安全 標語 パクリ。 安全標語

【安全を知る④】朝礼に必須?秀逸な安全標語7選!

安全 標語 パクリ

忘れるな 基本動作と 危険予知 危険の芽 リスクアセスで 摘みとろう かくれた危険 みんなで摘みとり 先取り安全 これらは過去にあった労働安全標語なんだとか。 なんとなく、 俳句に似たリズムになっていることが多いため、5,7,5でなければならないのか? と疑問に感じる人もいるようですが、標語にそのリズムは関係ないらしい。 だから、 忘れるな 基本動作とあと、えっとあ、そうそう 危険予知 でも良いわけだ。 良いんだけど、もう一度、最初に書いた「標語とは」に立ち返ると分かるように、簡潔に示した短い語句にするべきなので、無駄な付け足しは標語としては適当ではないと言える。 標語の作り方 こんなものは、十人十色。 己の作り方を自由に編み出せば良いだろうと感じるが、一応、ネット上にある作り方に目を向けてみた。 ・過去に作られた標語を参考にする ・テーマに関連するキーワードを用意して並べる ・自動作成してくれるサイトを利用する などと言った方法が紹介されていました。 ・過去に作られた標語の参考の仕方 キーワードなどを過去に作られた標語を見ながらピックアップします。 モロパクリでも良いし、一部、変更しても良いだろう。 上に挙げた標語の例で言えば、「忘れるな」というキーワード。 上の標語では、出だしに使われているが、忘れるなを最後に持ってこようなど配置を工夫しても良い。 「忘れない」という言い方に変えても良いだろう。 危険予知を、危険幼稚、危険四時、危険お家、危険墓地など、まるでラップをするかのように、韻を踏むような形で、別のキーワードを生み出してみるのも楽しいだろう。 標語の作り方は楽しむことが重要に感じる。 これは小学校の時に俳句を教えてくれた先生から学んだことだ。 俳句を作るのではなく、俳句と遊べ的なことを言ってくれていたようないないような記憶が残っています ・テーマに関連するキーワード 例えばイジメ防止標語をテーマに据えて考えてみよう。 他人事、涙、助けよう、叫び、泣く、ウジ虫、一人じゃない、まぁ、よく分かりませんが、イジメの風景やイジメを防止するのに相応しいようなキーワードを最初にガンガン用意します。 そして並べ替えをする。 助けよう ウジ虫だって 一人じゃない 上に並べたキーワードの時点では、こんな酷い標語が出来上がりました。 これはまるでイジメのような標語です。 これではダメだということで、更にキーワードを考えていく。 友達、心、仲間、家族、母、父、妹、兄、世界、隣人、考える、立場、身分、聞く、パッと浮かんだキーワードを追加する。 聞こえない 泣き叫ぶ声 あなたには 本当は、聞こえないのお尻にクエスチョンマークを使いたいところですが、過去の標語を参照しても「?」が使われているものは無いので、適当ではないと思います。 自動作成サイト こんなサイトを発見した。 上の句と中の句を入力して 「安全標語作成」ボタンを押すことで自動的に標語を作成してくれるらしい。 適当に、フェラーリとガマガエルを入れてみた。 すると、 こんな感じで、なんのこっちゃ分からない標語が一つ、自動的に作成されてしまった。 どのような流れで作成されているのか知りませんが、過去に使われたキーワードの中から自動的にピックアップされているのかもしれません。 今度はもう少し、「安全標語」というテーマに沿ったキーワードを考える。 自惚れない 確認しよう なんか、それっぽくなったではないか? 無駄省きが気に入らない場合は、更新・再作成ボタンをクリックすることで、別のキーワード候補を表示させることも可能です。 なんか良いですね、 無駄省きってキーワード。 あんまり聞いたこともないし。 無駄省きを確認するってのが今ひとつ、ストレートに伝わってこないですけどね。 無駄だと思って省くようなところに、実は危険を引き起こす要素があったりするみたいなことを言いたいと思うんですが。 以上、標語とは何か?に関する記事でした。

次の

安全標語自動作成 〜更新ボタンを押すだけで安全標語をどんどん作成〜

安全 標語 パクリ

忘れるな 基本動作と 危険予知 危険の芽 リスクアセスで 摘みとろう かくれた危険 みんなで摘みとり 先取り安全 これらは過去にあった労働安全標語なんだとか。 なんとなく、 俳句に似たリズムになっていることが多いため、5,7,5でなければならないのか? と疑問に感じる人もいるようですが、標語にそのリズムは関係ないらしい。 だから、 忘れるな 基本動作とあと、えっとあ、そうそう 危険予知 でも良いわけだ。 良いんだけど、もう一度、最初に書いた「標語とは」に立ち返ると分かるように、簡潔に示した短い語句にするべきなので、無駄な付け足しは標語としては適当ではないと言える。 標語の作り方 こんなものは、十人十色。 己の作り方を自由に編み出せば良いだろうと感じるが、一応、ネット上にある作り方に目を向けてみた。 ・過去に作られた標語を参考にする ・テーマに関連するキーワードを用意して並べる ・自動作成してくれるサイトを利用する などと言った方法が紹介されていました。 ・過去に作られた標語の参考の仕方 キーワードなどを過去に作られた標語を見ながらピックアップします。 モロパクリでも良いし、一部、変更しても良いだろう。 上に挙げた標語の例で言えば、「忘れるな」というキーワード。 上の標語では、出だしに使われているが、忘れるなを最後に持ってこようなど配置を工夫しても良い。 「忘れない」という言い方に変えても良いだろう。 危険予知を、危険幼稚、危険四時、危険お家、危険墓地など、まるでラップをするかのように、韻を踏むような形で、別のキーワードを生み出してみるのも楽しいだろう。 標語の作り方は楽しむことが重要に感じる。 これは小学校の時に俳句を教えてくれた先生から学んだことだ。 俳句を作るのではなく、俳句と遊べ的なことを言ってくれていたようないないような記憶が残っています ・テーマに関連するキーワード 例えばイジメ防止標語をテーマに据えて考えてみよう。 他人事、涙、助けよう、叫び、泣く、ウジ虫、一人じゃない、まぁ、よく分かりませんが、イジメの風景やイジメを防止するのに相応しいようなキーワードを最初にガンガン用意します。 そして並べ替えをする。 助けよう ウジ虫だって 一人じゃない 上に並べたキーワードの時点では、こんな酷い標語が出来上がりました。 これはまるでイジメのような標語です。 これではダメだということで、更にキーワードを考えていく。 友達、心、仲間、家族、母、父、妹、兄、世界、隣人、考える、立場、身分、聞く、パッと浮かんだキーワードを追加する。 聞こえない 泣き叫ぶ声 あなたには 本当は、聞こえないのお尻にクエスチョンマークを使いたいところですが、過去の標語を参照しても「?」が使われているものは無いので、適当ではないと思います。 自動作成サイト こんなサイトを発見した。 上の句と中の句を入力して 「安全標語作成」ボタンを押すことで自動的に標語を作成してくれるらしい。 適当に、フェラーリとガマガエルを入れてみた。 すると、 こんな感じで、なんのこっちゃ分からない標語が一つ、自動的に作成されてしまった。 どのような流れで作成されているのか知りませんが、過去に使われたキーワードの中から自動的にピックアップされているのかもしれません。 今度はもう少し、「安全標語」というテーマに沿ったキーワードを考える。 自惚れない 確認しよう なんか、それっぽくなったではないか? 無駄省きが気に入らない場合は、更新・再作成ボタンをクリックすることで、別のキーワード候補を表示させることも可能です。 なんか良いですね、 無駄省きってキーワード。 あんまり聞いたこともないし。 無駄省きを確認するってのが今ひとつ、ストレートに伝わってこないですけどね。 無駄だと思って省くようなところに、実は危険を引き起こす要素があったりするみたいなことを言いたいと思うんですが。 以上、標語とは何か?に関する記事でした。

次の

安全標語

安全 標語 パクリ

第2回 昭和26年度 労働者の疾病・特に職業性疾患並びに産業結核の絶滅を期する。 第3回 昭和27年度 健康診断の完全実施と衛生管理機構整備に重点を置いて 第4回 昭和28年度 衛生管理組織の合理的な運営及び作業環境の改善に重点 第5回 昭和29年度 有害作業環境の把握改善と中小企業における衛生管理の推進に重点 第6回 昭和30年度 健康診断およびその事後措置の適正なる実施に重点 第7回 昭和31年度 健康診断特に特殊健康診断の励行並びにその事後措置に重点 第8回 昭和32年度 前年度に引き続き、併せて、作業環境の改善、労働衛生保護具の整備に留意 第9回 昭和33年度 前年度に引続き、併せて労働環境の測定及び改善、労働衛生保護具の整備並びに保健施設の有効な利用に留意して実施する。 第10回 昭和34年度 衛生管理組織の合理的な運営及び疾病特に業務上の疾病の防止に重点を置き、併せて衛生教育の進展を図り、この週間を効果的に実施 第11回 昭和35年度 有害業務対策を積極的に推進すること、及び疾病に基因する欠勤防止の徹底を図ることに重点を置き、併せて衛生管理組織の整備充実、なかんずく労働衛生管理員の選任と活動の促進を図り、この週間を効果的に実施する。 第12回 昭和36年度 職場の衛生点検を行い、健康な職場を作ろう。 第13回 昭和37年度 衛生点検を行い、健康な職場を作ろう。 第14回 昭和38年度 衛生点検を行い、健康で明るい職場を作ろう。 第15回 昭和39年度 職場環境をととのえ、病気のない明るい職場を作ろう。 第16回 昭和40年度 作業条件と環境をととのえ、健康な職場をつくろう。 第17回 昭和41年度 衛生点検を行い、健康な職場をつくろう。 第18回 昭和42年度 作業環境をととのえ働きやすい快適な職場をつくろう。 第19回 昭和43年度 明るい職場は健康から 第20回 昭和44年度 目ざそう、つくろう快適な職場 第21回 昭和45年度 健康なからだと快適な職場をつくろう 第22回 昭和46年度 "健康"は職場と家庭のあいことば 第23回 昭和47年度 からだは健康に、職場は快適に 第24回 昭和48年度 健康は人と仕事の調和から 第25回 昭和49年度 みんなできずこう健康職場 第26回 昭和50年度 めざそう快適な職場 つくろう健康なからだ 第27回 昭和51年度 みんなで見直そう仕事と職場 みんなでつくろう健康なからだ 第28回 昭和52年度 健康はあなたと私の宝もの 自分でつくろうみんなで守ろう 第29回 昭和53年度 職場の環境を改善し 守ろう健康を! 第30回 昭和54年度 環境改善と健康管理に取り組み さらに進めよう健康な職場づくりを! 第31回 昭和55年度 明るい健康な職場は 作業環境の改善から 第32回 昭和56年度 作業環境の改善で 明るく健康な職場づくり 第33回 昭和57年度 健康は作業環境の改善と 明るい職場から 第34回 昭和58年度 作業環境の改善と健康づくりで 明るい職場 第35回 昭和59年度 広げよう環境管理 進めよう作業管理 高めよう健康管理 第36回 昭和60年度 工夫と努力で環境改善 心とからだの健康増進 第37回 昭和61年度 みんなで進める環境改善 心とからだの健康づくり 第38回 昭和62年度 ととのえよう職場の環境 進めよう心とからだの健康づくり 第39回 昭和63年度 快適ですかあなたの職場 健康ですか心とからだ 第40回 平成元年度 今!快適な職場づくり いま!心とからだの健康づくり 第41回 平成2年度 健康です!心とからだ 快適です!わたしの職場 第42回 平成3年度 広げよう心とからだの健康づくり 進めよう快適な職場づくり 第43回 平成4年度 みんなでつくろう ゆとり・健康・快適職場 第44回 平成5年度 いきいき健康 仕事にゆとり 笑いいっぱい元気な職場! 第45回 平成6年度 守ります私の健康 つくります疲労・ストレスない職場 第46回 平成7年度 みんなで進める健康づくり 創意と工夫で快適職場 第47回 平成8年度 一人一人が健康づくり みんなの力で快適職場 第48回 平成9年度 進めよう健康づくり あなたと企業の二人三脚 第49回 平成10年度 快適職場に明るい笑顔 あなたが主役の健康づくり 第50回 平成11年度 続けてますか 健康づくり 進めてますか 快適職場 第51回 平成12年度 ミレニアム つくろう 心とからだの健康 快適職場 第52回 平成13年度 新世紀標準!健康で笑顔あふれる快適職場 第53回 平成14年度 自分でチェック!私の健康 みんなでチェック!働く環境 第54回 平成15年度 見つめて下さい心とからだ 見なおしましょう職場環境 第55回 平成16年度 レッドカードが出る前に 心とからだの健康づくり 第56回 平成17年度 働き過ぎていませんか 働き方を見直して 心とからだの健康づくり 第57回 平成18年度 疲れてませんか 心とからだ みんなでつくろう健康職場 第58回 平成19年度 こころにゆとり からだに余裕 みんなでつくる 健康職場 第59回 平成20年度 あなたが主役 明るい職場と健康づくり 第60回 平成21年度 トップが決意 みんながつくる 心の健康・明るい職場 第61回 平成22年度 心の健康維持・増進 全員参加でメンタルヘルス 第62回 平成23年度 見逃すな 心と体のSOS みんなでつくる健康職場 第63回 平成24年度 心とからだの健康チェック みんなで進める 健康管理 第64回 平成25年度 健康管理 進める広げる 職場から 第65回 平成26年度 みんなで進める職場の改善 心とからだの健康管理 第66回 平成27年度 職場発! 心と体の健康チェック はじまる 広がる 健康職場 第67回 平成28年度 健康職場 つくる まもるは みんなが主役 第68回 平成29年度 働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場 第69回 平成30年度 こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革 (注)第1回から11回は重点、第12回は目標、第13回以降はスローガン•

次の