毛穴 黒ずみ まとめ。 【男のいちご鼻の治し方】ブツブツ毛穴の詰まり・黒ずみを消す改善方法まとめ

【毛穴黒ずみクレンジング】口コミの良いおすすめ商品ランキング!おすすめはリダーマラボ?

毛穴 黒ずみ まとめ

毛穴開きも黒ずみも、それぞれできる原因が違います 「最近なんだか毛穴が目立ってきたなぁ…とりあえず、毛穴パックしよう」と軽い気持ちでケアをしていませんか。 多くの女性が悩んでいる毛穴のトラブルですが、中でも毛穴の開きや黒ずみといった、目立つ毛穴を解消したいと悩んでいるというお話を耳にします。 毛穴のトラブルは年齢や季節に関係なく、常に悩みのタネに挙がるので、雑誌やテレビなどでもよく特集が組まれています。 しかし、さまざまな情報が行きかっているせいか、毛穴について正しく理解している人は少ないようです。 毛穴のタイプには、皮脂がつまった「白毛穴」・酸化した「黒毛穴」・炎症を起こしている「赤毛穴」・たるんで開いた「肌色毛穴」があります。 毛穴の色でできてしまった原因が違います。 そして原因が違えば、ケア方法も同じではありません。 毛穴が目立たない、なめらかな肌を手に入れるためには、やみくもに毛穴ケアをしても改善はしません。 それどころがさらに肌トラブルを悪化させてしまうかもしれないのです。 しかし毛穴の目立ちをなくし、美肌を手に入れる方法はあります。 まずは毛穴のできる原因と毛穴トラブルの種類を知り、それを改善する方法について見ていきたいと思います。 こんなお悩みありませんか? 毛穴トラブルにはどんな原因があるの? そもそも毛穴はいったいなんのためにあるのでしょうか? 毛穴の主な役割は皮脂を分泌し、肌の潤いを守り、保護することです。 しかし肌の乾燥・食生活やホルモンバランス乱れから、皮脂分泌のバランスが崩れてしまいます。 皮脂が過剰分泌されてしまうことで毛穴が開いてしまい、さらに古い角質や皮脂がつまって、毛穴が目立つのです。 具体的に毛穴が開く原因は7つあります。 肌の潤い不足(乾燥) 2. オイリー肌、混合肌 3. ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れ 4. 加齢によるたるみ 5. 直射日光(紫外線)によるダメージ 6. ニキビ跡の悪化 7. まちがったスキンケア 7つもあれば、それを改善する方法もそれぞれ異なります。 しかも原因が1つでなく、いくつか重なっている場合もあるのです。 乾燥やオイリー肌は反対のことなので「おかしいな?」と感じる方もいるかと思いますが、どちらも皮脂の過剰分泌を起こす原因となるのです。 さまざまな毛穴開きのタイプと改善方法 まずは自分の毛穴がどんなタイプなのかを知る必要があります。 鏡をじっくりと見て、自分の肌を観察してみましょう。 はじめに、皮脂腺が集まるTゾーンをチェックします。 もし毛穴が開いていたらその毛穴は何色に見えますか。 黒ずんでいますか? それとも白い汚れがつまっているでしょうか。 清潔な手で顔を優しく触ってみてください。 ブツブツしていたり、ざらざらしたりしていますか? 肌が滑らかでない場合は、毛穴が開いているということです。 ざらざらしていないのに黒ずんでいるのは「メラニン毛穴」と呼ばれるものです。 最後に二の腕の内側を指で触れてみましょう。 とてもなめらかに感じるかもしれません。 二の腕は直射日光にさらされることが少なく肌のダメージが少ないので、理想の肌に近い部分です。 自分の毛穴目立ちがどんなものなのかわかったでしょうか。 では、毛穴目立ちにはどんな種類があるのか見ていきましょう。 毛穴目立ちのタイプはいくつかあり、原因と改善方法もそれぞれ違います。 「色」で毛穴の開きのタイプを見極めよう 1. 白毛穴 触るとざらざらしている毛穴はこのタイプです。 鼻の毛穴が広くブツブツしていて、顎や眉間にざらつきがあります。 黒毛穴 皮脂と古い角質が混ざった「角栓」が酸化して黒ずみになったものです。 表面の空気に触れていている部分が酸化して、黒ずんでいます。 白毛穴の進化形でもあります。 毛穴がつまっていないのに黒く見える場合は毛穴の周りにメラニンがたまっていることもあるのです。 赤毛穴 過剰な皮脂分泌により、肌が炎症を起こし、赤みが生じている状態です。 触るとさらに炎症が悪化します。 オイリー肌や混合肌の人に多いです。 肌色毛穴 年齢を重ねると肌の弾力がだんだんと減少し、重力に負けて、たるみがでてきます。 角栓がつまっているわけではないので、肌色に見えます。 それぞれの毛穴の具体的な改善方法は? 1. 白毛穴 小鼻の周りや顎などの白くてざらざらした毛穴は、皮脂と古い角質が混ざった角栓です。 過剰な皮脂分泌から起こるだけでなく、朝はお湯だけで洗顔している方にもできやすいです。 日々の少しずつのお手入れで角栓を徐々に小さくしていきましょう。 角栓の主な成分は「タンパク質」です。 タンパク質は通常の洗顔では落とせません。 タンパク質を分解してくれる「酵素」を使った洗顔料で対策しましょう。 黒毛穴 毛穴に詰まった角栓や汚れを放っておくと、皮脂や油汚れが酸化して、黒くなる可能性があります。 これが黒毛穴です。 できてから時間が経って硬くなっているので、吸着力の高いパックや洗顔ブラシを使用してしっかりオフしましょう。 白毛穴の進化形なので、白毛穴の対策と併用するとさらに効果が高まります。 汚れがつまっていないのに、黒く見える場合は美白美容液でメラニンの排出を促します。 毛穴を気にしてゴシゴシとこすったり、はがすパックを使い過ぎたりすると、刺激によってさらに黒ずんでしまうでしょう。 これ以上悪化させないためにも、過度な刺激を与えないようにしましょう。 赤毛穴 毛穴から分泌された皮脂は空気に触れると酸化します。 酸化した皮脂は肌に刺激を与え、炎症の原因となります。 これが赤毛穴の正体です。 とにかく触らず鎮静化を待つことが大事です。 消炎効果のある化粧水でたっぷりと水分を与え、皮脂の分泌を抑えながら、炎症による赤みを抑えましょう。 抗酸化作用のある美容液をプラスするとよいでしょう。 肌色毛穴 年齢を重ねるごとに目立ってくる肌色毛穴は、肌のゆるみやたるみが原因です。 20代後半の初期は丸く開いていますが、加齢とともに重力に負けて涙型に開きます。 内側からハリを出す美容液やクリームでエイジングケア対策をしましょう。 毛穴の汚れを浮き出すマッサージ 毛穴の汚れをなくすにはオイルマッサージがおすすめです。 とくに毛穴が黒ずんでいると顔がくすみ、不健康そうに見えてしまいます。 マッサージをして肌をやわらかくすると汚れも落ちやすくなります。 マッサージはクレンジングや洗顔後の肌の汚れを落としてから行い、オイルは植物オイルを使用してください。 毛穴の汚れが気になるところにオイルをクルクルとなじませます。 マッサージを強くやりすぎると、黒ずみを毛穴の奥に押し戻してしまうので、汚れを浮かび上がらせるように丁寧に行ってください。 オイルマッサージを行った上からホットタオルを顔に載せると、汚れが落ちやすくなりさらに効果が上がります。 オイルで数分マッサージしたら、拭き取るか、もしくは洗い流します。 べたつきが気になる場合は、泡洗顔をしてください。 オイルマッサージ後はしっかりと保湿をして、お肌を柔らかくし、毛穴を引き締めてください。 オイルがない場合は乳液やクリームで行っても大丈夫です。 その場合はオイルと同じようにマッサージ後には洗い流してください。 肌には適度な皮脂が必要 毛穴の開きや黒ずみは過剰に分泌された皮脂が原因ですが、皮脂を取り除きすぎてしまうのは逆効果です。 「潤い」と「皮脂」は別のものです。 皮脂の過剰分泌は潤い不足からはじまります。 乾燥は皮脂が不足していますが、潤い不足は水分不足が原因です。 肌の水分が不足するとキメがなくなり、カサカサした、くすんだ肌になります。 同時に肌には適度な皮脂が必要で、皮脂を取り除きすぎると、潤いを保つ力や肌のやわらかさがなくなり、小ジワが目立ってしまいます。 刺激の強いクレンジングは、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性があるでしょう。 自分の肌にあったスキンケアアイテムを見極めて、毛穴をふさがないようにバランスを整えましょう。 また汚れを取り除いた後は、十分に保湿をしてください。 ここで大事なのは保湿とはやみくもに化粧水をつけることでも、クリームをべたべたと塗ることでもありません。 自分の肌にあった化粧水で水分をチャージし、油分の入った乳液や美容液で水分を保つようにフタをしてあげましょう。 体の内側からのケアをしましょう 毛穴の開きや黒ずみを目立たなくするためには体の中からのケアも効果的です。 それは、バランスよく、肌に必要な栄養を摂ることです。 毎日忙しいと、ランチはコンビニのおにぎりやパン・甘いデザートなど糖質が多い組み合わせで済ませてしまうことはありませんか。 夕食前に時間がないときなど、スーパーのお惣菜など利用する場合も多いと思います。 一日の仕事や家事で疲れていたりお腹が空いていたりして、ついつい食べ応えのある揚げ物や、味付けが濃いものを選んでしまう傾向はないでしょうか。 しかしそればかりの食生活を続けていると、いくら高価な美容液でスキンケアをしていても、毛穴の開きや黒ずみは改善しません。 それどころか肌が乾燥し、ボロボロになってしまいます。 毛穴トラブルに効くおすすめの栄養素はビタミンA・B・Cです。 ビタミンAはターンオーバーの正常化に作用します。 ビタミンBは皮脂のコントロールをしてくれるので、毛穴の黒ずみやニキビ・吹き出物にも効果的です。 またビタミンCはコラーゲンを増やす作用があります。 体の内側からもしっかりケアすることで、肌トラブルや毛穴の目立ちを感じさせない、なめらかな肌づくりができるということは覚えておきましょう。 毛穴の開きや黒ずみはそれぞれ原因や改善方法がある 2. 汚れを落とした後はお肌の皮脂と水分のバランスをしっかりと保つ 3. 体の内側からのケアも重要 毛穴のトラブルにはそれぞれ原因や改善方法に違いがあります。 まずは自分の毛穴トラブルは何が原因なのかを知り、的確なスキンケアをすることが大切です。 毛穴を目立たなくし、毛穴レスな美肌を手に入れるには、極端にやり過ぎず、毎日コツコツと継続してケアすることが大切となります。 また肌の外側のケアだけでなく、食事から栄養を取り入れる、体の内側からのスキンケアも重要です。 自分の肌にあった化粧品、正しいスキンケアと内側からのケアで、キメの整ったなめらかな肌を目指しましょう。

次の

毛穴の開きと黒ずみの違いって何?|年齢に負けないスキンケアコラム

毛穴 黒ずみ まとめ

[目次]• 鼻の毛穴の黒ずみの原因 鼻の毛穴が黒ずんでしまう理由としては、いくつかの原因があるようです。 順に見ていきましょう。 毛穴につまった角栓• 産毛の色素• 毛穴付近の色素沈着(メラニン毛穴) 鼻の毛穴につまった角栓 毛穴が黒ずんで見える主な原因は、毛穴につまった「角栓」です。 鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。 皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はあるものの必ず分泌されます。 正常な状態であればなにも問題がないのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。 さらに、新陳代謝によって発生した古い皮膚やメイク汚れなどが混ざり合うことで生じる物質が角栓と呼ばれています。 時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、これが空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。 ひどくなると、鼻の頭や小鼻にブツブツと目立ってしまう「いちご鼻」と呼ばれる状態になることもあります。 産毛の色素が濃い 角栓が原因でない場合、肌の産毛が黒ずみの原因になっていることがあります。 特にスキンケアをしても黒ずみが改善されない場合は、産毛が黒ずみの原因になっていないか疑ってみましょう。 普段はあまり目立たないことがありますが、よく見ると肌には多くの産毛が生えていることがあります。 産毛の色素が濃いと毛穴が黒く目立ちやすくなることがあります。 このような場合は、産毛を剃ることで解決することもありますが、自己流で産毛の処理をしてしまうと肌を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があるようです。 適切にケアをできない時には、シェービングができるサロンなどで処理をしてもらうことが望ましいでしょう。 皮脂が酸化し色素沈着を起こす(メラニン毛穴) 角栓や産毛がなくても毛穴に黒ずみがある場合は、毛穴の皮脂汚れが酸化し、色素沈着して黒くなってしまったことが考えられます。 紫外線によって皮脂が酸化すると、毛穴の周囲に活性酸素が発生し、それによりメラニン色素の生成が増えるといわれています。 そのため、「メラニン毛穴」と呼ばれることもあるようです。 鼻の頭は、他の部分に比べて皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいといわれています。 そこにターンオーバーの乱れが加わるとメラニン色素の排出ができず肌にとどまってしまい、さらに毛穴周りが黒ずんで見えてしまいます。 このように鼻の毛穴の黒ずみには複数の原因があり、解消するための方法も異なりますので注意しましょう。 毛穴の黒ずみの正体を見分ける方法 では、毛穴の黒ずみの原因が何なのか見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。 毛穴に角栓がつまっていたり、毛が埋もれた状態の場合、指で触るとザラザラとした感触があります。 角栓による毛穴の黒ずみが気になる場合は、つまりの原因である古い角質や汚れを毛穴にためないよう「角質ケア」を行うことが大切です。 また、産毛による黒ずみの場合、丁寧にシェービングすることで産毛や余分な角質を落として、明るい肌色を取り戻すことができるでしょう。 色素沈着による黒ずみの場合は、表面がつるつるしていたり、毛穴がややくぼんでいることが特徴です。 色素沈着の場合は熱心に角質ケアを行っても効果が出ません。 毎日の正しい洗顔や保湿ケアに加えて、メラニンを作らせない「美白ケア」を取り入れましょう。 次に、毛穴の黒ずみのケア方法を原因別にご紹介していきます。 角栓による黒ずみのおすすめケア方法 角栓による毛穴の黒ずみは、一度皮膚科などで角栓を取ってもらうのもよいでしょう。 自宅でのお手入れとしては、角栓を作らせない角質ケアが大切です。 オイルクレンジング 角栓は皮脂や古い角質のほか、メイク汚れが蓄積されて作られます。 毎日メイクをしている人は、洗顔だけでなくクレンジングでメイクをしっかり落とすようにしましょう。 クレンジング剤にはさまざまな種類がありますが、角栓が気になるときのケアにはクレンジングオイルがおすすめです。 クレンジングオイルはミルクやジェルよりも界面活性剤が多く含まれており、濃いめのメイクや皮脂汚れ、古い角質などもすっきりと洗い上げることができます。 また、オイルで毛穴の周りの皮膚を柔軟にすることで、角栓の自然な排出をうながすことができるようになります。 クレンジングオイルを使用するときは、「乳化させること」が大切です。 オイルを顔全体にやさしく馴染ませてから、少量の水をまぶしてオイルを白くしてから落しましょう。 これによってオイルが「水と油が混じり合った状態」になり、汚れをしっかり落とすことができます。 乳化させたあとは、しっかりとすすぎを行いましょう。 蒸しタオル 鼻の毛穴から角栓を取り除くには、毛穴を開くことも大切です。 そこでおすすめなのが蒸しタオルを使ったケアです。 蒸しタオルは、熱と蒸気で毛穴を開かせるとともに、角質をやわらかくし、毛穴につまった汚れや角栓を浮き上がらせる役割を果たします。 メイクを落とした後、以下の手順で行いましょう。 フェイスタオルを水に浸し、軽く絞ってからおしぼりのように巻きます• 500wか600wの電子レンジで30秒~1分ほど加熱します• 火傷に気をつけながらタオルを取り出し、あごに当てるなどして温度を確認します• 熱すぎない温度まで冷ましたら顔全体にあて、3分ほど置きます• 蒸しタオルを取り、洗顔または化粧水や乳液で保湿ケアを行います 正しい洗顔 毎日、なんとなく顔を洗っているという人は、洗顔方法も見直してみましょう。 角栓を落とそうとゴシゴシ力をいれて肌をこすったり、熱いお湯ですすいだりしていませんか? 洗顔料はよく泡立て、手と肌の間で泡をクッションにするようにして洗います。 皮脂の多い部分からやさしく洗い始め、乾燥しがちな目元や口元は泡を乗せるだけでも十分です。 洗顔後はすぐに保湿ケアをすることも忘れないようにしましょう。 なお、角栓が気になるからといって、洗いすぎるのは逆効果です。 洗顔は朝・夜の2回にとどめましょう。 洗顔の頻度を増やすと肌のバリア機能が低下し、乾燥の原因となることがあります。 乾燥すると肌はよりいっそう皮脂を分泌するため、角栓ができてしまう原因になります。 角栓は無理に押し出さない! 鼻に角栓ができてしまうと、ついつい無理やり押しだしたくなる気持ちになってしまう人が多いようです。 しかし、無理に角栓を絞りだすと、毛穴にクレーター状の穴ができてしまい、そこにさらに皮脂がたまりやすくなってしまいます。 紫外線の影響も受けやすく色素沈着を引き起こしかねません。 無理に角栓を絞り出さないようにしましょう。 色素沈着(メラニン毛穴)による黒ずみのおすすめケア方法 色素沈着による毛穴の黒ずみは、原因となるメラニンの生成を防ぎ、排出を促すことが大切です。 美白ケアのポイントをご紹介します。 生活習慣を整え、ターンオーバーを促す 色素沈着の原因となる過剰なメラニンを体外へ排出するには、肌の生まれ変わり、すなわちターンオーバーを正常化させることが大切です。 質の高い睡眠を取るなど生活習慣を見直すとともに、軽い運動やストレッチを取り入れたり、湯船にゆっくりつかることで代謝を高める工夫をしましょう。 すこやかな美肌をつくるには食生活も大切です。 タンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく取るとともに、美白や抗酸化に役立つ以下のような栄養素を含む食べ物を積極的に取りましょう。 ビタミンC…レモンやトマト、パプリカ、アセロラなど。 メラニン還元作用があります• ビタミンE…ナッツ類、アボカド、えごまなど。 肌の代謝を高めます• L-システイン…大豆、小麦胚芽、はちみつなど。 メラニンの排出を助けます• リコピン…トマトやスイカなど。 活性酸素を除去する作用があります• アスタキサンチン…サーモンやエビ、カニなど。 抗酸化作用やメラニン抑制効果があります• エラグ酸…ざくろやベリー系の果物など。 ポリフェノールの一種でメラニンを抑制します 紫外線対策を忘れずに 紫外線を大量に浴びると、メラニンの生成が促進されてしまいます。 日差しが強くなる季節はもちろんのこと、日ごろからUV機能のある下地やファンデーションを塗る、帽子や日傘を活用するなど紫外線対策を忘れないようにしましょう。 美白化粧品でスキンケア スキンケアでは、正しい洗顔・保湿ケアを心がけるとともに、美白成分配合の化粧品を取り入れてみましょう。 美白化粧品は基本的に「メラニン色素の生成を抑えることによりシミ・そばかすを防ぐ」ことが目的ですが、メラニン毛穴をこれ以上悪化させないためにも活用するとよいでしょう。 ここでは、美容成分の一部をご紹介します。 ビタミンC誘導体…メラニンの生成を阻害し、すでにあるシミを還元。 抗酸化作用、炎症抑制作用もある• アルブチン…メラニンを生成する酵素に働きかけ、シミの生成を阻害• プラセンタエキス…メラニンの生成を抑制するとともに、ターンオーバーを促進 色素沈着の改善に効果があるとされる成分のなかには、主に医療機関で処方されている「ハイドロキノン」と呼ばれる成分もあります。 ただし、別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど漂白成分が強く、誤った使い方をすると赤みや刺激、かぶれなどの症状が生じることもありますので、医師の指導にしたがい、正しい用法を守って使うことが大切です。 詳しくは、をご覧ください。 定期的にピーリングを行う 肌のターンオーバーを促すには、古い角質や老廃物を溶かして肌の再生を促すピーリングも効果的です。 石けんや化粧品などピーリング効果のある商品を活用すれば、自宅でも行うことができます。 ただし、ピーリングは頻繁にやりすぎると肌に赤みがでたり、乾燥が進むなど肌トラブルの原因となりますので、使用法や回数をきちんと守って使うようにしましょう。 医療機関でケアを行う 色素沈着タイプの黒ずみは、皮膚科や美容外科に相談するのもおすすめです。 肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリングや美白成分を肌の奥に届けるトリートメント治療、メラニン色素を除去するレーザー治療などがあります。 病院や使用する機械によって効果が変わってきますので、医師としっかり相談をしながら進めていきましょう。 まとめ 鼻の毛穴が黒ずんで見える原因は「毛穴につまった角栓」「産毛の色素」「毛穴付近の色素沈着(メラニン毛穴)」と複数あります。 それぞれ対処法やケア方法が異なってきますので、まずは自分の黒ずみがどのような原因で起こっているのかを見極めることが大切です。 指で触ってみてザラザラ、でこぼこしているようであれば、角栓か産毛による黒ずみです。 角栓が原因となっている場合は無理にしぼり出そうとせず、正しいクレンジング・洗顔や蒸しタオルなどを活用して自然な角栓の排出を促しましょう。 また、産毛が原因となっている場合は、シェービングをすることで解消することができます。 触ってもザラザラしない場合は毛穴の周囲に色素が沈着する「メラニン毛穴」と呼ばれる症状になっていますので、紫外線対策や美白ケアなどを取り入れながら改善していきましょう。

次の

【医師監修】鼻の毛穴の黒ずみを解消!洗顔方法や効果的な毛穴ケア

毛穴 黒ずみ まとめ

【洗顔など、毛穴の角栓・黒ずみにおすすめのスキンケアまとめ】 毛穴の角栓・黒ずみは、分解落としで根こそぎオフ! 美プロがおすすめする、洗顔などのスキンケアアイテムとケア方法をまとめました。 [目次]• 女性誌をはじめ各メディアで大人気。 毛穴に根付いた角栓や黒ずみは、無理矢理かき出すと肌を痛めたり、毛穴の開きの原因に。 酵素やオイルを使って、タンパク質を負担なく分解するケアが正解。 【毛穴の角栓・黒ずみケア】クレイ、酵素洗顔etc. 最新の美容理論や治療法に詳しい。 著書『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)が好評。 【毛穴の角栓・黒ずみケア】皮脂汚れ・老廃物を捨てる! 朝も洗顔料を使って汚れをリセット 朝の肌は寝る前より皮脂汚れが溜まっています。 「しかも酸化も進んでいるので、朝も洗顔料で洗うのがベター。 ソフィーナ 乾燥肌のための美容液洗顔料〈クッション泡〉 120g ¥2000(編集部調べ)/花王 2 ブースター機能も。 アヤナス クリームウォッシュ コンセントレート 100g ¥3000/ディセンシア 【毛穴の角栓・黒ずみケア】古い角質・未熟な角質を捨てる! うるおい不足はジェリー系保湿で解決 「肌内部が水枯れしやすい夏。 取り去るケアの後は特に、化粧水、モイスチャライザーとステップを踏んで、水分&油分をバランスよく補給しましょう」(水井さん)。 ウォータリーで軽い使用感と保湿力を両立した乳液やクリームを投入! 1 フレッシュな使用感とクリームならではの保湿感が共存。 イドゥラ ビューティ マイクロ クリーム 50g ¥10000/シャネル 2 花々の香りに心華やぐ。 サニーサワー デュオ ミルク 150g ¥4000/イグニス 4 溶け込むように浸透して潤いをホールド。 体からのアプローチも並行し、マイルドなスクラブを投入してどんより感を晴らして」(水井さん)。 粒が柔らかく、保湿力が高いアイテムが狙い目。 1 柔らかなジュレと大小の弾力スクラブがいたわりながら角質オフ。 エレメンタリー フェイシャルゴマージュ 100g ¥12000/ITRIM 2 弾力のある微細なスクラブ。 オルビスユー ジュレパック 120g ¥1800/オルビス 3 モロッコ産クレイと国産竹炭、植物由来スクラブが皮脂汚れやゴワツキをクリアに。 【毛穴の角栓・黒ずみケア】皮脂汚れ・老廃物を捨てる! 角栓や毛穴詰まりは毛穴スペシャリストにおまかせ 角栓は皮脂と古い角質や老廃物が混ざり合い毛穴に居座ったもの。 溜まる前の対策が肝心だけど、溜まってしまったら専用アイテムで対策を。 「取りきれなくても深追いは避けて。 定期的に行うことで少しずつ取れていくので、気長に」(水井さん) 1 角栓を溶かして落とす泡立たないジェル洗顔料。 ルナソル スムージングジェルウォッシュ 150g ¥3200/カネボウ化粧品 2 2種のヘッド付き。 水と超音波の力で毛穴詰まりをオフ。 美容成分の導入やリフトケアも。 ダブルピーリングプロ ¥19980/ヤーマン 3 使用後、取れた角栓の量に驚くはず! 毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55 ¥20000(編集部調べ)/パナソニック 額、眉間、眉の上ライン、鼻周り、口の周り、あごが角栓やザラつきの要注意エリア。 【毛穴の角栓・黒ずみケア】皮脂汚れ・老廃物を捨てる!テッカテカのTゾーンはクレイでバランスコントロール テカりや皮脂トラブルが起こりやすい人は、クレイで肌を癒しながら皮脂コントロール。 パック類は小鼻のキワから塗るのがコツ。 「睡眠不足やストレスでも皮脂が増えます。 自分をいたわることも忘れずに」(水井さん) 1 4種のクレイのほか、ライスパワーNo. 1エキスなど保湿成分も豊富な洗顔料。 アクポレス クレイクレンズ 80g ¥3500/アイム 2 毛穴奥の皮脂汚れや角栓のもとをオフするパック。 保湿マスク並みの潤い感も。 ルミナイジング クレイe 100g ¥4000/イプサ パックは乾きにくい小鼻のキワから塗り広げて。 頬や額から塗るとすぐに乾いてクレイが力を発揮する前に洗い流すことに。 【毛穴の角栓・黒ずみケア】皮脂汚れ・老廃物を捨てる! ポツッと黒ずんだ毛穴はお風呂上がり直前の酵素洗顔で 毛穴が黒ずんで見えるのは、角栓の先に付着した汚れや雑菌、毛穴周りの肌のメラニンなどが原因。 「古い角質や汚れを分解して落とす酵素洗顔を定期的に。 お風呂上がり直前に行うのがおすすめ。 スチーム効果で肌が柔らかくなり、毛穴が緩んで落としやすくなります。 黒ずみが気になる部分だけに使って」(水井さん) 1 黒パウダーは酵素、炭、クレイ、白パウダーは保湿成分やアミノ酸系洗浄成分。 なめらかな弾力泡が簡単にできる。 ディープクリア 洗顔パウダー 30個 ¥1800/ファンケル 2 潤いを保ちながらすべすべに洗い上げる。 カネボウ リフレッシング パウダー ウォッシュ 32個 ¥3000/カネボウインターナショナルDiv. 毛穴が黒ずみやすいエリアはTゾーンからあごにかけて。 蒸しタオルは角栓や毛穴詰まりのケアの前もおすすめ。 【毛穴の角栓・黒ずみケア】角栓毛穴に効果的なスキンケアを美プロが伝授 【教えてくれたのはこの方々】 トータルビューティ アドバイザー 水井真理子さん 「どんな優秀な受賞コスメでも、おざなりに使えば効果は半減してしまいます。 大事なのは自分の手で肌に触れ、肌がどんな状態かをきちんと把握すること。 また肌からの情報を正しくキャッチするためには、リラックスすることも重要です。 まずは深呼吸をして、お手入れを始めましょう」 美容エディター 藤井優美さん 「今シーズンはこれまで以上に、日本の風土や環境、現代女性のライフスタイルに寄り添い、あらゆるニーズを満たしてくれる優秀品が多い印象です。 しかも既成概念を振り切るような唯一無二の最新鋭コスメは、あらゆる肌悩みに対応。 エイジング毛穴にも精通している。 毛穴の最新研究で角栓の正体を発見し敏腕をふるう。 あらゆるタイプの毛穴に詳しく、効果的なコスメの開発に励む。 角栓は皮脂汚れや古い角質ではないので、どんな肌質でも存在するのです」(山口さん) (左)通常なら内毛根鞘は分解され排出されるが、(右)分解がうまくいかないと毛穴に詰まり角栓に。 (資料提供:メナード).

次の