君の目が貫いた 歌詞。 まちがいさがし

【歌詞解釈】菅田将暉『まちがいさがし』/米津玄師プロデュースの話題曲を徹底考察

君の目が貫いた 歌詞

スポンサーリンク 菅田将暉が米津玄師作詞・作曲の楽曲「まちがえさがし」をリリースすることを発表しました。 米津玄師とのコラボで思い浮かぶのが「灰色と青」ですよね。 なんと、YouTubeでも再生回数が1億回を突破していて、今回リリースする楽曲「まちがえさがし」にも注目が集まっています。 米津玄師が作り上げ、プロデュースする楽曲を菅田将暉がどう表現していくのかも見どころですね。 菅田将暉の歌を聞くたびに米津玄師はその歌声を絶賛しており、菅田将暉のアーティストとしての進化が問われる場面だと思います。 そんな2人の世界観をどう私達に伝えてくれるのでしょうか。 作詞・作曲・プロデュースをしている米津玄師ですが、やはり気になる部分は歌詞だと思います。 米津玄師が描かれた歌詞は感慨深く、自分との気持ち、葛藤などが上手く歌詞に表現されていると感じています。 今回は菅田将暉がリリースする「まちがえさがし」の歌詞の意味や解釈についてお伝えていきたいと思います。 そして、ファンの反応もみていきますね。 スポンサーリンク Contents• まちがいさがし 菅田将暉 の歌詞の意味や解釈は? 菅田将暉と米津玄師は以下のようにコメントをしています。 菅田将暉コメント 四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 米津玄師コメント 灰色と青で出会えて以来、会えばその都度「なんかやりたいね」という話を続けてきて、出来上がったのがこの曲でした。 彼の歌を聴くたび、バーンと喉から勢いよく飛び出してくるその声に毎度震えます。 いろんな人に早く聴いてほしいですね。 僕と同じように思うはずです。 「まちがえさがし」の配信リリース日は2019年5月14日に決定されました。 また、米津玄師もゲスト出演していました。 米津玄師は「まちがいさがし」を制作するにあたり、 半年ぐらい色々な楽曲が通り過ぎていったと語っていました。 最初は「まちがいさがし」の他にも一曲候補があったそうです。 二択の選択でありましたが、当初は、「まちがいさがし」とは違う楽曲を推していましたが、「菅田将暉が歌っているビジョンの確信が持てなかった」と、しばらく考え「まちがいさがし」に決定になりました。 「菅田将暉が歌って初めて」みたいなニュアンスを出すためにはどうしたら良いのか、めちゃくちゃ悩んだそうです。 1日目にレコーディングして、2日目にコーラスのときに、米津玄師が「コーラス部分で試していい?」と、菅田将暉がレコーディングをしている中で、何か他にないかと探索している姿には感慨深いものがありました。 細かい部分まで自分が納得するまで探索する姿にプロを感じました。 菅田将暉さんは「まちがいさがし」について、めざましテレビでこう語っています。 まちがいさがしって題材にしたの?みたいな話を聞いたときの米津玄師のたたずまいですね。 間違い探しって、正解の絵と間違いの絵があると 正解の絵とは違う部分があるわけじゃないですか 自分はもしかしたら間違いの絵の方に生まれてきてしまったけれども いまのじぶんじゃなきゃこういう出会い 目の前の出会いはないし 否定するのも違うってことを淡々と語るんですけど 何かその観点ですね 歌詞だけで救われる人もたくさんいると思う 菅田将暉の楽曲の視聴方法! 「」なら、菅田将暉の 1stアルバム「PLAY」からデビューシングル「見たこともない景色」まで視聴することが可能です。 「菅田将暉が誰かに教えたくなるGood songs」も公開 されています。 映画「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ~2人の英雄 ヒーロー ~」主題歌 シングル「ロングホープ・フィリア」も聴くことが出来ます。 「まちがいさがし」も随時追加されると思います。 ・初回登録後、30日間無料! ・ライブ先行受付や無料招待など特典満載! ・毎週更新!4,000以上のプレイリスト! ・会員特典で毎週火曜日はカラオケ利用料金1,200円割引き(auチューズデイ) と「」は、お得なサービスも充実しています。 菅田さんが「この気持ちにに名前をもらった気がします」と言っていたの、本当にそうだなと思ってしまった。 まちがいさがし、どんな曲なんでしょう…それを聴いた時に思う気持ちを大切にしたいなと思いました。 その日を心待ちにしています。 — suu. 砂の惑星とかパプリカにも微かに入ってたから。 言葉に出来ない何かを期待してしまいます。 とにかく早く聴きたいです。 作詞・作曲・プロデュースは米津玄師です。 菅田将暉のコメントも、米津玄師のコメントも素敵で読んでいるだけで、この楽曲「まちがいさがし」に重度の期待を寄せてしまいます。 それだけ、この2人には魅力があるのだと改めて感じました。 また、配信日も2019年5月14日に決定しました。 米津玄師情報追記です。 アニメーション映画「海獣の子供」の主題歌を担当することが決定しました。 タイトルは「海の幽霊」になっており、映画を元に書き下ろした楽曲になっています。 どんなストーリーで、米津玄師が見えている「海獣の子供」の世界観と景色をどのように楽曲に落とし込んでいるのでしょうか。 歌詞の意味と解釈についても注目して聴きたいですね!.

次の

まちがいさがし/菅田将暉の歌詞

君の目が貫いた 歌詞

まちがいさがしとは? 菅田将暉さんの2ndアルバム「LOVE」の収録曲。 ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌にもなっています。 作詞作曲は米津玄師さん。 菅田将暉さんと米津玄師さんは、 「灰色と青」という楽曲でコラボして以来 意気投合し、タメ口で話すくらいの仲のようです。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 引用: 【 感想】 個性的で自分の信念を貫いているイメージの菅田さん。 表面的ではない深いコメントに この楽曲への愛を感じ、私は感動しました。 「そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました」 「救いでもなく祈りでもなく集い」 というコメントからも この楽曲はあたたかい、やさしい楽曲なんですね。 まちがいさがしのゲームに自分を例えていますね。 意味はシンプルに、そのままだと思います。 この曲の内容をわかりやすく表した歌詞から この曲が始まります。 しかし、正解の方じゃ出会えなかったものに出会えたと、 前向きな気持ちになっていることがわかります。 ここもシンプルにそのままの意味だと思います。 しかしそれはすぐに過ぎ去ってしまう儚いものです。 あなたはただ傍にいてくれるだけでいい。 そんな切なくもあたたかい感情が伝わってきます。 この曲の出だしの歌詞で、 「正解の方じゃきっと出会えなかった」 と言っている部分があります。 自分は正しくあれないという寂しさも 何かを育んでくれていた。 それは何かを問いかけています。 それをこれから一つずつ探していこう。 子供みたいに慣れなくて不器用だけれども。 これまでの自分を少しずつ受け入れ始めています。 「起きがけの」ということで尚更 一歩ずつ、ゆっくりと、手探りの、という ニュアンスが伝わってきます。 君の手が「触れていた」ということから 幸せに気付いた、ということがわかります。 「指を重ね合わせ」ということから それが深い愛であることが伝わってきます。 間違いか正解かをずっと気にしていたけど そんなものさしはもうどうでもいい、と 一皮むけた自分が出てきます。 1番のサビ前の「涙」と同じように ポジティブな意味にもネガティブな意味にも とらえられます。 しかしこの曲は全体的にあたたかい歌詞であることから この淡い靄とは幸せなものであると推測できます。 瞬く間に「落っこちた」という表現も ほんのり明るい気持ちが伝わります。 そして君じゃなきゃいけないという確信、 その気持ちをどうするでもなく ただ素直に自分の中でかみしめています。 ただ、1番のサビの最後の1行だけ変わっています。 1番では「退屈なくらいに何気なく傍にいて」 だったのが「誰にも見せない顔を見せて」 になっています。 どちらも君に対しての特別な感情ですね。 その他のサビの部分は全く変わっていないことから 君と過ごす日常の時間が続いていく、 そしてその中で淡い幸せをかみしめる、 主人公の心情がわかります。 まとめ この曲は、まちがいさがしのゲームに例えられています。 主人公ははじめは「自分はまちがいさがしの間違いの方に生まれた」 と思い込んでいました。 そして間違いだと思っていたこれまでの日々の中でも 何かが育まれていたことに気づき、 それを一つ一つ探していきます。 これだけ流行っているのも納得です。

次の

まちがいさがし 歌詞 菅田将暉 ※ live.gospelproject.com

君の目が貫いた 歌詞

まちがいさがしとは? 菅田将暉さんの2ndアルバム「LOVE」の収録曲。 ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌にもなっています。 作詞作曲は米津玄師さん。 菅田将暉さんと米津玄師さんは、 「灰色と青」という楽曲でコラボして以来 意気投合し、タメ口で話すくらいの仲のようです。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 引用: 【 感想】 個性的で自分の信念を貫いているイメージの菅田さん。 表面的ではない深いコメントに この楽曲への愛を感じ、私は感動しました。 「そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました」 「救いでもなく祈りでもなく集い」 というコメントからも この楽曲はあたたかい、やさしい楽曲なんですね。 まちがいさがしのゲームに自分を例えていますね。 意味はシンプルに、そのままだと思います。 この曲の内容をわかりやすく表した歌詞から この曲が始まります。 しかし、正解の方じゃ出会えなかったものに出会えたと、 前向きな気持ちになっていることがわかります。 ここもシンプルにそのままの意味だと思います。 しかしそれはすぐに過ぎ去ってしまう儚いものです。 あなたはただ傍にいてくれるだけでいい。 そんな切なくもあたたかい感情が伝わってきます。 この曲の出だしの歌詞で、 「正解の方じゃきっと出会えなかった」 と言っている部分があります。 自分は正しくあれないという寂しさも 何かを育んでくれていた。 それは何かを問いかけています。 それをこれから一つずつ探していこう。 子供みたいに慣れなくて不器用だけれども。 これまでの自分を少しずつ受け入れ始めています。 「起きがけの」ということで尚更 一歩ずつ、ゆっくりと、手探りの、という ニュアンスが伝わってきます。 君の手が「触れていた」ということから 幸せに気付いた、ということがわかります。 「指を重ね合わせ」ということから それが深い愛であることが伝わってきます。 間違いか正解かをずっと気にしていたけど そんなものさしはもうどうでもいい、と 一皮むけた自分が出てきます。 1番のサビ前の「涙」と同じように ポジティブな意味にもネガティブな意味にも とらえられます。 しかしこの曲は全体的にあたたかい歌詞であることから この淡い靄とは幸せなものであると推測できます。 瞬く間に「落っこちた」という表現も ほんのり明るい気持ちが伝わります。 そして君じゃなきゃいけないという確信、 その気持ちをどうするでもなく ただ素直に自分の中でかみしめています。 ただ、1番のサビの最後の1行だけ変わっています。 1番では「退屈なくらいに何気なく傍にいて」 だったのが「誰にも見せない顔を見せて」 になっています。 どちらも君に対しての特別な感情ですね。 その他のサビの部分は全く変わっていないことから 君と過ごす日常の時間が続いていく、 そしてその中で淡い幸せをかみしめる、 主人公の心情がわかります。 まとめ この曲は、まちがいさがしのゲームに例えられています。 主人公ははじめは「自分はまちがいさがしの間違いの方に生まれた」 と思い込んでいました。 そして間違いだと思っていたこれまでの日々の中でも 何かが育まれていたことに気づき、 それを一つ一つ探していきます。 これだけ流行っているのも納得です。

次の