをみつけると、とことん没頭するところがあるようです。 恋愛の場においても同様で、「この人」と一度決めたら他を顧みないはず。 他の星座の方よりも深いつながりを求める傾向があり、そのぶん相手の良いところも悪いところも丸ごと引き受けるような器の大きさがあります。 ですが、このように何に対してでも一生懸命な蠍座は、裏切られたりするとなかなか立ち直ることができませんし、怒らせると少し怖い方です。 蠍座の「冷たさ」を感じることがあるとすれば、この一生懸命なところでしょう。 全力を尽くしていただけにダメージが大きいですから、当然といえば当然ですね。 どこにいても目立つ、自信にあふれたカリスマ。 イベントやお祭り好きな方が多いようで、そうした遊び事は率先して企画するほうではないでしょうか。 行動力があり、また面倒見も良いですから、グループの中心にいることも多いでしょう。 自尊心が高く対抗心を燃やしやすいタイプで、そのぶん称賛やお世辞に弱い面があります。 正直な方で感情を表に出しやすく、嘘が付けない人。 感じたことを素直に、比較的ストレートに話しますから、遠回しな表現を好む方にとっては少し「冷たい」あるいは「きつい」という印象を受けることがあるかもしれません。 また承認欲求が人よりもやや強めで、時折強すぎる自己アピールをしてしまいがち。 謙虚さを好む日本では、このような側面がマイナスに映る場面もあるかもしれませんが、まっすぐな人柄や弱い人を保護しようとする頼りがいのある面など、それを補ってあまりある良さがあります。 派手でドラマティックな恋愛を求める方が多く、交際相手にも「こうしてほしい」という願望がでやすいようです。 しかし人を楽しませることが好きな獅子座。 この方を恋人に持つと、飽きのこない交際ができるでしょうね。 秩序を重んじる理想主義者です。 何事も完璧にこなしたいと考え、細かいところにも目を向けやすく、どうしても他人や自分の「きちんとしていない」「完璧でない」部分に注目しがち。 それゆえに、理想に届かない自分に対して責める気持ちを抱きやすく、少し他の星座よりも自己嫌悪に陥りやすい側面があります。 「適度に手を抜く」だとか「いい加減にする」ということに罪悪感を感じる方が多いのではないでしょうか。 乙女座が人間関係で摩擦を引き起こしやすい部分は、こうした几帳面なところかもしれません。 全員がそうというわけではありませんが、乙女座はついつい「もっとこうしたほうがいい」など、他の方の言動に意見や苦言をしてしまう面があります。 「注意をすれば、この人はもっと良くなる」と、その人に理想をみている部分がどこかにあるからかもしれませんね。 全く期待をしていなければ、諦めて何も言わないのではないでしょうか。 こんな人柄ですから、任されたことはパーフェクトにこなそうと努力を惜しまない方です。 勇敢なチャンレンジャーです。 新しいものが好きで「興味あることにはまず挑戦!」という瞬発力があります。 物事をよく考えてから行動に移すのではなく、まずは気軽に一歩を踏み出して様子をみる、という方ですね。 しかしややせっかちな面があるようで、目標を達するまで地道に努力をする、ということは少々苦手なようです。 結論がなかなかでない、あるいは変化がみられないと、すぐに別のアプローチを考える、というタイプ。 恋愛に関しても積極的で、気になる異性がいれば率直にアプローチする方が多いようです。 ただ「実際にお付き合いしてみたらイメージと違った」ということもあるのではないでしょうか。 12星座の中でも、一目惚れをしやすく少しそそっかしいところのある方です。 牡羊座が人との関係で摩擦を起こすとすれば、この「短気」な部分が原因の一つになるかもしれません。 じっくりと考えながら取り組む人をみて、つい「まだ?」と催促してしまうところはないですか? ときに苛立ちを覚えることもあるかもしれませんが、慎重に動く方はあなたの欠点を補ってくれる人でもあります。 イラついてもぐっと抑えて、ぜひ行動テンポが違う方とも協力しながら、活躍していってください。 好奇心旺盛で興味の幅が広い、トークの達人。 話題の豊富な方が多く、初対面の人に話しかけることに対してもあまり躊躇しない方が多いようです。 幅広いネットワークを持ち、特定の人とずっと一緒にいる、というよりは、いろんな人と付き合う方のほうが多いのではないでしょうか。 コミュニケーション能力が高く、その場に合わせた会話が得意ですが、この話し方がしばしば誤解を生みがちです。 一つの物事が持つ複数の側面をとらえられる方で、状況に合わせて相手の喜ぶ形へ表現を変えて話すために、周囲の人から「このあいだ話していたことと違う!」といわれてしまう事態に陥りがち。 本人にしてみれば同じことを話しているつもりなのでしょうが、まわりの人には微妙に違ったニュアンスに聞こえたり、意味合いそのものが変わっているように感じてしまうのです。 周囲と摩擦が起きるとすれば、この「言葉を別の切り口で言い換えて表現する」という部分が一つ考えられそうです。 その他、客観的な視点を持ち合わせている方に多い特徴ですが「他者からみた自分」をやや意識しやすく、悩みがちな面もみられます。 自分の欠点に目がいっても、持ち前の広い視点で良い側面を探してくださいね。 自由をこよなく愛し、遠くのものに想いを馳せる人です。 退屈なことが苦手で、いつも何か面白いこと、新鮮な刺激を与えてくれるものを探しています。 どこか、いまここにないもの、目にみえないものや非日常的なものにあこがれを抱いているところがあり、そういった部分を満足させてくれる、旅行や読書などを趣味に持つ方が多いようです。 明るく快活で、常に前向きなところが魅力ですが、束縛を嫌う方でもあります。 人から指図を受けることはもちろん、人付き合いのために興味のないことへ合わせるような行動も苦手です。 また「時間を浪費するのが嫌い」という方も多いのではないでしょうか。 例えば、待ち合わせで相手が時間通り来ないと、そこに「縛られている」ような気がして、ストレスがたまりませんか? こうしたところは、和を重んじる日本社会においては「協調性がない」と評価されやすく、摩擦の起きやすい部分かもしれません。 とはいえ、開放的で裏表のない人柄や、嫌なことはすぐに忘れて、常に今後のことや未来に目を向けるポジティブな性格は、人を引き付ける確かな「何か」があります。 なんでも気の向くまま、とはいかないかもしれませんが、ある程度融通のきく居場所をみつけるのが良さそうです。 肩書きなどにとらわれず、お互いの個性を尊重した平等なお付き合いができる方です。 社会における「こうあるべき」といった常識や、型にはまった考え方、価値観に真っ向から対峙するタイプ。 「個性的でありたい」「平凡さに埋没したくない」と考えている方も多いのではないでしょうか。 差別なく付き合えますから、いろんな分野や幅広い人とつながりを持つケースもありそうですね。 ただ、自らの価値観を押し付けてきたり、感情でものをいう人はやや苦手なようです。 理性的で、不当なところや筋の通っていない部分に反応しやすい人ですから、子供時代に「反抗的」などと叩かれて苦労した、という経験はありませんか? そんな風に取られないよう、はじめから相手を褒めちぎる、というような防衛行動を無意識にとる方も、中にはいらっしゃるかもしれませんね。 既存のものに逆らうとなると必然的に摩擦は増えがちですから、相手に受け取ってもらいやすいソフトな伝え方や表現を身につけると、より衝突を少なくできそうです。 また「個性的でないといけない」と、もし思い悩む方がいらっしゃれば、無理に頑張らずともそう意識していること自体が「あなたらしさ」ですから、気楽にいてくださいね。 思慮深く、抜け目のない野心家です。 社会の中での上下関係を意識している方が多く、また「まわりからどうみられているのか」をとても気にするタイプ。 仕事においては忍耐強く、冷静に対応する姿勢から信頼を寄せられる場面も多々ありそうですが、やや打算的な側面があり、そうした部分が状況により少し冷たく映るかもしれません。 しかし責任感が強く、物事を辛抱強くやり遂げようとするやぎ座は、頼りがいがあり周囲に安心感を与えるでしょう。 恋愛においての行動は、その慎重さから一般に「シャイ」といわれるような対応をする方と、一見するとずいぶん積極的にみえる方の両極端に割れるでしょう。 どちらも、相手と精神的に深い関係へなることに恐れを抱きやすい、という点では共通しているのですが、表面上はとても同じ星座にみえない……というぐらい人によって差がでるようです。 変化を好まない堅実で現実主義な人柄から、結婚後は安定した家庭を築く方が多いでしょう。 仕事熱心で、ゆっくりですが確実にポジションを上げていくやぎ座の男性は、安定した家庭を望む女性からは頼もしく感じる理想的なパートナーかもしれません。 悲観的になりやすい面がありますので、あまり落ち込みすぎないよう気を付けてください。 リスクを恐れないパイオニア。 冒険心と指導力を持ち合わせた方で、新たな分野を切り開く能力に優れた方です。 独立心が旺盛で実行力があり、達成するまでのあいだに多少の困難があっても、ものともしないパワーがあります。 負けず嫌いな方が多く、小さな頃から「いざ競争!」となると俄然燃えるほうだったのではないでしょうか。 アイデアを思いついてから行動へ移すまでが早く、ともすれば見切り発車をしがちですが、逆境においても物怖じしない性格や自信に満ちた様子は、人を引き付ける力があります。 誰かに指示を受けるよりも、自分の思うとおりに動きたいほうではありませんか? 新鮮さを好むところも含めて、起業家などに向いている方かもしれません。 牡羊座の良さをいかすには「失敗を恐れない挑戦」が鍵になります。 ただ意志表示がはっきりとしているのは良いのですが、やや怒りっぽい面があるようです。 このあたりは獅子座と少し似ている部分ですが、せっかくの良い着想も協力者が得られなければ達成も難しくなります。 過去に「気が短い」と言われたことのある方は、話をする前に一呼吸おく癖をつけておくと「摩擦」を防げるかもしれません。 積極的でエネルギッシュな、生まれながらのリーダー気質です。 明るく快活で、その場にいる人をぐいぐいと引っ張っていく力強さが魅力。 堂々としていて決断力があり、大胆なことでもやってのけてしまう勢いの良さがあります。 また気前が良く、食事に行ったりするとみんなへ盛大におごってしまう、という方も少なくないでしょう。 他の星座に比べれば感情を隠すことがないので、納得がいかないことがあると簡単に怒りますが、からっとした人柄で尾を引きません。 正直な方で、人の話すことも言葉通り受け取りますし、褒めてもらうと純粋に喜ぶ素直な面があります。 プライドが高く、誰かに見下されたりすることに我慢がなりませんが、向上心があり目標に向けて熱心に努力する方です。 しかし名誉を重視し存在感を過度に主張しがちな側面は、場合によっては反感を買いやすくもあります。 個人差がありますが、人間関係に摩擦が起きるとするならば、獅子座の方の場合は「冷たい」よりも、歯に衣を着せない「強い口調」だったり「感情の起伏が激しい」ところなどでしょうか。 ただ、長所と短所は表裏一体。 こうした目立つ個性が、獅子座のチャームポイントでもあるのです。 任務や役割を、真面目に遂行する責任感の強い方です。 緻密さや正確さが求められる仕事においては、素晴らしい働きをする方ではないでしょうか。 仮に合格ラインに到達していなかったとしても、細部まで目の届く方ですから、理想に向けてその人なりに努力している方が多いはずです。 公明正大で不正を見逃せない正義感の強い方が多く、清濁併せ呑む、というよりは「善悪をはっきりとわけた考え方」をされる人が多いようです。 周囲に「冷たさ」を感じさせるかもしれない部分の一つに、ここがあげられるかもしれません。 こまごまと世話を焼いて手助けする行為が、場合によっては相手の自立を妨げる可能性があるのと同じように、一つの事柄が複数の側面を抱えている、というのはよくあること。 物事はみる立ち位置によってみえ方が異なりますし、また善悪の判断基準も時代や文化背景によって変わります。 乙女座の方からみて「良くないこと」が、相手にとって「正したほうが良いこと」なのかというと、必ずしもそうではありません。 そうした視点を意識していれば、誠実で温かい人柄ですから大きく衝突を起こすことはないでしょう。 趣味や楽しみなど、自分の関心事にはとても意欲的で人並外れた行動力をみせる方です。 いっぽうで興味のないことに関しては集中力が続かず、また「熱しやすく冷めやすい」面が特徴。 ほんの少し手を付けただけで飽きてしまう、ということも多いのではないでしょうか。 何においてもまず第一に「自由であること」を重視する方で、責任ある立場などはやや苦手なようです。 責任感がない、というのではなく、そうした「重いもの」を好まないという意味です。 何事も肯定的にとらえる方で、仮に悩んだとしても気持ちの切り替えが早く、長期的に悩むことがないのは大きな長所といえるでしょう。 悩みも一種の「重いもの」ですから、すぐに手放すのかもしれませんね。 個人差はあるでしょうが「思った言葉をそのまま口にしてしまう」という傾向があるようで、この部分は生活するうえで摩擦を引き起こしかねないところです。 空気を読まずに発言し、白い目でみられてしまった、という経験はありませんか? この方自身が場の雰囲気を考えるタイプではありませんから、自らの失言に気づかない、ということもあるでしょう。 ある意味とても正直な方ですから、裏表のない誠実な関係を構築しやすいところが魅力ですね。 平和を好み周囲にはおっとりとした印象を与えますが、細かいところにも目が届く気配り上手な方です。 五感に優れた方が多く、すべてにおいて「居心地の良さ」を重視しています。 審美眼を持ち合わせ、また食にこだわりある方も多いのではないでしょうか? 物事を計画立てて粘り強くこなしていく方で、物質的なものを重視する現実主義的な面も持ち合わせています。 「愛情があればお金はいらない」というタイプではなく、幸せには精神面と物質面の両方があってこそ、と理解している方ですね。 注意深く慎重に、ゆっくりと時間をかけて人との信頼を築き上げていきます。 恋愛においても、自ら積極的に行動へ移すタイプではありませんが、一度「この人」と決めると一途に想い続けるタイプ。 恋人になるとスキンシップなどを好み、浮気など到底考えられない真面目な性格から、少々独占欲が強めでやきもちを焼きやすいようです。 自分の家庭を持つと家庭重視になり、それ以外の部分については二の次になる傾向があるようで、周囲の人からみれば冷たく映ることがあるかもしれませんが、本質はとても温和な方です。 情熱的で慎み深く、あまり本音をださない秘密主義の方です。 しっかりとした価値判断の基準が自分の中にある方で、他の人とは少し違った価値観を持っていることも多く、個性的にみえる方が大勢いらっしゃるでしょう。 忠誠心に厚く裏切るようなことは金輪際ありませんが、人を信頼するまでに時間をかける方です。 内側に衝動的な感情や傷つきやすい部分を持っていて、警戒心が強いようですね。 爽やかな軽い付き合い、というよりも、深く情感あふれる関係を好みます。 「絆」を強く意識する方で、恋人やパートナーには献身的に尽くしますが、相手にも同じものを要求しがち。 本人が一途なだけに、恋人によそ見をされるのはかなり嫌います。 表面上はそうみえなくても、胸の内に強い感情を持っていますから、何かの拍子に普段制御しているタガがはずれてしまうと、暴走してしまうことがあるようです。 また内に持っている感情の方向性が定まると、その目的のためには手段を選ばないこともあり、「冷たさ」を感じさせたり「摩擦」を生むとすれば、こうした面が関係しているかもしれません。 とはいえ、感情のコントロールがうまく、とても包容力のある方です。 複数の事柄も同時にこなしてしまう器用な人です。 未知のものに関心を寄せやすく、あれこれと興味がわいたらとりあえず手を出してみるタイプ。 しかし一つのことに深くのめり込む、ということはあまりなく、そこそこ楽しんだら引き上げて、また別のものに興味を示す、という方が多いようです。 交友関係も広く、機知に富んだ会話が魅力のふたご座ですが、この星座にも人間関係で摩擦や誤解を招きそうな特徴があります。 「言葉以外のメッセージには気づきにくい」という部分。 会話には、実際に話している言葉以外に「察してほしい別のメッセージ」が隠れていることも多いです。 しかしふたご座の方は、どうやらそういう「言葉の裏」を読むのが苦手で、言葉通り受け取りやすいようなのです。 また「ふたご」という名前通り内面に複数の視点を持ち合わせ、客観視できる長所がありますが、そのせいか「自分の感情に鈍い」という面があります。 客観視する側面が強すぎて、自分の気持ちがぼやけているのです。 頭で認識している自分の感情と本心に差がありますから、本人の気づかないまま、言動に矛盾が生じます。 自分がどう感じているのか、たまに内観する時間を持ってみると良いかもしれませんね。 控えめで礼儀正しい、スマートな方です。 TPOを心得ていて、立ち居振る舞いに気を遣う方が多いはず。 何かしらの「こだわり」を持っていて、どこかおしゃれで、キラリと光るセンスがあります。 お土産品など選ぶ際にも、相手の好みの品をよくとらえていて、天秤座ほど気の利いた贈り物をする方はなかなかいないのではないでしょうか。 客観的な視点を備えており機転が利きますから、話術が得意な方も多いようです。 プライドが高く負けず嫌いな面がありますが、あまりそれを表にはだしません。 異性にモテる方も多いでしょうが、あまり重苦しい関係は好まず、付かず離れずの関係をキープする人です。 また天秤座自身が察するタイプなだけに、相手に同じことを求めるところがあります。 お誘いを断るときなど、オブラートに包んだ物言いをするため、人によっては「はっきり言わなければ通じない」という場合もあるでしょう。 天秤座はそこでしつこくされると、面倒に感じてフェードアウトする方が多いのです。 そんな行為を「冷たい」と感じる方もいるかもしれませんが、本人に悪気はありません。 嫌がっている判断が難しいときは「言葉」ではなく「行動」をみてくださいね。 既成概念にとらわれないユニークな発想力を持った方です。 牡羊座が開拓者とするならば、みずがめ座は現状の体制に異議を申し立てる改革者。 他の方が「あたりまえ」と感じている事柄にも疑問を抱き、そこに溜まった膿をだすことのできる人です。 ただ保守的な現場や上司のもとにつくと、そうした現在のありようを覆す意見は「反抗的」だとか「生意気」と捉えられることも多く、摩擦が起こりやすいかもしれません。 とはいえ、当然のことと受け取られている社会の中で、その体制に隠れた理不尽さや不平等さに気づき一石を投じることができる視点は、貴重なもの。 こうした意見があってこそ、そこにある欠点や穴を修正し発展していけるのですから、欠かせない存在といえるでしょう。 みずがめ座は自分の価値観で動く方ですから、誰かから「こうしたほうがよい」といわれても、結局のところ自分が気に入らなければ動きません。 その常識にとらわれない独創性をいかしたクリエイティブな仕事か、フリーランスのような比較的自由のきく仕事につくと、のびのびと活躍できるのではないでしょうか。 仮にそうでない職場でも、斬新な意見が求められる場所では大活躍できるポテンシャルを秘めた方です。 直感で動く、感受性の高いロマンチストです。 想像力豊かで、絵や音楽、詩といった芸術方面に優れた方が多いでしょう。 困った人に手を差し伸べる心優しい方ですが、同時に自身が困ったときにも拝み倒して助けてもらう「人にも自分にも甘いタイプ」。 順応力が高くどんな環境にでもすぐに慣れますが、「適応力」というよりは「溶け込んでいる」あるいは「染まっている」といったほうがより正確な表現かもしれません。 そのため、自堕落な生活さえ簡単に馴染んでしまうという弱点もあります。 環境に強く影響を受ける性質から、身を置く場所により様相を大きく変える方が多く、興味も変わりやすいです。 職を転々とする、という可能性もあり、ドロップアウトしてしまう危険もはらんでいます。 多くが物静かですが、自分を見失いやすい側面から、ひとたび感情的になると大騒ぎする方もいるようですね。 しかし成熟した魚座の中には、自己犠牲的な考え方を持つ方も多く、愛する人の幸せのためならあえて自分が身を引く、ということもやってのける深い愛情の持ち主です。 「摩擦」が起こりうるとすれば、移り気な面か、あるいはそうした他の星座が理解しがたい愛情表現をするところかもしれません。 理性よりも感情を優先する、温かい人柄です。 争いを好まない方で、秩序を乱さず穏便にすませようとします。 人に親切で、とりわけ家族や友人、恋人、などのあなたにとって仲の良い人に対しては、保護しようという気持ちが強く働く傾向にあります。 気配り上手で優しい方ですが、やや心配性な面もみられるようで、少し感情にムラがあるようです。 また、集団行動よりもどちらかといえば少人数で動くタイプ。 人からいろいろと指示を受けて動く、というよりは、自営業など個人で働く職種に憧れる方が多いのではないでしょうか。 自分の時間を大事にしたい方ですね。 中には家庭内において何か面倒ごとが持ち上がると、殻に閉じこもり、場合によっては何も言わずにその場を後にする……というような行動にでる方もいらっしゃるようです。 あまり自分の本音をみせるタイプではなく、こうしたところが人によっては少し「冷たい」と感じることがあるかもしれません。 もし差し支えないのであれば、周囲の人全員とはいいませんが、せめてパートナーや近しい間柄の人には、本音をこそっと伝えてあげると良いでしょう。 その一言があるのとないのとでは、安心感が違います。

次の

蟹座はマニアックな性癖あり?男女別エロい12星座ランキング

強い星座ランキング

1:星座で性格診断! 誕生日の星座には、基本的な性格のパターンがあるといわれています。 「理屈よりも、感情を優先しがちなタイプ」、「社交的ではなく、深く狭い人間関係を好む傾向がある」、「几帳面で、コツコツと物事を進めるのが好きな人が多い」というふうに、ある程度、星座によって性格をうかがい知ることができるのです。 もちろん、どの星座が良い・悪いというわけではなく、たとえ悪い面があっても、見方次第では良い一面と受け取ることもできるはずです。 自分の星座の長所と短所を知り、上手に活かすことが大切でしょう。 2:性格悪い星座もわかる!性格のいい星座ランキング それではさっそく、性格のいい星座のランキングを見ていきましょう。 ランキング下位のほうが性格が悪いということになりますが、もちろん、一概に言えるということはなく、性格傾向が、人によっては「性格が悪い」と受け取られやすいということだとご認識ください。 12位:牡羊座 牡羊座は、競争心が高くて負けず嫌いな傾向があります。 また、ちょっと自己中心的な部分もあり、その性格でまわりを困らせてしまうことも。 リーダーの素質があるのも牡羊座の特徴ですが、そんな自己中心的な性格から、ワンマンになってしまいがち。 また、直感で突っ走ってしまうこともあるため、ビジネスシーンでは、みんなを引っ張っていくリーダータイプではありますが、アフターフォローのような仕事にはあまり向いていないかもしれません。 とはいえ、これらは「まわりを巻き込む圧倒的なバイタリティーがある」「直感力に優れている」ということです。 11位:蠍座 ひとつのことに集中するのが得意な蠍座。 徹底的に深く掘り下げることを得意とする傾向があります。 いわゆるオタク気質な傾向が強いと言えるでしょう。 また、「人の気持ちを理解するのが上手」という繊細な一面も持ち合わせています。 その一方で、執着心がとても強く、一度嫌いになってしまった人のことを、一生許せなくなってしまいやすい傾向が。 人の気持ちを察するのが上手だからこそ、人間関係に疲れてしまうのです。 10位:乙女座 乙女座は、頭が良くて現実的、さらに完璧主義な傾向があります。 一緒に仕事をするのであれば、信頼のおける良いパートナーになってくれるでしょう。 しかし、その完璧主義は、自分自身だけではなく、ときには、まわりの人にも同じ完璧さを求めてしまうことも。 プライベートで一緒にいると、ちょっと息が詰まるかもしれません。 また、感性よりも理性で生きていることが多く、人の気持ちよりも、数字や結果を重視しがちです。 9位:双子座 器用で頭の回転が早く、なんでもソツなくこなすのが双子座。 コミュニケーション能力が高い人が多く、幅広い人脈・コネを持っているなんていうこともしばしばあります。 いいところだらけのようですが、頭の回転の早さと能力の高さのせいで、ウソをつくのが上手だったり、計算高くて、利己的な一面も。 8位:獅子座 生まれながらにリーダーの素養と風格を備えている人が多い獅子座。 カリスマ性やオーラもあり、雰囲気だけで「この人、すごそう……!」という印象を感じさせてしまうほど。 しかし、無意識のうちに「自分がリーダーで、世界の中心は自分だ!」と思い込んでしまうこともあり、注目されていないとイライラしてしまうこともあります。 7位:水瓶座 多方面に興味が尽きず、少し個性的なところのある水瓶座。 根は優しく、交友関係も広いことが多いのですが、好きなことに取り組んでいるときは、誰に対しても冷たくなってしまう一面を持ち合わせています。 意識的に冷たくしようとしているわけではないのですが、次々と刺激を求める性格がゆえ、人間関係に気が回らなくなってしまうのです。 特に、誠実で真面目な人からは、苦手意識を持たれやすいと言えるかもしれません。 6位:魚座 感受性が豊かな魚座。 相手のことを思いやって行動できる、気配り上手な人が多いのですが、空気を読みすぎたり、自分のことを後回しにしすぎてしまう、なんていうことも。 また、相手のことを考えすぎるあまり、依存気味になってしまうのも魚座の特徴です。 付き合い方や距離感を間違えると、けっこう負担が大きくなってしまう可能性も。 「狭く深く」を良しとする人が多い星座です。 5位:蟹座 母性本能が強く、年下や困っている人を見ると放っておくことができないのが、蟹座の人。 そんな優しさをもつ蟹座ですが、孤独が苦手で、多少ひがみっぽいところもあります。 みんなの前では「母性あふれる優しい人」になれますが、反面、ひとりになると、途端にどんよりしてしまう……。 そんな表と裏の顔がはっきり違う人が多い星座です。 4位:射手座 自由奔放で、常に新鮮さを求めるアクティブな人……これが射手座に多く見られる特徴です。 とにかく新しい刺激に触れていたいため、流動的で、落ち着くことがありません。 一方で、いつも自分を優先させてしまいがち。 なので「誠実さに欠ける」というように人から評価されることも多いのですが、常に最先端を走る射手座の人と一緒にいれば、刺激的な日々を過ごせそうですね。 3位:山羊座 責任感が強く、生真面目な性格の山羊座。 しっかり者が多く、誰からも信頼を得やすいです。 しかし、真面目すぎるがゆえに、冗談が通じなかったり、努力を怠っている人をついつい責めてしまう、なんていうことも。 ただ、真面目さはやぎ座の魅力のひとつあることに間違いありません。 「ウソをつけないし、浮気なんてもってのほか!」という真面目さは、恋人としての信頼に値しますね。 2位:天秤座 平和主義で、調和を大切にする天秤座。 争いを好まず、ケンカの仲介役を率先することもしばしば。 また、苦手意識を持つ相手であっても、分け隔てなく話すことができ、人間的にバランスのとれた人が多い傾向です。 お金や地位、名誉といったものよりも、人を大切にすることが多く、普段から感謝の言葉を積極的に用いるのも天秤座の特徴です。 1位:牡牛座 大らかで真面目、献身的で常に相手本位で物事を考えることができる牡牛座。 友達としても、恋人としても、とても信頼できる存在です。 その一方で、内に秘めた熱い気持ちを持っていて、「穏やかで、いつものほほんとしているけど、実は超エリートだった」「いつもみんなを和ませる、笑顔が素敵なおじさん。 実は大企業の社長だった」といった、雰囲気と実績のギャップに驚かされる、なんていうこともあるでしょう。 3:ぴったりの星座は何?12星座別の相性表 (1)牡羊座との相性 女性が牡羊座の場合、相性がいいのは、牡牛座と獅子座です。 突っ走ってしまいがちな性格を、しっかりと支えてくれるでしょう。 一方で、「真面目で堅実なコツコツ型」とは相性が悪く、山羊座の人とは、一緒にいてもつまらないと感じてしまって、仲良くなるのが難しいかも。 (2)牡牛座との相性 女性が牡牛座の場合、同じ牡牛座同士か、乙女座がパートナーとしてピッタリでしょう。 足りないものを補い合い、お互いを高めあえる関係になれます。 一方、いつも自分が中心じゃないと気が済まない獅子座の人とは、あまり相性がよくありません。 (3)双子座との相性 女性が双子座の場合、同じ双子座または獅子座の人が、相性が良さそうです。 双子座のもつ要領の良さで、自分が中心であると思っている獅子座の人をうまく立てることができるでしょう。 逆に相性が良くないのは、真面目すぎる山羊座の人。 「楽しい」と感じる物事がまったく異なり、「一緒にいても、時間の無駄」という気持ちになるかもしれません。 (4)蟹座との相性 母性本能が強く平和主義な蟹座の女性は、同じく優しい性格の天秤座や、牡牛座の人と相性が良いです。 反対に相性があまり良くないのは、ちょっと利己的な双子座や、自由奔放な射手座です。 もちろん、蟹座の人で双子座や射手座の人と付き合っている人もいると思いますが、そういう場合、「自己中だけど放っておけない」「自由人だけど、私がついているからね」といった母性本能のせいで、尽くしすぎてしまうかも。 (5)獅子座との相性 生まれながらのリーダー気質がある一方、自己中心的になってしまうこともある獅子座の女性と相性がいい星座は、同じリーダー気質で、良きライバルのような関係になれる獅子座です。 反対に相性があまり良くないのは、牡牛座、乙女座、山羊座の人。 自分が優れている点を認めてもらえず、ちょっとギスギスしてしまうかも。 (6)乙女座との相性 几帳面で現実的な女性が多い乙女座と相性がいいのは、牡牛座、山羊座などが挙げられます。 反対に直感を信じて突っ走ってしまう牡羊座、獅子座、射手座の人は、一緒にいても、疲れてしまうだけかも……。 (7)天秤座との相性 平和主義で調和を大事にする天秤座。 そんな天秤座の女性は、優しく母性あふれる蟹座、真面目な山羊座の人と波長が合いやすいでしょう。 一方で、蠍座のような、狭く深く付き合うことを好む人とは、なかなか良好な関係が築くことができないかもしれません。 (8)蠍座との相性 なるべく少人数で、深い付き合いを求める蠍座。 そんな蠍座の女性と相性がいいのは、同じ蠍座です。 また、ハマると誰にも止められないほど熱中してしまう水瓶座です。 反対に、社交性があり、積極的に交友関係を広めようとする双子座や獅子座の人とは、あまり合わない傾向が。 「生理的に無理」と感じるほどに、とにかく居心地が悪い、なんてこともあり得るでしょう。 (9)射手座との相性 自由奔放で新鮮な感動を求めて突っ走っりがちな射手座の女性は、牡羊座か、獅子座の人を選ぶと良いかもしれません。 アクティブでバイタリティあふれる人が多いので、刺激し合える関係になれるでしょう。 反対に、夢や理想よりも現実重視な乙女座、まじめな山羊座の人とは、相性が良くありません。 (10)山羊座との相性 責任感が強く厳格な山羊座の女性は、同じ山羊座の人や、大らかで協調性のある牡牛座や天秤座の人と相性バッチリ。 一方、超利己的であったり、どこかいつも偉そうにふるまいがちな、超典型的な双子座や獅子座の人に対しては、強いストレスを感じてしまうでしょう。 (11)水瓶座との相性 個性的だけど誰に対しても優しくて親切な水瓶座。 そんなひと癖あるところが魅力な水瓶座の女性は、優しく感性豊かな魚座の人か、好きなことに対する熱がすごい蠍座の人と、ピッタリ波長が合うでしょう。 その一方、自由奔放な射手座の人とは、最初はウマが合うかもしれませんが、長く付き合えるような関係になることは難しいかも……。 (12)魚座との相性 空気を読む人のが得意な魚座は、基本的にはどの星座の人ともうまくやっていくことができる、非常に万能なタイプです。 中でも相性がいいのは、自由奔放で、ちょっと身勝手なタイプ。 そんな傾向のある牡羊座や双子座の人と一緒にいると、気づかいや優しさが誰かの役に立ち、自分が必要とされているのを実感できて良いでしょう。 反対に、優しくしてくれる人に対しては、依存したい気持ちになってしまいがちなので、牡牛座や天秤座の人をパートナーにするのは、避けたほうが良いかもしれません。 5:あくまでも参考に!最後は自分の心を信じましょう 星座別の基本的な性格と、それぞれの相性について説明しましたが、あくまでも星座占いは、参考程度に留めておくのが良いでしょう。 どんな性格かは、やはり個人差が大きいです。 また、「この星座の人とは相性が良くないんだ……」というふうに落ち込む必要もありません。 「こういう性格だから、こうやってアプローチしてみよう!」といった、作戦のひとつとして使うのが良いでしょう。 この記事を書いたライター tsuta フリーライター。 ユニークな恋愛経験が豊富で、今まで交際した女性は地下アイドル、歌手、風俗嬢、メイドカフェのメイドなどさまざま。 心理学や脳科学を使った恋愛アプローチも得意。

次の