ジェット スター ライブ チケット。 【解決】ジェットスターのライブチャットが繋がらない時の対処法

ジェットスターのウェブチェックインの手順やチケットの発券方法

ジェット スター ライブ チケット

ジェットスター欠航とキャンセルの技 「ジェットスターのチケットを買ったものの、 予定が変更してしまいキャンセルしたくなった…」 ジェットスターのような LCC 格安航空会社 では、予定の変更や キャンセルに対して、 払い戻しや返金に応じてくれるのかな?という疑問が起こりませんか? 実際には、ジェットスターでは「 運賃タイプ」によって、フライトの 変更や払い戻しの対応が細かく決められています。 まず、それらについて、詳しく見ていきましょう。 ホームページで変更する場合は 3,240円、コールセンターで 変更する場合は 4,320円の手数料が必要となります。 変更先の運賃が元の運賃よりも高い場合、差額を支払わなければなりません。 変更先の運賃の方が安い場合でも、差額は返還されません。 「Starter」の場合と同様に、変更先の運賃の方が高い場合の差額が 必要で、安い場合も返金はありません。 日程の変更がある場合は「Starter Plus」での予約 割増料金は 1,650円から をおすすめします。 取消の可能性も考えられるような場合は、後で説明 するように「Starter Max」での予約 割増料金は 4,000円から15,000円程度 が無難です。 もしどうしても自分の都合が合わなくなった場合、 知人に航空券を譲ることもできます。 搭乗者名の変更をする場合は コールセンターで受付できます。 それ以外の方法では受付されません。 また 往復便の復路や往路のみの搭乗者名の変更はできません。 出発地・到着地の変更は「Starter Max」のみで可能です。 手数料は 不要ですが、差額分の支払いは必要です。 様々な変更の可能性がある場合は、このタイプでの予約が無難ですが、 基本運賃に比べてかなり 割高なのが困ったところになります。 また、これらの変更は、「 Starter」と「 Starter Plus」ではチェックイン 手続き開始時刻の 2時間前まで、 「 Starter Max」では 当日中ならいつでも可能になります。 フライトを取り消す場合 通常の運賃タイプでは航空券を キャンセルする場合、支払い済みの料金は 返金されないので注意が必要です。 フライトの変更は「Starter Plus」と「Starter Max」では無料で 出来ますが、キャンセル時の払い戻しは「Starter Max」でのみ、 3,090円の手数料を支払えば可能です。 ウェブサイト・コールセンター・ 空港カウンターで手続きを行えます。 手続きは簡単で、すぐにキャンセルできます。 その他の運賃タイプで予約している場合は、 何も手続きをする必要はありません。 そのまま放置すれば自動的にキャンセルされるのです。 不本意な形かもしれませんが、コールセンターでもウェブサイト上でも 予約をキャンセルできないので、それで何も問題ありません。 なお、 フライト欠航時にキャンセルする場合は、 いずれの運賃タイプでも 手数料なしで返金を受けられます。 予約の際は注意が必要! ジェットスターの航空券は 非常に安いです。 しかしその分 サービスが省略されています。 「Starter」や「Starter Plus」のような 払い戻しができない運賃タイプの場合、 一度予約して代金を支払うと、 支払い済みの代金は一切戻ってきません。 そのため、旅行の予定をしっかり確認して、 キャンセルする必要のないように、気をつけて予約することをおすすめします。 「仕事などで予定が不透明だが、その日程の前後で旅行したいので、 とりあえず予約だけは取っておきたい」という場合、 「Starter Plus」で予約することをおすすめします。 この運賃タイプでは フライトの変更が無料で出来るので、もし 都合が悪くなった場合でも、すぐに変更できるからです。 ただし、変更する便の料金が予約した便より高い場合、差額を支払う 必要はありますし、安い場合でも差額は返金されません。 「Starter Max」は便利だけど… 最も高い運賃タイプである「Starter Max」は、 3,090円の手数料で キャンセル時の 払い戻しができるなどの 特典があるので、 たいへん便利です。 しかし、比較的人気のある「Starter Plus」に比べて、 「Starter Max」の利用は非常に少ないです。 それは基本運賃である「Starter」と比べて かなり割高になってしまうからです。 割増料金の幅は 4,000円から15,000円程度で、 通常は 10,000円前後の差額となっています。 せっかく格安航空会社を利用するのに、 この価格ではあまり意味がないように思えます。 しかし、繁忙期では基本運賃の「Starter」が高くなり、 「Starter Max」の割増料金は下限の 4,000円に近づきます。 旅行をキャンセルする確率が高く、割増料金が少ない場合に 「 保険」 として利用するも一つの方法なのかもしれません。 運賃タイプによる価格差 ジェットスター 乗り遅れそうな場合は? 他のコラムでも触れていますが、 LCCは時間に非常に厳しいです。 ただの1分すら待ってくれないのです。 出発予定時刻の30分前 国際線は60分前 までに チェックイン できなければ、搭乗できません。 その場合は「Starter Max」や「ビジネスクラス」以外では、別の 便への振り替えも払い戻しもできなくなります。 出来ることなら乗り遅れてしまうのは避けたいですよね。 しかし何らかの事情によって遅れてしまうことは、どうしてもあります。 そんなときのために、 ジェットスターには 救済処置が用意されています。 乗り遅れそうなときは、 出発時間までに空港のカウンターにて 「 到着遅延手数料」を支払えば、 空席のある別のフライトに振り替えてもらえます。 あくまで 出発時間までに空港のカウンターに到着した場合にだけ この救済処置を利用できます。 もし出発時間までにたどり着けなかったら、残念ですが 今回は諦めてしまうしかなくなります…。 なお、この「到着遅延手数料」は公式ページに掲載されている 「手数料一覧」 リンク: 上では、 現在は非公開となっています。 到着遅延料の制度自体は現在もありますが、 あくまで空港のカウンター側での 特別措置となっている事が理由でしょう。 以前は公開されていて、手数料は 2,500円でした。 非常時の場合は、ぜひともこの制度を利用することを知っておきましょう。 さて、ジェットスターのフライト変更や キャンセルについて解説してきましたが、いかがでしたか。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の

【体験記】ジェットスターで搭乗証明書発行にはライブチャットが便利だった

ジェット スター ライブ チケット

Contents• ライブチャットでの手続き方法 ジェットスターの予約変更・キャンセル方法の一つに、 ライブチャットというチャットを使って手続きする方法があります。 予約の変更・キャンセルはウェブからでもできますので、一番早く手続きできるのはウェブからですが、例えば変更・キャンセルに関して問い合わせをしたいことがある場合などには、電話やライブチャットでの手続きが必要となります。 ただし、ジェットスターの公式HPによると、通常、コンタクトセンターやライブチャットで予約の変更をする場合には 追加料金がかかるようなので、注意が必要です。 ライブチャットでの手続きは、以下の通りです。 1、ジェットスターの公式HPからコンタクトセンターにアクセスする。 この画面では問い合わせの電話番号を知ることができ、スカイプのサービスも利用できます。 2、「ライブチャット」のボタンをクリックして必要事項を記入する。 3、ジェットスターの担当者とチャットできる状態になったら、必要事項を記入し、メッセージのやり取りをする。 ライブチャットの使い方はとても簡単です。 ライブチャットの注意点 ライブチャットの使い方はとても簡単で、電話をかけるのが面倒という方はこのチャットサービスを使えば楽で便利です。 しかし、 注意点がいくつかあります。 ライブチャットが使えるまでの待ち時間 ライブチャットはとても楽で便利なのですが、 チャットができるまでに時間がかかる場合があります。 私がライブチャットを使って手続きをしたのは、とある時期に何便もが欠航になったタイミングだったので、 問い合わせが殺到していました。 電話、スカイプでの問い合わせを試しましたがつながらず、ライブチャットに挑みましたが、土曜日の9:00から何度か試して、結局つながったのは月曜日のお昼でした。 ライブチャットでの待ちは3段階あります。 1段階目は、 ライブチャットのアクセスボタンが出るまでの待ちです。 ライブチャットも電話と同じで、 混みあっているときは順番待ちになります。 ジェットスターの公式HPからコンタクトセンターにアクセスするとオレンジ色のライブチャットのボタンが表示されるのですが、この ボタンが出てくるまでに待ちがあります。 2段階目は、ボタンが出てきてクリックすると、 必要事項を記入する画面に進むのですが、必要事項を記入したあとにも、「 混みあっているためしばらく時間をあけてお試しください」のような表示が出てきます。 ですが、そこまで来たらあとは 画面を開いたまま、つながるのを待つだけです。 ここで 画面を更新したりするとまた初めからやり直しになるので注意してください。 チャットのスピード感 ライブチャットは、メッセージを送るだけなので楽は楽なのですが、 電話に比べるとスムーズではありません。 私の場合、15往復ほどチャットしました。 電話でも、 お客様の情報を確認しますので少々お待ちくださいという時間があると思いますが、チャットでもそのような時間はあります。 しかも払い戻しという要望をはじめから伝えているのにも関わらず、振替ではなくてよろしいですか?という確認が入るなど、確認のためのやり取りもチャットで往復しなければなりません。 早 く手続きしてほしいというような切迫感が伝わらないのはライブチャットの弱点ですね。 手元に履歴が残らない ライブチャットは、アプリなどを使ってやり取りするのではなく、 ジェットスターの独自のサービスを利用するため、 チャットの履歴が残りません。 もちろんジェットスター側には履歴は残りますが、 こちら側がチャットの履歴を見返すことはできません。 ちなみに、ライブチャットで払い戻しの手続きが完了したという 手続き完了メールは届きました。 実際に私がライブチャット中にチャットで質問したところ、 メールは送りませんと言われましたが、後日手続き完了のメールが届きました。 ですが、念のために チャットの履歴はスクリーンショットなどで取っておくことをお勧めします。 制限時間がある ライブチャットのサービスには制限時間があります。 もちろんチャットのやり取り中には制限時間はありませんが、 問題が解決しやり取りが終了すると、 やり取り終了後5分ほどでチャットの画面が強制的に閉じられてしまいます。 なので、チャットの履歴をスクリーンショットなどで残したい場合には時間を意識しながら早急に取り掛かりましょう。 払い戻しまでには最大3か月かかる 予約をキャンセルし、払い戻しを希望する場合、ライブチャットで無事払い戻しの手続きができたとしても、 実際に払い戻しがされるまでには 最大3か月がかかるようです。 (クレジットカード決済の場合) もし3か月経っても払い戻しされない場合、かなり不安になりますよね。 そんな時のために 必ずチャットの履歴を取っておきましょう。 チャットの履歴はジェットスター側では確認でき、 払い戻しがされなかった場合にジェットスターに問い合わせをする際は、 予約者名と予約番号を伝えればよいとのことですが、念には念をもって、履歴は残しておいたほうが良いです。 まとめ ライブチャットでの手続きは、メッセージアプリに使い慣れている世代は非常に使いやすい便利なサービスですが、今回紹介したような多くの注意点もあります。 一番注意したいのは、 チャットの履歴が残らないということなので、事前に知ったうえで、しっかりと履歴を残せるように準備しましょう。 以上、「 ジェットスター予約変更|ライブチャットとは?手続き方法と注意点について」でした。

次の

お問い合わせ番号

ジェット スター ライブ チケット

ジェットスターを使って国内旅行しようと考えている人もいるでしょう。 ジェットスターは、国内のさまざまなエリアへ安く行けることからも、たくさんの人が利用しています。 そんなジェットスターの機内販売は充実しているので、移動時間も楽しめます。 ここでは、ジェットスター・国内線の機内販売について詳しくお伝えします。 オリジナルグッズを紹介! ジェットスターの国内線では、オリジナルグッズを機内販売しています。 オリジナルグッズのひとつに、ジェットスターキャンバストートがあります。 縦が16センチ、横28センチと手頃なサイズになっているので、近所に出かける際に重宝するでしょう。 さらに、通学や通勤にも使えるので、日常生活に変化を取り入れたい人も利用できます。 また、ジェットスター公式キャラクタージェッ太のぬいぐるみを機内販売しています。 ジェッ太は、しましまの大きなしっぽを持ったレッサーパンダの男の子です。 性格は人懐っこく、いろいろな人と遊ぶことを好みます。 ちなみにジェッ太は、ごはんをよく食べて長生きすることが目標とのことで、My茶碗を持ち歩いていることもあるそうです。 ジェッ太ぬいぐるみと旅行をすれば、旅先で良い思い出を作れることでしょう。 バスのチケット引換券が買える 成田空港から東京方面に向かう手段としては、京成スカイライナーを使う方法があります。 京成スカイライナーは、東京まで料金が3000円近くかかることがあります。 一方、東京シャトルという高速バスを使えば、出費を抑えることができます。 ジェットスター・国内線の機内販売では、東京方面の高速バスチケットの引換券を取り扱っています。 ちなみに、2018年11月現在、通常販売では1000円に設定されていますが、機内販売では900円と100円安く購入できます。 都内までの移動を少しでも安く済ませたい人は機内販売で引換券を購入し、高速バスを利用して東京方面に移動するのがよいでしょう。 ただし、機内販売ではバスの時間指定まではできないので、第三ターミナルの到着ロビーにあるバスチケットの販売カウンターで乗車券と交換する際に時間指定をしてください。 機内販売の支払い方法 機内販売で商品を買う場合、現金やクレジットカードで支払う方法があります。 現金で支払う際には、日本円のみ利用できます。 クレジットカードは、マスターカードやビザが対応しており、一人5万円まで買い物可能です。 さらに、商品代以外にも、各カード会社が定めた手数料が生じることもあるのであらかじめ確認しておきましょう。 クレジットカードを利用する場合には、免許証やパスポートなど身分を証明できるものを求められる場合がありますので、飛行機に乗る前に、身分証明証を忘れずに準備しておいてください。 また、ジェットスター国内線では、デビットカードでも買い物できるようになっています。 デビットカードを使う場合には、残高が不足していないことを確認してから利用しましょう。 なお、機内販売で買い物をすると、Eメールでレシートが送られてきます。 ただし、紙のレシートが欲しい場合には、キャビンアテンダントに声をかけるとレシートを発行してもらえます。 ジェットスター・国内線の機内販売を利用したい人にアドバイス! ジェットスター・国内線の機内販売では、さまざまなものを取り扱っています。 オリジナルグッズでは、ジェッ太ぬいぐるみやキャンバストートなどを販売しています。 他にも、通常1000円の高速バスチケットが、機内販売なら900円で購入することが可能です。 なお、機内販売を利用する際には、現金、クレジットカード、デビットカードが選べます。 自の利用しやすい方法で買い物しましょう。 最近の投稿•

次の