ストール マスク。 【代用】スカーフをマスク代わりにする巻き方は?長方形を顔に巻く方法

【代用】スカーフをマスク代わりにする巻き方は?長方形を顔に巻く方法

ストール マスク

令和なマスクづくりに挑戦! 緊急制作 おお麻・ヘンプ100% 令和なマスク 2020年元旦、天候にも恵まれ穏やかに「令和の子年」を迎えたつもりでしたが・・・・、その後、中国の新型コロナウイルスの感染拡大で世界中が不安と恐怖の暗雲に包まれてしまっているようです。 世の中のマスクも品切れ状態でした。 この状況の中で、「 麻・ヘンプで日本を守ろう!」と菊屋ならではのマスクづくり、ヘンプで立ち上がりました。 花粉症・インフルエンザの予防にも、洗って何度でも使える、ヘンプ100%のマスクをお役立てください。 菊屋ならではのヘンプ100%のカラミ織とは 日本で唯一、菊屋でしか作れないヘンプ100%・立体構造で蚊帳にすると通気性に優れています。 マスクでは呼吸が楽でメガネもくもらないという優れもの、高機能マスクになります。 祓い清めの「令和な こころのマスク」にもなりそうです。 菊屋のヘンプ100%のこのカラミ織の生地は 1300年の歴史を持つ 「倭 やまと 巫女 みこ 舞 まい 」さまでも舞のお衣装として使われています。 麻は古来より神社で使われ、大変神聖な植物として崇められてまいりました。 また、雑草の中にあっても強く天に向かって真っ直ぐに育ち伸びる様はどんな困難にも立ち向かっていける、人の役に立つ立派な人になれることど、私たちの願いや思いをかなえる要素も持っています。 実際に身に纏いますと言葉には表せない不思議な感覚があります。 古代から継承された 巫女 みこ 舞 まい の振りには、天のエネルギーを地上に流すことを目指しているようですが、このおお麻の衣装をまとうと、その天地統合の軸を作る所作が楽にできるそうです。 なんとも不思議な、神の依代ともいえる麻の持つ特殊なチカラとも言えそうです。 きっとウィルスからも身を守る 令和なこころのマスクになりそうです。 同じヘンプ素材で、菊屋はストールもつくっています。 麻・ヘンプで立ち上がりました まだ穏やかだった、令和の子年の節分を過ぎたころから立ち上がり、3月10日に新発売をすることが出来ました。 間に合わせることが出来ました。 それも、不思議なことです。 幸いにも、今年の蚊帳のシーズンに向けてのヘンプの カラミ織の生地は織り上がってきていたからです。 また、ヘンプシーツや菊屋オリジナルのねいるケアあんみん枕、そして新商品ヘンプキャメルパッド用として新たに織り始めた無漂白・ヘンプ100%の 平織り生地もだんだんと織り上がってきていたところでした。 それら 令和な安眠素材 であるヘンプ100%生地で出来たマスクづくりは菊屋に与えられた天命だとも感じています。 「虫も殺さず身を守る平和の象徴である蚊帳」、「やさしい安眠空間でる蚊帳」、「みんな仲良く蚊帳の中」・・・・といった 蚊帳の精神で、出来上ったヘンプマスクです。 ヘンプ立体マスクも投入! 新発売から3カ月、お客様からのご要望で、立体マスクも投入しました。 ヘンプ立体マスク 2,000円(税別) 3枚セットで 5,000円 税別 5枚セットで 8,000円 税別) 藍染のヘンプマスクもご用意できました 新型コロナウィルスで開催が危ぶまれている東京五輪、来年への延期が決定となりました。 「令和の子年」開催が出来なくなりましたが、菊屋では 藍染ストールとともに、藍染のマスクも制作しました。 本藍染、薬品を用いずに自然発酵による藍染です。 本藍染ヘンプマスク 2,300円(税別) 願わくは、サムライブルーのマスクと、ストールで世界中の人々を招くことができますように。

次の

Makuake|夏にもおすすめ!Wパワー抗菌!ストールから作ったアップサイクルマスク「マクリア」|マクアケ

ストール マスク

ところが今春、状況が一変して、生産した大切なストールを販売・納品する機会がなくなりました。。。 明るいデザインや 高い抗菌力を持つ、この行き場を失ったストールを眠らせずに、なにか 別の新しいカタチに生まれ変わらせ、みなさまへお届けできたらと考え、 マスクの生産に至りました! 気持ちも明るく!ファッション性のあるマスク これからもマスクは私たちの生活に必需品となっていくようです。 そうであるならば 高機能なのはもちろんのこと、マスクも ファッションのひとつとして取り入れて、 楽しみながら着用できればという思いを込めました。 また菌はニオイの元です。 抗菌作用により、菌が減るのでさらに 消臭効果も期待できます。 豊富なカラーバリエーション&デザイン もとのストールのカラーやプリントデザインをそのまま活かしました。 繰り返し使えて エコ 洗濯しても抗菌効果は持続します 洗濯試験においては、1回15分の洗濯に換算すると、じつに90回以上洗濯しても柿渋タンニンと銀イオンのWパワーは効果が持続していているという結果が出ています。 商品のご紹介 無地 5色 ペイズリー柄 3色 *ペイズリー柄はストールの裁断箇所で1枚ずつ柄の見え方が違います。 柄のご指定はできませんので予めご了承ください。 フラワー柄 2色 仕様 男女兼用1SIZE 両面とも 湿気がこもりにくい天然素材のコットンを使用しています。 プリーツ構造のため、口とマスクの間に空間を作りやすく、暑い時期にも息苦しさが軽減されます。 プリーツはタテ方向に開くのでお好みのサイズに調整しやすくなっており、男女問わずお使いいただけます。 (約18㎝まで開きます) 小さなお子様には ヨコ方向のサイズが大きいと感じられた場合は、ヒモを写真のように結んで長さを調整すればお子様も着用できます。 ソフトなヒモを採用していますので、耳への圧迫感も軽減されています。 (参考写真5歳女児) お洗濯方法 ・手洗い推奨です。 押し洗い、弱く絞って干してください。 洗濯機をお使いの場合は必ずネットをご使用ください。 ・洗濯後もプリーツは残ります。 シワが気になる場合や、よりキレイに整えたい時はアイロンを掛けてください。 シワを伸ばすために強く両端を引っ張ると破れの恐れがありますので、ご注意ください。 ・塩素系漂白剤のご使用は抗菌効果を減少させるので使用しないでください。 リターンについて 1枚のみから複数枚まで、いろいろな組み合わせで選べるように応援購入コースをご用意しました。 またマスク単体だけでなく、 マスクとストールのセットもご用意。 もちろん ストールも抗菌仕様です。 同じ柄で合わせるだけでなく、例えばプリント柄マスクと無地ストール、といったようにお好みでお選び頂くこともできます。 コーディネートをお楽しみください。 詳しくはリターン一覧よりお選びください。 「マクリア」マスクへのご支援どうぞ宜しくお願い致します。 実行者紹介 2回目のチャレンジとなります。 お客さまの求める機能にファッションをプラスし、その両立を目指してこれからもより良い商品を開発していきたいと思います。 ・開発中の工程においてデザイン・仕様が一部変更になる場合がございます。 ・ご注文の状況や、資材不足による供給状況の変化等により出荷時期が遅れる場合がございます。 プロジェクトページの内容に変更がある際は、随時活動レポートなどでご報告してまいります。 私たち2社は、共に横浜に会社があります。 横浜は1859年の開港以来、シルク(生糸と絹製品)の輸出で栄えた街です。 その後、国内向けシルクスカーフの一大生産拠点となり、今回のプロジェクトでは、普段はスカーフの縫製をしている横浜市内の工場様に、縫製作業をお願いしております。 横浜から皆さまに喜んでもらえるよう商品をお届けしたいと思います。 ご支援のほどよろしくお願いいたします。

次の

【抗ウイルス】ガーゼマスク、ストール発売のお知らせ

ストール マスク

先日、奥さんがこんなものを作りました。 見たまんまですが、マスク 笑 このメルマガでもちょいちょいお話をしていますが、奥さんは手作りで色々と作るのが趣味の一つ。 料理はもちろん、子供の帽子や服、赤ちゃんのスタイ。 さらには子供達の遊び道具など。 結構色々なものを作っています。 そして、今回はマスク 笑 実は子供用のマスクは前々から作っていて、上の娘なんかは風邪を引いたときなどにその手作りのマスクをつけていたのですが、今回は大人用にも作ったらしく。 「着けて!着けて!」 というので、僕も試してみることに。 装着するとこんな感じ。 なんか、かなりデカイ 笑 まあ、見た目はともかく、僕が気になるのは今だとコロナウィルスに対してどうなのか?ということと、インフルエンザや普通の風邪菌に対してどうなのか?ということ。 保湿とかの目的であれば手作りでもいいかもしれませんが、マスクの目的は風邪などのウィルスを人にうつさない、うつされない、ということが主。 なので、これがもし効果なかったら意味ないじゃん、という話をしました。 本を買ってマスクについてきちんと調べてみようかな?とも思いましたが、ちょっとそこまでの情熱はなく 笑 今回はネットでいくつか信頼できそうな情報を調べ、奥さんに伝えました。 そしたら、意外や意外、奥さんが作った手作りマスクは基本的な機能は持っている感じでちょっとびっくり。 というのも、最近はコロナの影響で市販のマスクが不足し、自作でマスクを作る人が増えているのだそう。 その影響もあり、間違った作り方をしてしまい、全く予防になっていない、というものも多くあるそうなんですね。 調べると生地の選び方から装着の仕方まで本当に細かい方法がすでにインターネット上には公開させていました。 もちろん、僕はgoogleで「マスク 作り方」と検索したのは初めてだったのですが、ちょっとしたブームじゃないか?と思うほど。 奥さんはたまたまですが、もしかしたら、このメルマガを読んでくれている方の中にも自作でマスクを作られている方がいらっしゃるかも 笑 そのくらい流行っている感じがしました。 まあ、とにかく、ここ数日は僕も奥さんの自作マスクをつけて出勤しています。 自作マスクのメリットは素材をしっかり選定して作り込めばコストが大幅に抑えられることと、自分の顔にフィットした形状を作れるので物によっては市販のマスク以上の効果が期待できること。 ただ、もし自作で作るときは事前にしっかりと作り方を調べることをお勧めします。 ちなみに、日々運用しているインターネット広告から上がってくるデータから分かったことがあります。 それは、今はストールやスカーフをマスク代わりに使っている人が非常に多い!ということ。

次の