レタス きゅうり トマト。 トマトのレシピ

[きゅうりの栄養]あるorない?きゅうりの栄養と、世界の料理

レタス きゅうり トマト

野菜の煮物 87品 定番 9品 肉じゃが 2品 ラタトゥイユ 24品 ポトフ 4品 ロールキャベツ・ロール白菜 6品 野菜の煮物 その他 51品 野菜の和え物 51品 定番 2品 きゅうりの酢の物 1品 もやしのナムル 1品 野菜の白和え 2品 野菜の和え物 その他 47品 野菜の炒め物 70品 定番 2品 ニラ玉 1品 なすの味噌炒め 1品 ゴーヤーチャンプルー 2品 野菜の炒め物 その他 66品 野菜の炒め煮 5品 定番 1品 野菜の炒め煮 その他 5品 野菜の焼き物 42品 定番 3品 焼きなす 1品 野菜の肉巻き 9品 野菜の焼き物 その他 32品 野菜の揚げ物 4品 野菜のフリット 2品 野菜の揚げ物 その他 2品 野菜の蒸し物 14品 蒸しなす 4品 野菜の蒸し物 その他 10品 野菜のおひたし 5品 おひたし その他 5品 野菜のおかず その他 14品 野菜のカルパッチョ 3品 野菜のマリネ 11品 肉のおかず 牛肉 43品 定番 3品 ビーフステーキ 6品 ビーフシチュー 2品 肉豆腐 1品 その他 牛肉料理 34品 豚肉 102品 定番 23品 とんカツ 8品 豚の生姜焼き 8品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 7品 角煮・煮豚・チャーシュー 7品 酢豚 2品 ポークソテー 18品 ポークステーキ 1品 野菜の肉巻き 9品 その他 豚肉料理 44品 鶏肉 91品 定番 28品 チキンカツ 2品 チキンソテー 17品 照り焼きチキン 2品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 9品 その他 鶏肉料理 62品 挽肉 56品 定番 33品 ハンバーグ 25品 メンチカツ 2品 餃子 4品 シューマイ 1品 麻婆豆腐 4品 肉団子 2品 ミートローフ 1品 その他 挽肉料理 17品 加工肉 10品 ベーコン巻き 1品 その他 ベーコン料理 2品 ウィンナソーセージ料理 4品 スパム料理 1品 ハム料理 2品 魚介のおかず 魚介の煮物 23品 定番 2品 さばの味噌煮 2品 アクアパッツァ 2品 魚介の煮物 その他 19品 魚介の焼き物・ソテー 49品 鮭のムニエル 1品 魚介の焼き物 その他 48品 魚介の炒め物 17品 イカ・エビの炒め物 12品 魚介の炒め物 その他 5品 魚介の揚げ物 13品 定番 5品 エビフライ 2品 アジフライ 3品 魚介のフリット 1品 魚介の揚げ物 その他 7品 魚介の蒸し物 4品 魚介の蒸し物 その他 4品 魚介のカルパッチョ・マリネ 11品 魚介のカルパッチョ 6品 魚介のマリネ 5品 魚介の漬け・刺身 1品 まぐろの漬け 1品 練り物 5品 ちくわ料理 4品 はんぺん料理 1品 魚介のおかず その他 7品 魚介のアレンジ料理 7品 魚介の缶詰 4品 ツナ料理 4品 ごはんもの オムライス 2品 定番 2品 オムライス(プレーン、アレンジ) 2品 カレー 46品 定番 4品 チキンカレー 4品 野菜カレー 4品 シーフードカレー 1品 キーマカレー 9品 ドライカレー 6品 スープカレー 6品 カレールゥ 1品 ビーフカレー 1品 ポークカレー 1品 カレー その他 13品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 5品 定番 2品 ハヤシライス 2品 ハッシュドビーフ 3品 寿司 2品 恵方巻き・巻き寿司 1品 混ぜ寿司 1品 炒めご飯・チャーハン 2品 ナシゴレン 1品 チャーハン その他 1品 炊き込み・混ぜご飯 23品 ピラフ 4品 パエリア 7品 ビビンバ 1品 ひつまぶし 1品 炊き込みご飯 その他 9品 混ぜご飯 その他 2品 どんぶり 20品 定番 4品 カツ丼 1品 牛丼 3品 海鮮丼 1品 丼もの その他 15品 雑炊・リゾット 6品 おかゆ 1品 リゾット 5品 アレンジご飯 19品 ドリア 3品 タコライス 12品 アレンジご飯 その他 4品 卵・大豆製品 トマトの基本情報 トマトの特徴 トマトは南米原産の、ナス科の野菜。 16世紀にヨーロッパへ導入され、品種改良されて、現在では、世界じゅうで食べられています。 日本へは江戸時代に伝わって赤なすと呼ばれましたが、食べられるようになったのは明治時代以降、本格的な消費は第二次世界大戦後のことです。 赤くなっても日もちがよく糖度の高い「完熟系」が多く出回っています。 そのほか、サイズではミニトマト、ミディトマト 中ぐらいの大きさのもの があり、ミニトマトには黄色、オレンジ色のものも。 トマトにはグルタミン酸というアミノ酸がたっぷり含まれ、肉や魚と一緒に調理すると、相乗効果でおいしさアップ。 赤い色と酸味が、食欲をそそります。 トマトの選び方ガイド 普通のトマトは、へたがきれいな緑色で、ピンとして切り口がみずみずしく、全体に丸みがあり、色むらがないものを。 かたくしまっていて、ずっしり重いものが、果肉が緻密で甘みもあります。 完熟したトマトの保存は、ポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室へ。

次の

きゅうりのレシピ

レタス きゅうり トマト

ギネス世界記録に登録されたカロリーの低さ 「きゅうりは栄養がない」といわれる理由のひとつが、ある世界記録。 きゅうりは『Least calorific fruit』としてギネス世界記録に登録されています。 日本語に直訳すると、「最も熱量が低い(ローカロリーな)果実」。 これがいつの間にか「世界でいちばん栄養が少ない野菜」と誤解され、広まったようです。 きゅうりは可食部100gあたり14キロカロリーと、確かにカロリーは低いのですが、低カロリーだからといって栄養素が少ないとは限りません。 また、『fruit』とある通り、果実(植物学上、果菜は果実に含まれる)として比較したもので、野菜の記録ではないのです。 こういった分類や直訳のとらえ方が、誤った解釈につながっているのでしょう。 きゅうりが野菜の中で最も低カロリーというわけではありません。 きゅうりにはどんな栄養素が含まれる? きゅうりは95%以上が水分ですから、栄養価が低いように感じられるのかもしれません。 ここで、きゅうりに含まれる栄養素について詳しく見てみましょう。 カリウム…1400mg(ナスの約1. 4倍)• ビタミンC…100mg(トマトの約1. 26倍)• 食物繊維…7. 9g(キャベツとほぼ同等) 野菜によって一度に食べる量に差はありますが、こうして見ると、必ずしも「栄養が少ない」わけではないことがわかります。 きゅうりの漬けものの定番としてなじみ深い「ぬか漬け」などにすれば、ぬかに含まれる栄養素も加わり、カリウムやビタミンB1がアップします。 サラダだけじゃない!世界のきゅうり料理を楽しもう 日本では一般的に、サラダ・酢のもの・漬けものといった生食が好まれますが、世界では、さまざまな料理にきゅうりが使われています。 例えば、スペインの冷製スープ「ガスパチョ」は、トマトをたっぷりと使ったものが有名ですが、同国のグラナダ地方では、きゅうりを主材料に、ヨーグルトを加えたさっぱり仕立てのものが親しまれています。 また、ブルガリアには、刻んだきゅうりとヨーグルトでつくる伝統料理「タラトール」(写真)や、クリーム分の濃いヨーグルトとクルミなどを合わせたサラダで、白雪姫を意味する「スネジャンカ」もあります。 日本国内でも、きゅうりの名産地では多様な味わい方があるよう。 国内出荷量第1位の宮崎県では、「冷や汁」が親しまれています。 魚のすり身に味噌やごまを混ぜて湯でのばし、輪切りにしたきゅうりと薬味を加えたもの。 熱いご飯にかけて食べる、夏の暑さを乗り切る郷土料理です。 また、加熱調理として、せん切りにして豚バラ肉と炒めて味わうのも美味だとか。 最後に きゅうりはスーパーで通年で手に入り、みずみずしくシャキッとした食感や、独特な風味は、日々の食卓のアクセントとして欠かせません。 ぜひ、さまざまな地域の料理にチャレンジして、新しい味わい方を楽しんではいかがでしょうか。

次の

[きゅうりの栄養]あるorない?きゅうりの栄養と、世界の料理

レタス きゅうり トマト

ギネス世界記録に登録されたカロリーの低さ 「きゅうりは栄養がない」といわれる理由のひとつが、ある世界記録。 きゅうりは『Least calorific fruit』としてギネス世界記録に登録されています。 日本語に直訳すると、「最も熱量が低い(ローカロリーな)果実」。 これがいつの間にか「世界でいちばん栄養が少ない野菜」と誤解され、広まったようです。 きゅうりは可食部100gあたり14キロカロリーと、確かにカロリーは低いのですが、低カロリーだからといって栄養素が少ないとは限りません。 また、『fruit』とある通り、果実(植物学上、果菜は果実に含まれる)として比較したもので、野菜の記録ではないのです。 こういった分類や直訳のとらえ方が、誤った解釈につながっているのでしょう。 きゅうりが野菜の中で最も低カロリーというわけではありません。 きゅうりにはどんな栄養素が含まれる? きゅうりは95%以上が水分ですから、栄養価が低いように感じられるのかもしれません。 ここで、きゅうりに含まれる栄養素について詳しく見てみましょう。 カリウム…1400mg(ナスの約1. 4倍)• ビタミンC…100mg(トマトの約1. 26倍)• 食物繊維…7. 9g(キャベツとほぼ同等) 野菜によって一度に食べる量に差はありますが、こうして見ると、必ずしも「栄養が少ない」わけではないことがわかります。 きゅうりの漬けものの定番としてなじみ深い「ぬか漬け」などにすれば、ぬかに含まれる栄養素も加わり、カリウムやビタミンB1がアップします。 サラダだけじゃない!世界のきゅうり料理を楽しもう 日本では一般的に、サラダ・酢のもの・漬けものといった生食が好まれますが、世界では、さまざまな料理にきゅうりが使われています。 例えば、スペインの冷製スープ「ガスパチョ」は、トマトをたっぷりと使ったものが有名ですが、同国のグラナダ地方では、きゅうりを主材料に、ヨーグルトを加えたさっぱり仕立てのものが親しまれています。 また、ブルガリアには、刻んだきゅうりとヨーグルトでつくる伝統料理「タラトール」(写真)や、クリーム分の濃いヨーグルトとクルミなどを合わせたサラダで、白雪姫を意味する「スネジャンカ」もあります。 日本国内でも、きゅうりの名産地では多様な味わい方があるよう。 国内出荷量第1位の宮崎県では、「冷や汁」が親しまれています。 魚のすり身に味噌やごまを混ぜて湯でのばし、輪切りにしたきゅうりと薬味を加えたもの。 熱いご飯にかけて食べる、夏の暑さを乗り切る郷土料理です。 また、加熱調理として、せん切りにして豚バラ肉と炒めて味わうのも美味だとか。 最後に きゅうりはスーパーで通年で手に入り、みずみずしくシャキッとした食感や、独特な風味は、日々の食卓のアクセントとして欠かせません。 ぜひ、さまざまな地域の料理にチャレンジして、新しい味わい方を楽しんではいかがでしょうか。

次の