ナイピル通販。 ナイピル通販|即日発送|ノルレボジェネリック|輸入代行お薬ラボ

ピルは通販購入がお得【種類や価格】安全サイトの紹介!

ナイピル通販

[目次]• ナイピルの特徴 ナイピルはノルレボのジェネリック医薬品でアフターピル(緊急避妊薬)です。 コンドームを着けてはいたけど破れてしまった、相手に頼まれて避妊をせずに性交をしてしまった、性犯罪に巻き込まれてしまった、などさまざまな要因は考えられます。 そういった時に使用することで、望まない妊娠を防げます。 ノルレボのジェネリック医薬品は現在さまざまな国や会社で製造されています。 ナイピルはインドのLecmaz(レクメズ)社が製造・販売を行っていて、日本人が監修に携わっていることもあり、日本人向けに作られています。 使用方法は、性交後72時間以内に水と一緒に1錠服用することで、望まない妊娠を防ぎます。 日本産科婦人科学会の緊急避妊法の適正使用に関する指針では、避妊率は100%ではなく、24時間以内で95%、25~48時間以内で85%、49~72時間以内で58%と言われています。 サイトによって書かれている確率は変わっていますが、100%ではないということを念頭に置いておきましょう。 72時間以内に服用とよく言われているのは、それ以降になると避妊できる確率が格段に下がってしまうためです。 着床してしまうと効果はないので、使用しなければならない場合には72時間以内に服用するようにしましょう。 ナイピルの成分 有効成分はレボノルゲストレルで、黄体ホルモンの代替えとして使用される人工の黄体ホルモンのプロゲスチンの内の一つです。 レボノルゲストレルはプロゲスチンの中で第2世代にあたり、第1世代よりも黄体ホルモンの量が多くなっています。 レボノルゲストレルを服用することで、脳が十分に黄体ホルモンを分泌したと判断して生成を止めることで、子宮内膜の成長も止まり、排卵もされなくなります。 この作用で、緊急時でも妊娠をするためのサイクルを止めて妊娠を防ぎます。 ナイピルの副作用 排卵を止めるなど、体には無理をさせるので、副作用もあります。 黄体ホルモンを服用することで、本来のホルモンのバランスを崩してしまい、副作用として現れます。 副作用は以下です。 精神神経系:頭痛、傾眠、浮動性めまい、体位性めまい、不安• 生殖器 :消退出血、不正子宮出血、月経過多、月経遅延• 消化器 :悪心、下腹部痛、下痢、腹痛、嘔吐• 血液 :貧血• その他 :けん怠感、異常感、口渇、熱感、疲労、末梢性浮腫、乳房圧痛 予定外の不正出血が一番多く報告されていて、吐き気や頭痛、倦怠感も多く見られます。 これらの副作用は、黄体ホルモンを服用することで起こる、ホルモンバランスが一時的に崩れたために起こるもので、それほど重要視されていないようです。 薬の使用は緊急避妊をしなければならない時に一度飲むだけなので、副作用も一時的であまり重い物も報告はされていません。 副作用がつらい場合や、飲んで大丈夫なのか不安がある場合は医師に相談するようにしましょう。 ナイピルの併用禁止・注意薬 ナイピルを飲む時に、他の薬と併せて飲むと、効果が現れなかったり、作用や副作用が強く出てしまったり、場合によっては重い症状が出てしまう場合あります。 併用禁止薬は以下になるので、確認をして併せて服用することが無いようにしましょう。 抗けいれん薬:フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピン• HIVプロテアーゼ阻害剤:リトナビル• 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤:エファビレンツ、リファブチン、リファンピシン また、セイヨウオトギリソウが含有されている食品も注意しましょう。 重度な肝障害のある方、心疾患・腎疾患又はその既往歴のある方も服用には注意が必要で、重度の消化管障害、消化管の吸収不良症候群がある場合は効果が期待できない場合があります。 該当する方で使用する必要がある場合は、医師に相談をして適切な処置を行うようにしましょう。 ナイピルのまとめ まだ子供を望んでいない場合には避妊が重要になってきます。 ただ、さまざまな理由で妊娠をしてしまう可能性には出くわしてしまう事があると思います。 交際相手との性交の場合にはどんな状態でも自己責任ですし、犯罪に巻きこまれてしまった場合ではどうすることできないでしょう。 アフターピルをあらかじめ持っていることで、なんらかの要因で妊娠の可能性がでてしまった場合に、望まない妊娠を防ぐことができます。 飲む必要がある場合には、早ければ早いほど避妊できる確率が上がります。 今は何が起こるかは分かりません、お守り代わりに1錠持っているだけでも安心できることでしょう。 最終的に自分の身は自分で守るしかありません。 いざとなって慌ててしまう前に準備をしておきましょう。

次の

【公式通販サイト】避妊用フィルムの正規品:2,100円~|ココロ薬局

ナイピル通販

商品詳細 ナイピルは、であるのです。 ナイピルには「 レボノルゲストレル(LNG)」と呼ばれる黄体ホルモンが含まれています。 性行為後72時間以内に服用することでほぼ確実にすることができ、服用するのが早ければ早いほどさらに避妊成功率は上がります。 また、先発薬のノルレボは病院で処方してもらうと保険適用外のため自己負担になるので高額になりがちです。 ですがナイピルはジェネリックのため、 安く購入することができるので万が一のときのために常備薬として備えておきたい方にオススメのアフターピルです。 ナイピルの特徴• レボノルゲストレルの効果で排卵を抑え、避妊を実現• ナイピルを製造しているスマート社はインド在住の日本人が商品の監修に携わっている ナイピルに含まれるレボノルゲストレルは女性ホルモンの1種である黄体ホルモンですが、このホルモンを拡充することによって排卵を抑えることができ、避妊を実現することができます。 また、ナイピルを製造しているスマート社には日本人スタッフが携わっており、日本人の体格や体質に合った商品を展開しています。 ナイピルの錠剤はピンク色の小さい丸型が特徴的になっています。 ナイピルの効果・効能 ナイピルは不安な性行為があった後に服用することで避妊効果を発揮するアフターピルで、ナイピルには先発薬であるノルレボと同成分である「レボノルゲストレル」が含まれています。 効果は「 排卵抑制作用」で、排卵前にレボノルゲストレルを体内に拡充することで 排卵を抑え、精子と卵子の受精を防ぎます。 たとえ排卵後であっても黄体期(月経周期の後期)の短縮によって避妊効果を発揮してくれます。 また、排卵日と排卵日後(危険日)でナイピルによる 避妊成功率に差はないとされています。 服用方法・使用方法 ナイピルの服用方法は、次のようになっています。 ・不安な性行為があってから 72時間以内に1回1錠の服用 ナイピルは72時間以内の服用でも高い効果を発揮しますが、できる限り早めに服用することでさらに避妊率を上げることができます。 理想のナイピルの服用タイミングは 24時間以内となっています。 ナイピルの時間別の妊娠率を目安にしてみてください。 時間別妊娠率 不安行為(性行為)後の時間 妊娠率 12時間以内 0. 1回の服用でもホルモンバランスを大きく変化させ、体にも負担がかかります。 連続での使用は避け、妊娠を目的としない性行為の際はコンドームなどの避妊具を使用するようにしてください。 計画的に避妊をしたい場合は、低用量ピルであるやの定期的な服用がオススメです。 副作用 ナイピルの副作用症状は、次のようになっています。 成分がしっかり吸収されるまでの2~3時間以内に吐き出してしまうと効果が不十分になります。 また下痢によって排泄した場合にも避妊の失敗につながることもあります。 もし2時間以内にナイピルを嘔吐あるいは排泄した場合は、再服用が勧められます。 注意点 ナイピルとの併用禁忌薬は、特にありません。 HIVプロアテーゼ阻害剤(ノービア)• 服用中はセイヨウオトギリソウが含有された食品を摂取しないように注意してください。 服用による肝臓への負担を避けるためです。 また、妊娠している方がナイピルを服用することもできません。 参考サイト 効果・効能、使用方法、副作用、注意点(併用禁忌)のご説明は、商品説明書の他に次のサイトを参考にしております。

次の

ナイピル通販|割引クーポン・口コミあり

ナイピル通販

通販がおすすめな理由• 事前に準備ができる• 安く購入できる• 24時間いつでも注文ができる• 誰にもバレる心配がない 病院処方と通販のアフターピルの価格の違い アフターピルを手に入れるためには、病院で処方してもらうか通販を利用して購入するかの2択です。 それぞれの価格を比較してみてみましょう。 病院処方 通販購入 薬代 5,000~15,000円 1,200円~ 診察・検査代 3,000円 0円 送料 0円 0~1,000円 合計 8,000~18,000円 1,200円~ アフターピルは、病院で処方してもらう場合は自由診療となり健康保険を使うことができません。 そのため全額自己負担となり薬代も高額となります。 一方薬局などで気軽に手に入る海外では薬代もそこまで高額ではなく、国内の病院で処方しているアフターピルと同じものでも安く購入することができます。 すぐに服用するなら病院へ 避妊に失敗したりなどアフターピルが必要になるときは予期はできませんよね。 だからこそ通販で事前の準備が必要となるのですが、海外から輸入する通販の場合は届くまでに1週間ほど時間がかかります。 アフターピルは 72時間以内に服用しなければ効果はありません。 緊急時に必要になったらすぐに病院へ行くようにしましょう。 通販で購入できるアフターピルの種類 通販を利用すれば、病院で処方されているのと同じアフターピルや、海外で取り扱われているアフターピルを購入することができます。 国内の病院では、1錠で15,000円程度で処方されています。 アイピル 1錠 1,200円 3,129円 ー 3,070円 3錠 3,510円 4,182円 3,640円 4,098円 10錠 9,600円 7,960円 9,450円 7,810円 購入ページ アイピルはノルレボのジェネリックです。 世界でも広く使用されているジェネリックで、国内の病院でも使用されている薬です。 国内の病院では、1錠で5,000円ほどで処方されています。 ナイピル 4錠 2,980円 ー 2,980円 ー 8錠 5,660円 ー 5,660円 ー 12錠 8,050円 ー 8,050円 ー 購入ページ 取り扱いなし 取り扱いなし ナイピルは、インドの「レクメズ社」が製造しているノルレボのジェネリックです。 国内では処方されていませんが、ノルレボのジェネリックの中で 1番安く購入できます。 エラ 1錠 4,950円 7,008円 4,950円 7,009円 2錠 8,910円 11,334円 8,910円 11,336円 3錠 11,880円 15,660円 11,700円 15,663円 購入ページ 通常アフターピルは、避妊失敗から72時間以内に服用しなければ避妊効果を得ることができません。 しかし、欧米で最も知名度のあるエラは、 5日(120時間)以内に服用すれば85%と高い避妊効果を得られます。 アフターピルはどんな薬?アフターピルを徹底解説! アフターピルは、避妊に失敗した 72時間以内に服用する緊急用の避妊薬です。 服用する時間が早ければ早いほど高い効果を得ることができます。 しかし、アフターピルには大量のホルモンが含まれており、ホルモンバランスを急激に変えるため、身体の負担も大きいのです。 では、アフターピルについて詳しく見ていきましょう。 アフターピルの効果 アフターピルは、服用するタイミングが早ければ早いほど効果が高いお薬です。 服用時間 妊娠阻止率 12時間以内 99. 5% 24時間以内 98. 「避妊に失敗した」そんな時に病院を調べて向かう時間、開院するまでの時間などは大きなストレスとなりますよね。 そのため、 アフターピルには事前の準備がとても大切なのです。 アフターピルには、女性ホルモンが含まれており、ホルモンバランスを一時的に変化させることで排卵の周期をずらす働きがあります。 排卵をずらすことで妊娠する可能性を下げます。 飲むタイミングが遅いほど妊娠する可能性が高くなるのは、排卵を遅らせることが遅くなってしまうからです。 参考サイト: 妊娠を阻止したかどうかの判定 アフターピルを服用した80%以上の方は生理予定日の前、あるいは服用した2日後以内に生理のような出血が起こります。 そして 95%以上の方が生理予定日7日後以内に生理のような出血があります。 生理のような出血は 消退出血と言い、アフターピルを服用したことで起こる人工的な出血です。 消退出血は、妊娠するために必要な卵子が出血と一緒に体外に出されるため妊娠を阻害することに成功したサインとなります。 しかし、出血が 生理予定日よりも7日以上遅れた場合は病院へ行くようにしてください。 早期妊娠検査薬 価格 5個 1,900円 10個 3,420円 20個 6,080円 早期妊娠検査薬を使用すれば、生理予定日を待つことなく検査を行うことができます。 受精後9~12日ほどで検査することができるため、アフターピルが効いたかどうかを早く知ることができます。 早期妊娠検査薬は、妊娠した時に分泌する成分を検査することで妊娠しているのかどうかをチェックします。 アフターピルの副作用 アフターピルは強制的にホルモン量を変動させ、妊娠を回避する体を作り出します。 急激な変動により、人によっては以下のような副作用を発症する可能性があります。 5%以上の人に現れる症状 0. 1~5%未満の人に現れる症状 頻度不明の症状 ・頭痛 ・消退出血 ・だるさ ・めまい ・月経過多 ・下腹部の痛み ・貧血 ・生理が遅れる ・嘔吐 我慢できないくらいの痛みや気持ち悪さを感じたら、医療機関を受診するようにしましょう。 アフターピルは、 服用してから24時間以内に副作用が出やすいと言われています。 また、服用後3時間以内に嘔吐するとアフターピルの効果が発揮されないため、心配な方は酔い止めなどの薬と一緒に服用すると良いでしょう。 アフターピルの飲み方 アフターピルの服用方法は種類によって異なります。 ・妊娠中、授乳中の方 ・アフターピルを飲んでアレルギーなどの過敏症が出た方 ・重度の肝障害のある方 ・血栓症の既往歴や疑いのある方 また、35歳以上で喫煙している方は医師に相談してから服用することをおすすめします。 アフターピルの選び方 アフターピルには様々な種類があり、どれを選べばいいのか迷いますよね。 緊急避妊は時間との勝負、いざというときに迷うのは避けたいところです。 ここでは従来の緊急避妊法である「ヤッペ法」と「ノルレボ法」の違いを解説した上で、アフターピルの選び方をご紹介していきます。 ヤッペ法とノルレボ法の違い ヤッペ法とは、ノルレボ錠が開発されるよりも前から行われてきた緊急避妊法です。 従来の緊急避妊法であるヤッペ法と新たに開発されたノルレボ錠、この2つには様々な違いがあります。 ノルレボ法 ヤッペ法 服用方法 72時間以内に1錠を服用 72時間以内に2錠 その12時間後に2錠を服用 効果 72時間以内で85% 72時間以内で57% 副作用 吐き気が3. 6%程度 吐き気が30~50%程度 緊急避妊ができる有効時間が性行為後72時間以内という点は、ノルレボ法とヤッペ法でどちらも共通です。 しかしその他の点では、効果や安全面などあらゆるポイントで ノルレボ錠が優れています。 ノルレボ錠がおすすめ ヤッペ法は、中用量ピルを使用した避妊方法で、ノルレボ錠が開発されるまでは日本でも世界中でも使用されてきました。 ですが、ノルレボ錠が販売されて以降、ヤッペ法を進んで使用する国はほとんどありません。 日本の病院の場合ヤッペ法の方が価格が安いというメリットもあります。 しかし通販を利用すると病院でヤッペ法を受けるよりも安い価格でノルレボ錠を購入できるため、緊急避妊法として用いるならやはりノルレボ錠がおすすめです。 価格で選ぶ アフターピルを価格で選ぶなら、 ノルレボのジェネリックがおすすめです。 大きく分けるとノルレボ・ヤッペ法・エラの3つがあるアフターピルですが、ノルレボには多数のジェネリックがあります。 中でも「アイピル」はノルレボのジェネリックの中で最安値になり、1錠1,200円で購入することが可能です。 知名度のあるものを選ぶ 「アフターピルは安心できるものが良い!」という方は、知名度で選んでみてはいかがでしょうか。 知名度のあるアフターピルを選ぶなら、やはり ノルレボです。 ノルレボは多くの婦人科や産婦人科で処方されています。 また海外ではノルレボと同じ成分の薬が薬局で市販されており、世界中で名を知られているアフターピルです。 アフターピルは通販でお得に事前に準備! アフターピルは通販を利用すると、病院で処方されているものと同じ有効成分のものを購入することが可能です。 病院よりも価格が安く、また処方せんなしで24時間いつでもアフターピルを購入できるなど通販ならではのメリットもあります。 自分の体を守るのはやはり自分、万が一に備えてアフターピルを通販購入し、常備しておくのがおすすめです。

次の