アズールレーン ルマラン。 コメント/ル・マラン

「アズールレーン」と浅田飴がコラボ。動画「ル・マランの正しい手洗い講座」を公開

アズールレーン ルマラン

建造時の艦種は「大」。 後の年に「」に変更。 更にに「高速」に分類。 所属ル・スク級の一隻。 を守る者として時には冷に、そして時にはずる賢く立ち回る。 から復刻開催された「との」にてされたの一人。 前回された・や等と共に、期間限定建造にて入手できる。 建造率はだが、例の如く出ない人とん出ないため深追いには十分注意が必要である。 に「との」は「履歴」で常設となり、それに伴ってル・ンも小艦建造に常設となった。 ただ、なしの建造であるため、以前にもまして狙って出すのは困難。 未入手のは、建造などで焦らず出るのを願おう。 だるい……秘書艦やめ…… はっ!なんでもありません! 全身のほぼ全てがに統一されている。 一部を二つのにめたの長、身につけているものとにの羽を模したかのようのと、まるでのような出で立ち。 その一方で手に握るはであり、いを周囲に振りまいているという、非常にストが映える立ち姿となっている。 艦名が本来意味するところの「」を判明したものだろうか。 後述の名を考えるとにを塗っていそうであるが詳細は定かではない。 そんなの性格は記事の冒頭に書かれているように、出会い頭に「なるの邪しき」を自称をするという 臭い仰々しいもの ……と思いきや。 実際の所は、かのもかくやと言わんばかりの がつくほどのたら。 にするとの段階で既に疲れを感じさせるを吐き、眠いだのだるいだの疲れるだのとしきりにをこぼす。 他にものを想像して「 へ」と独り言をしたり、「ンに入れ方を教えてもらった」などときながら ーバッグのを勧めてくるなど、自称とは全く正反対のかなりいい加減な性格。 とは一体…うごごごご!ちなみにから推察すると、たらなにな振る舞い方をさせているのはのル・ンである可性が高い。 な船紹介によれば「 たる邪しきに隠された、の本当の姿を見た者はほとんどいない」らしいが、それは隠してるんじゃなくて 単に本気を出すのが面倒なだけなのではないだろうか? と同時に固有ス「たらディマンシュ」が期間限定で購入可となっている。 ディマンシュとはで「」を意味するであり、要するにがいの日の姿ということ。 普段のたら度に更に拍がかかり、など全にあさっての方向へと投げ捨ててしまっている状態である。 を引き合いに出されたって絶対にらしい。 更にはもたらにさせようと、 隠れてに安眠系を混入しようとする始末。 しんなんでも域に連れて行くときちんとしてしまうあたり、意外と儀な性格なのかもしれない。 には、付き着せ替え「隠れのディ」がされている。 と見紛うばかりの極端な露出度の姿で、上記「たらディマンシュ」にべると麗さと艶っぽさはかに。 しかし、たらしたいというになんら変わりはなく、 ゼッに執務室に戻らないと宣言してしまう。 それでも許してしまうは、へいらっしゃい にゃ。 速さがあっても、火力がなければ敵は倒せません。 5 12. 0 自身が敵艦を撃破した場合、終了まで自身のが0. 5 2. 0 (最大10回加算可) 2:の 自身の回避・装が5. 0 20. 開始後、このによる強化効果は20以内に0になるまで減少し続ける。 のル・ンと同じく、全艦の速を持つ。 短期戦と長期戦それぞれに向いているを持つが、発動条件の関係上よりも手動のほうが価を発揮しやすい。 のによって評価が分かれるところだろう。 1つの効果は「 自身の撃を10回当てた敵に対し、被ダメを増大させるを付与する」というもの。 により被ダメを増大できるのは の撃と撃であることから、攻撃特化のと相性がいい。 2つのは自身が敵艦を撃破した際、永続的に自身のを上昇させるというもの。 最大10回まで加算可だが、自身がとどめを刺さないと発動しないというのが大きな。 後述のの効果が発動しているうちに撃破数を稼ぐことがめられる。 2「の」は開始直後に自身にを掛けるが、時間が経過するごとにの効果が減衰するという のたらぶりを反映した。 たった20であるが最大20もの倍率を持つを得ることができるため、中の敵を撃破するにはもってこい。 ヴィシアを守る邪しき剣、参ります! はかつて軍が建造し保有していたル・スク級大3番艦「ル・ン(Le Malin,18)」。 名前はで「」を意味するものであり、同じ名前を受け継いだ艦としては3代に当たる。 1年起工、3年進、6年工。 起工順としてはのル・ンの方が先だが、進順としては本艦が先である。 ル・スク級の詳細についてはの項を参照。 同じル・スク級と共に第8隊を編成し、のを拠点とする第2軽に配属。 当時のだったのへの遠洋任務に着いた。 その後は艦隊の再編成に伴い、7年にに編された。 にが勃発すると、ル・ンらは襲撃部隊(For de )の艦艇と共に西洋の任務に従事。 半ばにはで多数の輸送船を沈めていたの捜索に参加した。 にはン( L'Ine)やル・ンと共に、までススブールの護衛を行った。 10年、のの気配を感じ取った軍は、のケにを含む襲撃部隊を召集。 ル・ンはが実施したとへの侵攻()への対応をこなしつつ、に向かう艦艇の発見を的とした高速航行巡回をゲラク峡で実施した。 その任務の過程で艇2隻を発見し、そのうち1隻に撃で損傷を与えることに成功。 Sボート2隻に撃されることもあったが、それを持ち前の速で回避して逆に1隻を返り討ちで撃沈している。 このの後には域から離脱したが、ル・ンはの故障のため速が低下。 はできたが離脱が遅れたために、明け前に襲を受けることになる。 幸いにもはなく、その日の午後にのロに帰還することができた。 10年、はのを前に為す術なく降伏。 休戦協定により親独のが立することになる。 このを機にル・ンを含めた多くの艦艇が本を脱出していたが、ル・ンはに留まっていたため自動的に政権の管理下に入った。 その後にでのの攻撃から退避してきたススブールを迎えるため、と共にトゥーへと移動した。 10年からにかけて、敗戦のが落ち着いたことを見計らって修工事を実施。 その間に極一部を除いたのが側に与することになる。 にはのを受けながら、大艦隊をのダへと。 当然ヴィ側もこれを見過ごせるわけがなく、艦隊をしたことでが始まった(ダ戦)。 前に側は降伏のビラを撒いたり、のドが自ら赴いたりとを回避しようとしたがいずれも失敗している。 ヴィ側は寡兵であったが、における側のな行いにより不信感を募らせており、非常に戦意が高かったのである。 ル・ンは、僚艦のローダシューと共に艦隊と交戦。 途中でローダシューが軍の攻撃で擱座してしまったが、味方を守るためにを散布しながら戦域を奔走した。 降り注ぐ弾によりが損傷してが低下、更にはから発艦した艦載機による襲を何度も受けたが切り抜ける。 戦意が高かったこともあってヴィ側は善戦。 当時だったも果敢に応戦し、のを損傷した。 またのべベジエがのレゾリューションを大破に追い込むなどしたことにより、とは上陸を中止。 ヴィはダに上陸しようとした連合側を見事に撃退した。 なの戦いにより、ヴィ側のへの不信感が更に増大することになったのは余談である。 12年、のでドック入りしていたル・ンは、トーチにより侵攻してきたとの(戦)に巻き込まれた。 にしていた軍の・とのが撃戦を行い、から放たれた弾のがドックにいたル・ンに命中。 その威は凄まじく、ル・ンは大破してドック内に着底、船体が13. 5度も傾斜し、部が大量のにより浸する事態となった。 の状態のまま航されてドックを脱出すると、応急で傾斜を正した後、対で飛来するに応戦。 一連ので戦死者7名、負傷者7名を出した。 にヴィ側の現地官である・ランが休戦協定を結んだことで戦は終結。 この日をにル・ンは側の配属となる。 戦で受けた損傷をしたル・ンは、化修を受けるためにへと出発。 年に州のに到着すると、軍工にて大規模な修を受けた。 既存の兵装は全て撤去し、製の最新鋭の対、爆投射機、等に。 艦種をとめ、同様に化された他のル・スク級と共に再びの戦いへと身を投じることとなった。 にに戻ったル・ンは、ル・ンやル・テリブルと共に第10隊を編成。 の第24に加わっての任務に着き、持ち前の速を活かしてと間の上輸送のに尽した。 またには南のスへの上陸()に参加。 撃による上陸の援護を行った。 、のからトゥーに向かっていたル・ンは、悪のためにル・テリブルの左舷へと衝突した。 両艦は大破し、ル・ンは15に渡ってを切断。 双方合わせて名もの死者・者を出すとなった。 その後になってやって来たの船と軍の艦により航。 27日にへと帰投した。 に破損した部分をし、に本格のためにラ・シへ向けて出発。 その中で衝突が起きた域に立ち寄り犠牲者の慰霊祭を行うと、にラ・シへ到着。 かつてトゥーで行われた艦隊の一斉自沈、それに巻き込まれた艦ンのを利用しが行われた。 された部の艦内通路、ル・ンの艦体とンのの継ぎには、以下の文章が刻まれたトが掲げられたそうである。 "i f Le Malin et mee L'Ine" (ここでル・ンは終わり、ンが始まる) この作業にはの大半を費やしたことから、ル・ンは入渠中のままを迎えることとなった。 ル・ンは高速に再分類され、軍のマンシュの護衛任務などに従事。 には軍士官の艦となり、更にに予備役となった。 に軍を除籍、棄が決まったが延期となり、にて防波としてされる。 その12年後のにとして売却され、更に3年後のに解体。 除籍・解体ともに、同級の中では最後の艦であった。 関連動画 関連静画 関連項目• ル・スク級大• ル・マラン(アズールレーン)• ラド級艇•

次の

アズールレーン

アズールレーン ルマラン

元々は「光と影のアイリス」期間限定建造で実装されていた。 【艦船紹介】 駆逐艦 ル・マラン ヴィシア聖座所属ル・ファンタスク級駆逐艦の一隻。 ヴィシアを守る者として時には冷徹に、そして時にはずる賢く立ち回る。 自身が戦闘中敵艦を撃破した場合、戦闘終了まで自身の火力が0. 自身が戦闘中敵艦を撃破した場合、戦闘終了まで自身の火力が2. 戦闘開始30秒後、このスキルによる強化効果は20秒以内に0になるまで減少し続ける。 Lv10 自身の回避・雷装が20. 戦闘開始30秒後、このスキルによる強化効果は20秒以内に0になるまで減少し続ける。 最低2回の斉射でスキル発動条件の満たせる駆逐主砲• 撃破数を稼ぎやすい多連装磁気魚雷• 射程を補強する対空砲•

次の

【アズールレーン】ル・マランの性能と使い方メモ【駆逐艦】

アズールレーン ルマラン

高い火力を有する陣営所属のSSR駆逐艦。 癖の強いスキルを所持していて使い勝手は若干悪いのが残念なところ。 速力の高さも特徴の1つ。 自身が戦闘中敵艦を撃破した場合、戦闘終了まで自身の火力が0. 戦闘開始30秒後、このスキルによる強化効果は20秒以内に0になるまで減少し続ける。 いつでもご命令を……はああ…… 詳細確認 はあ……眠い……ベッドでゴロゴロしたい……Zzzzz……!?な、なんですか!? メイン1 速さがあっても、火力がなければ敵は倒せません。 当然です メイン2 だるい……秘書艦やめ…… はっ!なんでもありません! メイン3 ダンケルクさんの手作りお菓子……ぐへへへ……いかんいかん!まだ勤務時間中だぞ…! タッチ エレガントは…疲れるよね……!?な、なにか御用でしょうか! タッチ2 ひゃう!?な、何をするんですか! 任務 新しい指示です。 指揮官 任務完了 指揮官、上からの褒章です メール 指揮官への手紙です。 ……私への手紙はないですか? 母港帰還 トリオンファンに教えてもらった紅茶です。 ……バレましたか?ええ、ただのティーパックです。 飲めば? 委託完了 みんなが帰ってきました。 早く出迎えに行きましょう 強化成功 頑張らなくてはなりませんね 戦闘開始 ヴィシアを守る邪しき剣、参ります! 勝利 邪魔者は片付けておきました 失敗 まだ負けていない……まだ……まだよ!! スキル 消えろ!! 損傷大 手強い…! 失望 …… ル・マランは寝ているようだ 知り合い 駆逐艦ル・マラン、そなたの秘書艦にして、ヴィシアの邪しき剣。 自身が戦闘中敵艦を撃破した場合、戦闘終了まで自身の火力が0. メインは敵艦撃破による火力上昇で、最大20%火力を上昇させることができます。 後半に強化が寄るので、ボス戦などで効力は発揮しやすいスキルになっています。 スキルを発動させるために、手数が多く威力も強力な「」を装備させることをオススメします。 もう1つは、戦闘開始直後に回避&雷装を大幅に強化し、戦闘時間が進むにつれて徐々に効果が薄まっていくというもの。 鼓動のヴィシア 自身の回避・雷装が5. 戦闘開始30秒後、このスキルによる強化効果は20秒以内に0になるまで減少し続ける。 ステータス、スキルからル・マランを総合的に評価すると、 それなりに強力ではあるものの、SSR駆逐艦としては全体的に見劣りしてしまうというのが正直なところです。 実装と同時に実装された着せ替え「少女のルヴェリテ」はとてもカワイイ。 ル・マランを強化することを考えるのであれば、、、などと組み合わせることで性能を底上げさせることができます。 特にはアイリス・ヴィシア陣営を強化するスキルに加え、改造によって駆逐艦を強化するスキルを獲得するので、組み合わせとしての旨みが大きいです。 他には、速力の高さを活かして、重巡洋艦などの移動速度が遅いキャラクターと組ませるのも良いですね。 陣営が合う「」はオススメです。 「ル・マラン」の同型艦一覧 ル・ファンタスク級.

次の